「#差別企業DHCの商品は買いません」の不買運動を主導の町山智浩って誰?「被害者しぐさ」で炎上!

サプリなどを展開するDHCの社長が、「ヤケクソくじ」という変わった名前のくじを発売し、その説明の中で

「サントリーのCMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人」「ネットではチョントリーと揶揄」

などと差別発言をしたことで物議を醸しています。

そんな中、ツイッターでは「#差別企業DHCの商品は買いません」のハッシュタグが広まっています。



「#差別企業DHCの商品は買いません」を主導しているのはコラムニスト町山智浩

どうやら、当該ハッシュタグを主導しているのは町山智浩氏だそう。

ツイッターのプロフィールによれば、町山氏は「カリフォルニア州在住の映画評論家、コラムニスト」。

しかし、コラムニストである町山氏自身が、差別発言も繰り返しているとネットでは噂されています。

DHC不買運動の町山智浩氏はつるの剛士への「被害者しぐさ」で過去に炎上

実はこの町山氏、過去につるの剛士さんへの暴言で話題になったことがあります。

つるの剛士さんに対して、「黒人差別」「被害者しぐさ」などと痛烈な批判をしている点なども、かなり過激だなという印象です。

それに対して、今回のDHC不買運動の町山氏のツイートには、「これが被害者しぐさというやつです」と、つるの剛士さんへのツイートを持ち出して批判する人も出てきました。

DHC不買運動はどこまで広がる?町山氏の影響力は

今回の差別発言でDHCの不買運動をハッシュタグ「#差別企業DHCの商品は買いません」で扇動している町山氏。

過去に炎上していることもあり、どの程度町山氏の影響力があるのかは微妙なところですが、「#差別企業DHCの商品は買いません」に参加している人の中には町山氏のことを知らない人も多いのではという印象です。

純粋に、

  • DHCの差別発言が許せない!
  • そんな企業の商品は買わない!

という気持ちの表れから、「#差別企業DHCの商品は買いません」に参加していると思われます。

まとめ

今回のDHC不買運動については、過去につるの剛士さんへの暴言で炎上したり、他にも差別発言ととれるコメントを残しているコラムニストの町山氏が扇動していることがわかりました。

しかし、ツイッター上での不買運動のハッシュタグ 「#差別企業DHCの商品は買いません」を使ってツイートしている人は、「町山氏の活動にのっかる」というよりは、純粋な問題意識から、町山氏のことを知らずにツイートしている人が多いようです。