坂口杏里が妊娠は虚言(嘘)?本当?父親が誰か分からず事件性も?

元タレントの坂口杏里さんが、インスタライブとストーリーで妊娠報告をしたことが話題になっています。

坂口杏里さんと言えば、務めていたバーを解雇になったりと最近また世間をにぎわせていますが、さすがに妊娠にはビックリですよね。

しかし、坂口さんにはそもそも虚言癖があるのではと言われており、妊娠も本当なのかどうか怪しいという声も…

  • 坂口杏里は本当に妊娠してるの?
  • 父親は誰なの?

など、調べて分かった範囲でまとめてみました。



坂口杏里がインスタで妊娠報告で騒然

坂口杏里さんは、12月5日のインスタグラムで妊娠報告。

その後も「つわりがひどい」など妊娠していることをアピールしています。

  • 「今お腹の中に子どもいます」
  • 「まわされたので正直誰の子かわかりません」

など、コメントしていて、「まわされた」という表現を使っていますね。

「まさわれた」とは、複数の人と同時に関係を持ったことを示唆するもので、考えるだけで恐ろしいです…

また、妊娠しているのに生活態度が変わっていないことに、焦りと心配を覚える人も多いようです。

本当に妊娠していて産むつもりなら、生活を正していかないといけないですよね。

坂口さんは、産むつもりなのかは明言していませんが、坂口さんの言うことが正しければ、現在は妊娠2か月ほどになります。

お腹の子どもはどんどん成長していっていますので、心配です。

坂口杏里の妊娠は父親が分からない?事件性も?

坂口さんは「まわされて妊娠した」と言っており、相手が複数人の可能性があるため、「父親が誰かは分からない」とのこと。

また、坂口さんの言い分では「望んでいなかった」ことになります。

そうなると、事件として警察に届け出をする必要も出てきますよね…

インスタやSNSで報告することよりも、しかるべき所にきちんと届け出る方が優先と考えるのが普通です。

(坂口さんも「警察いきますよ」と言っているので、もう届け出をしているかもしれませんが)

また、坂口さんは以前にも妊娠したことがあり、そのときは結局産まなかったそう。

2回目ともなると、体への負担も大きいと思いますし、倫理的にも色々と物議を醸すことになりそうです。

坂口杏里の妊娠はそもそも本当?虚言(嘘)の可能性は?

坂口さんが「妊娠した」と公表している一方で、

  • 「本当なの?」
  • 「また虚言なのでは?」

と感じる人もいるようです。

たしかに、坂口さんは以前、勤め先のバーの人に「監禁された」と話したあとで、「看病してくれていた」と全く違う証言をしたことがあります。

また、Business Journalに掲載の記事で、精神科の片田珠美先生のコメントとして

坂口さんは“まわされて妊娠した”と訴えているようですが、この訴え自体が被害妄想に近いものである可能性も否定できません。というのも、11月には働いていたバーの従業員たちに『監禁』されたと告発したものの、その後一転してバーの人たちが看病してくれたと告白しているからです。

Business Journal

と、「坂口さんの訴え自体が被害妄想に近いものである可能性がある」と指摘されています。

真偽のほどは分かりませんし、インスタグラムの投稿だけで判断することはできませんが、もし本当に妊娠しているのなら、病院できちんと診てもらってほしいです。

(すでに通院済みかもしれませんが。)

なお、「坂口さんウォッチャー歴11年」という猛者の方は、

「彼女は虚言癖があるので、今回のことも信用していない」

とツイート。

また、最近坂口さんは交際宣言していた元ジャニーズjr.の田中斗希さんについて、

「付き合うことになった」

と交際宣言していますが、

最近また1つご迷惑をかけてしまいました。お客様としていらしてくださった男性を、私のSNSで「新しい彼氏だ」と紹介してしまったんです。SNS上にアップする許可はもらっていたのですが、嘘をついてしまったのは反省しています。

  • 「新しい彼氏だと紹介したが、嘘だった」
  • 「SNSにアップする許可はもらっていたが、お客様として来ていただけ」

と、おそらく上記の田中さんについて「彼氏ではない」と後で訂正しています。

もう何が本当なのか分かりませんね…

まとめ

坂口杏里さんは、SNSで自身の妊娠を報告しましたが、父親が誰かは分からないとのこと。

妊娠しているのに妊婦らしくない生活を続けている様子に、心配の声が上がっています。

しかし、そもそも妊娠自体が疑わしいと感じる人もいるようです。

坂口さんの発信には何かと嘘や訂正が多く、本人の精神状態が不安定なため、思われ今回の妊娠も「本当に妊娠しているの?」と疑われても仕方ありません。