ジャニーズでクビ(契約解除)になった人・メンバー・Jr.のリスト!不祥事・素行不良など

マッチこと近藤真彦さんの不倫で、「クビになっちゃうのかな?」と気になっている人も多いようです。

そこで、過去にジャニーズを事実上クビになった人と、「なぜクビになってしまったのか?」をまとめました!

近藤さんの件がどうなるかはまだ分かりませんが、気になる方はぜひチェックしてください。

ジャニーズで事実上クビ(契約解除)と言われる人・メンバーたち

事実上クビ、つまり契約解除になったジャニーズメンバー・Jrをまとめていきます。

本当はもっと多いですが、みなさんが知っているであろう有名な人を中心にまとめていきますね。

契約解除理由を見ると、「ジャニーズがどんなときに契約解除するのか?」が分かってきますよ。

手越祐也(NEWS)契約解除年:2020年

コロナ禍で自粛が叫ばれている期間中にむしろ積極的に出歩く姿勢を見せていた手越さん。

事務所に怒られ、事務所が謝罪発表する大事となったにも関わらずそのあとも反省が見られず、またも外出先でふざけていたため、2016年6月に契約解除となりました。

手越さんの場合、きちんと謝罪すれば問題はなかったように思いますが、「クビにしてくれ!」と言わんばかりに反省のない態度でしたよね。逆に清々しい!笑

山口達也(TOKIO)契約解除年:2018年

2018年2月に女子高生相手にわいせつ行為を行い書類送検され、事務所は山口氏を無期限謹慎処分に。

その年6月には、ジャニーズとの契約を解除されています。

実際に違法性があった行為なのかどうかは、ここで議論は控えますが、大きくイメージダウンしてしまったのと、TOKIOという人気グループにおける不祥事だったため、契約解除は仕方ないと言えそうですね。

山本亮太(宇宙Six)契約解除年:2020年

前代未聞とされるジャニーズJr.メンバーの違法賭博。山本氏(30歳)は闇スロット店に頻繁に出入りしたとスクープされ、契約を解除されました。

連体責任で同メンバーの松本幸大(31歳)・江田剛(32歳)・原嘉孝(25歳)が連帯責任で解散を申し出て、グループごと解散となっています。

違法賭博はそのまま「違法」ですので、事務所としてもかばいようがありません…

田中聖(KAT-TUN)契約解除年:2013年

大麻所持で送検され不起訴になった2017年の事件を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は契約解除はもっと前の2013年です。

解除理由は、「度重なるルール違反があったから」とのことで、禁止されているはずの副業や女性問題で事実上のクビとなっています。

田中さんといえば、かなりやんちゃ体質なイメージでしたので、仕方ないといえば仕方ないかもしれないですね。

反町隆史(野口隆史)契約解除年:1991年

俳優さんとして大活躍の反町さんですが、実は元はジャニーズ所属。Jr.として光GENJIのバックダンサーなどつとめていましたが、かなりやんちゃだったそうで、素行不良で1991年に契約を解除されています。

知らなかった人も多いのではないでしょうか。(筆者は、反町さんがジャニーズだったこと自体、初めて知りました!)

秋山大河(MADE)契約解除年:2020年

神田沙也加さんとの熱愛が報じられた秋山さんは、2020年1月にジャニーズ事務所を退所しています。

神田さんが離婚した後の熱愛発覚だったため「不倫だったのか?」と噂になり、滝沢秀明副社長が激怒し、クビになったという話も聞きます。

ただ、本人も退所意向があったということなので、無理やり「やめさせられた」というわけではないようです。

ジャニーズではJr.の追放・クビが多い?!

上記を見るだけでも、反町隆史・山本亮太・秋山大河など、Jr時代に契約解除となった人は多そうですよね。ジュニアとなると、日の目を見ないうちにたくさんの人が辞めているはずですし、年齢も中学生~高校生のやんちゃ盛りが多いことを考えると、契約解除された人はもっと多いと考えられます。

また、比較的年齢の高いJr.の契約解除も発生しています。

これは、様々な理由が考えられそうですが、なかなかジャニーズとして活躍できない中、やはりジャニーズへの帰属意識やルールを重視する意識は薄れていくのかもしれません。

おまけ:V6井ノ原快彦(イノッチ)はクビになりかけたことがある

まだ中学生だったイノッチは、TOKIOのミュージカルでTOKIO松岡昌宏の冗談で「先輩たちは客席で走り回って盛り上げてくれた」と言い、真に受けたイノッチは客席を実際に走り回り、警備員に取り押さえられた。

ジャニー喜多川氏に、「あいつはヤバい。クビだよ」と言われ、契約解除の危機に。

その後クビにならなかったのは、大御所の東山紀之さんが直接「ピュアだからやっちゃんたんじゃない?」とジャニーさんに直接フォローを入れてくれたからだそう。

先輩に好かれて冗談を言われ、さらに先輩に救われるイノッチ、さすがです。

ジャニーズで事実上クビになった人まとめ

過去にジャニーズを事実上クビになった人で、有名な人を中心にまとめてみました。

  • 手越祐也(NEWS)契約解除年:2020年
  • 山口達也(TOKIO)契約解除年:2018年
  • 山本亮太(宇宙Six)契約解除年:2020年
  • 田中聖(KAT-TUN)契約解除年:2013年
  • 反町隆史(野口隆史)契約解除年:1991年
  • 秋山大河(MADE)契約解除年:2020年

現在、山下智久さんの契約解除(これはクビとは言いにくい)や、不倫が発覚したばかりの近藤真彦さんなど、何かとザワついているジャニーズですが、過去の契約解除理由を見ていると、

  • 素行不良
  • 犯罪
  • 副業などのルール違反

が原因であることが多いようです。

ルール違反をおかしても、活動自粛だけで済む場合もあれば、反省が見られない場合には契約解除されてしまうようです。

ジャニー喜多川氏が亡くなってからジャニーズはどんどん変わっていっていますね。副社長である滝沢秀明さん(タッキー)の判断や同行にも注目が集まっています。

近藤真彦不倫で処分は?タッキー(滝沢秀明)にファンが期待する次の行動とは