珪藻土バスマットで安全な商品はどれ?日本製でアスベスト非混入が確認されている商品を厳選!

2020年12月は、大人気の珪藻土バスマットジャンルに衝撃が走りましたね…

ニトリやカインズなどの大手ホームセンターが、珪藻土バスマットにアスベストが混入していたと公表し、回収するという事態に。

「ずっと使っていたものにアスベストが入っていたなんて…!」

と、ショックだった人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ベチャっとせずにすぐ乾いてくれて、お手入れもラクちんな珪藻土バスマット…

「珪藻土バスマットをやめるのなんて無理!」という人も絶対いると思います。

そこで今回は、

  • 安い珪藻土バスマットはやっぱりよくないのか?
  • 安全な珪藻土バスマットはどれなのか

についてまとめたいと思います!

快適なお風呂ライフのため、ぜひ参考にしてください。



珪藻土バスマットにアスベストが混入⁉安いのはやっぱりダメ?

珪藻土バスマットにアスベストが混入しているというのが話題になり、「安いのはやっぱり品質もよくないのだろうか…」と考える人が増えているように思います。

たしかに、安い商品は外国(中国など)で大量生産されており、そういった外国製のものはアスベスト混入の可能性も高いと言われています。

実際に、アスベストが混入していたニトリなどは外国製でしたよね。

しかし、リーズナブルな商品であっても、安全性が確認されているものもあります。

たとえば、ホームセンターの「ビバホーム」は、公式に

弊社販売元(旧社名:株式会社 LIXIL ビバ)の珪藻土バスマットにおいてはアスベスト
含有率測定試験を行っており、試験結果より安全性が確認出来ております。

弊社販売元の珪藻土バスマット安全性について

  • ビバホーム販売元の珪藻土バスマットについてはアスベスト含有率測定試験をおこなっている
  • 安全性は確認できている

と公表しています。

ここで注意したいのが、

「アスベスト含有率測定をおこなっている」という部分で、アスベストが含まれていても、法令基準内であれば安全ということになっているわけです。

「アスベストが少しでも入っている可能性があるのはイヤ」という方は、「法令基準内で入っているかもしれない」のか、「アスベストは一切含まれていないのか」の記載にも、注意するべきです。

例えば上記の「ビバホーム」の商品は、価格も1200円程度とかなり安いですし、商品ページを見ると「中国製」と記載があります。

安全性を確認できているということは事実なのですが、これだけ大きな事件になってしまった後…

「基準値以下ならいい」のではなくて、「アスベストがまったく含まれていない」と明記されている商品を選ぶのが、もっとも賢明な選択のように思えます。

珪藻土バスマットはやっぱり日本製がベストで高い?

珪藻土バスマットを購入する際は、「中国製」などの外国製表記があるものは、アスベストが混入している可能性が高いと言われています。

「アスベストが混入している」イコール「危険」というわけではなく、実際にビバホームのように「アスベストは法定基準以上は含まれていない」とアピールしているメーカーもあります。

しかし、安全性をしっかり求めていきたいという方は、

  • 日本製であること
  • アスベストは一切含まれていないと公表していること

を基準に選ぶのが良いでしょう。

そうすると多少値段が張ってしまいますが、5000円前後で購入できる安全な商品もあります。

1000円、2000円くらいの安価なもので済ませたくなってしまいますが、365日、裸足で毎日使っているバスマットであれば、5000円くらいは出しても良い気がします。

健康に影響するものですので、しっかりと吟味して、「安いから」ではなく、「本当に使いたいもの」を選んでいきたいですよね。

珪藻土バスマットで安全性が確認されている(アスベストが一切入っていない)商品・メーカー一覧!

珪藻土バスマットで、「アスベストが一切入っていない」と公表しているメーカーおよび商品を一覧でまとめます。

安全な珪藻土バスマット「soil」

珪藻土商品といえば「soil」と言えるほど人気のブランド。

珪藻土商品の火付け役になったメーカーさんですが、アスベスト含有は「一切ない」と公表されています。

弊社の珪藻土製品すべてにおいて、アスベストは含まれておりません。そもそも、珪藻土とアスベストは、全く別の物質であり、あたかも珪藻土にアスベストが含まれているかのような誤解がある事は、非常に困った事です。
今回、改めて「アスベスト」に特化した専門の検査機関にsoilの珪藻土商品の検査を依頼し、アスベスト含有の無い証明を頂きましたので、公開させて頂きます。

soil公式

soil株式会社が製造している珪藻土製品製品は全て日本製です。
原料には、アスベスト(石綿)は一切含まれておりません。

soil公式

  • 珪藻土商品すべてにおいて、アスベストは一切含まれていない
  • 珪藻土商品はすべて日本製
  • アスベストに特化した専門検査機関に依頼し、アスベストの含有がないと証明されている

とのことで、もっとも安心して使用できるメーカーさんの一つです。

 

「soil」のこちら↑の商品は、現在購入で1月中旬頃には届けてくれます。

安全な珪藻土バスマット「トスレ」

北海道産の珪藻土を使用しており、「アスベストゼロ」が証明されているメーカー「トスレ」。

弊社のトスレ珪藻土シリーズは外部検査機関で分析検査を実施しており、アスベストの混入や含有が無く、問題の無いことを確認しております。

日本国内では、2006年以降アスベストを含んだ製品の流通が法令で規制されており、弊社も各種法令に遵守しております。
トスレ珪藻土シリーズは皆様に安心してご利用いただけるよう、主原料である北海道稚内産珪藻土を使用し、国内製造です。品質・その他の項目においても様々な検査を実施しております。

トスレ公式

ホームページにも、

  • 珪藻土シリーズは外部検査機関で分析をしており、アスベストの混入・含有が無いことが確認できている
  • 主原料は北海道稚内産珪藻土で、国内製造。品質については、他にも様々な検査を実施している

と記載されています。

 

オーソドックスな四角バージョンもありますが、筆者個人的には、優しい印象の「ビーンズ型」や「丸形」があるのがグッときます。

安全なのは、当たりまえ。

そのうえで、デザイン的にも「使いたい!」と思える商品がたくさんそろっているので、見た目にもこだわりたい方には「トスレ」さんがかなりおすすめですね。

安全な珪藻土バスマット「アイリスオーヤマ」

安全なものは高くて買えない…という人は、「アイリスオーヤマ」の珪藻土バスマットがいいかもしれません。

1580円とかなり安いのですが、公式ページに

当社の珪藻土を使用した「速乾快適バスマット」におきまして、アスベストが検出されていないことをお知らせいたします。

【対象製品】

速乾快適バスマット
Mサイズ : SKBM-4535
Lサイズ : SKBM-6039
LLサイズ : SKBM-7050

アイリスオーヤマ公式

と、「速乾快適バスマット」について「アスベストが検出されていない」と明記されています。

 

「日本製」であるとは書かれていないのでおそらく外国製ですが、このように「アスベストが含有されていない」と明記されている商品であれば、安いものであっても安心ですよね。

まとめ

珪藻土バスマットのアスベスト問題があってから、「珪藻土バスマットをやめるべき…?」と悩んでいる方は、本当に多いと思います。

しかし、上記で紹介した珪藻土バスマットは、公式情報として「アスベストを含有していない」ことが明確になっていますので、ぜひ参考にしてください。