ガクト(GACKT)が謝罪【公式Youtube全文】ローランドとのブランド(G&R)パクリ疑惑報道

ガクト(GACKT)さんとローランドさんの新ブランド、G&R(ジーアンドアール)の商品の中で、海外のブランドの模倣デザインがあったということで、騒動になっています。



ガクト(GACKT)とローランドの新ブランドG&Rのパクリ騒動についての二人のSNSコメント発表

これまで、ローランドさん、ガクトさんはそれぞれのSNSでコメントを発表しています。

現時点で大手メディアに取りあげられているのは、少し早くコメントを出したローランドさんのものになっています。

「ガクトさんのコメントはないのかな…」と気になったファンもいると思いますが、今日になってガクトさんもコメントを出してくれました。

こちらのツイートにある動画にて、ガクトさんの想いを聞くことができます。

ガクト(GACKT)とローランドの新ブランドG&Rパクリ疑惑騒動【ガクトのYoutube動画コメント書き起こし】

動画を見る時間のない方や、まずはどんな内容だったのか知りたいという方のために、ガクトさんのYoutube全文を書き起こしましたのでご参考ください。

そして、筆者としては、ぜひガクトさんの動画も視聴してほしいと思います。

どれだけ誠意あふれる人柄であるかが、とても伝わる動画になっています。

【書き起こし全文】

ガクトです。まず初めに、G&Rを応援してくれたファンのみんな、こんなお知らせをすることは、とても残念でなりません。

今回起きてしまった出来事そのものに、非常に強い怒りを感じてます。今回の流れと経緯も含めてすべて話したいと思います。

ぼくが今回Youtubeで配信しようと思ったのは数行のコメントや文章で事務的におわらせるのではなく、自分の言葉で直接みんなに想いを届けたいと思い、このようなカタチをとりました。

そもそもG&Rをつくった経緯は、僕自身が2年前にローランドと食事をしている中で、何か一緒にこんなことやろう、あんなことやろうという些細な話からどんどん話が盛り上がって、で、いろんなことできるんじゃないかっていう、二人で話始めたことがきっかけです。

そして、話がまとまっていくなかで、この話を聞きつけたデイジー社の社長が、ぜひ自分たちにやらせてほしい、まあそういうことでオファーをしてきました。

当時のデイジー社の社長は、自分ですべての現場を飛びまわり、デザインのチェックから至る細かい商品の確認まで、何もかも情熱的に手掛けてました。

その行動力と情熱に打たれ、このプロジェクトを任せてみようと、そう決めました。

こうやって始まったのが、プロジェクトG&Rです。

若い会社でもあるデイジー社に、トライアルとして、僕自身はこのG&Rの契約はせずに、このプロジェクトをスタートさせました。

本来であれば、もっと早いタイミングでスタートするはずだったこのプロジェクトがコロナの影響もあって伸びに伸びてやっと数日前にスタートして、記者会見を行ったのはみなさんもご存じだと思います。

ところが、この2年の間に、デイジー社が急成長したこと、もしくはそれ以外に理由や原因があったのかもしれません、社長自身が現場に出ることも少なくなり、社員や若いデザイナーにすべてを任せっきりになっているということを耳にして、再三、そのことに対しては苦言を呈してきました。

先日の記者会見も非常にだんどりが悪く、その最中、その前後で、彼に対して、「調子がいい時だからこそ、調子に乗るな」「足元を見てきっちり仕事をやれと、そうしないと本当に足元すくわれるぞ」と彼にかなりきつい言葉で話をして、その中で彼も初心に帰り、

「自分自身でしっかり仕事を一からくみ上げます、もう一回やりなおします」とそんな言葉をもらった矢先に今回の問題が発覚しました。

僕とローランドのブランドを立ち上げなければならないという強烈なプレッシャーから、ひとりのデザイナーが行き詰って、他社のデザインを模倣したと報告をきいています。

そしてその子が仕上げたデザインのごとく、ぼくらはそれをチェックし、採用し、そして製品化にいたりました。

今回の問題の解決については、商品の返金に応じたり、販売中止にしたり、そのデザイナーをクビにしたり、僕らがこのプロジェクトをやめることだけで、問題が解決するとは、僕は思っていません。

僕個人的には、今回のプロジェクトの顔となった責任が、自身にもあると思ってます。

今回のことでガッカリさせてしまったファンには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

2年前からローランドと温めてきたプロジェクトがやっと始まって、その上僕の一言で、りょう(門りょう)が参加してくれたにも関わらず、こんなことになってしまったのが、本当に悔しいです。

ただ、失敗をしてしまった個人や、会社を切り捨て非難するだけなら非常に簡単なことで、それが根本的な解決になるとも思っていません。

いま社会が、一度の失敗ですべてゲームオーバーになるような風潮が少なからずあります。

僕はその風潮があることでこれからあらたに何かをチャレンジをしようと思っている人の行動を阻害するにもつながっているんじゃないかなって、そう思っています。

大切なのは、この失敗をどういった形でリカバリーしていくのか、デイジー社が、迷惑をかけた人たちに対し、どう誠意を見せていくのか、どう会社として一から立て直していくのか、そのチャンスを僕は彼らに与えたいと、そう思っています。

今回のデイジー社は多くの信用を失いました。

迷惑をこうむったローランドや門りょうそして僕や他多くの関係者、何よりもこのプロジェクトを心から楽しみにしてたみんな、応援してくれていたみんなに対し、今後デイジー社がどう誠実に向き合っていくのか、僕自身、最後まで見届けようとそう思っています。

時間はかかると思いますが、若い彼らを見捨てずにサポートしていくのも、先輩である僕の責務だとも、そう感じています。

最後に、あらためてたくさんの期待をしてくれたみんなに、そして、G&Rというプロジェクトを応援してくれたみんなに、このプロジェクトの顔として関わった僕ガクトから、もう一度あらためて謝りたいと思います。

今回はこんな形になってしまって、本当に申し訳ないです。

急な報告になりました。

最後まで見てくれて、どうもありがとうございました。

また改めて良い報告ができるように、僕自身も頑張りたいと思います。

以上、ガクトでした。

【書き起こし全文終わり】

ガクト(GACKT)の問題意識はデイジー社の社長のおごり・会社の体質

ガクトさんは、動画の中で、何度も何度もファンに対して謝りながらも、事の経緯として、

  • デイジー社の社長のプロジェクトに対する対応の変化
  • 若いデザイナーにまかせっきりになっていたという事実
  • 社長自身が初心を忘れ、おごりがあったということ

などに苦言を呈しています。

しかし、ガクトさんにもプロジェクトの顔としての責任はあるとしており、「失敗した人・会社を切り捨てるのではなく、サポートしていく必要がある」と力強いコメントをしています。

ガクトさん自身が、模倣デザインを提案したデザイナーに対し、怒りの矛先を向けることはなく、むしろ「僕とローランドのブランドを立ち上げなければならないという強烈なプレッシャー」があったと言及。

「商品の返金に応じたり、販売中止にしたり、そのデザイナーをクビにしたり、僕らがこのプロジェクトをやめることだけで、問題が解決するとは、僕は思っていません。」と、デザイナーに責任を押し付けても解決しない旨もコメントしています。

今回の件は、デイジー社がひとりの若いデザイナーに責任を押し付けることだけは、あってはならないと感じている人が多いと思います。

ブランドを楽しみにしていたファンにはとても残念なことだったと思いますが、動画にてガクトさんが誠意あるコメントをしてくれたことは、頼もしく、カッコいいですよね。

まとめ

ガクトさんとローランドさんのブランドがパクリ騒動で休止になってしまい、多くのファンがガッカリしてしまったことと思います。

しかし、ローランドさんとガクトさんはファンのことを第一に考えてくれていることが、コメントから伝わってきます。

こういった騒動は、誰か一人に責任を押し付けることが、最も醜いことですよね。

ガクトさんも動画で言っていますが、「失敗したらゲームオーバーではなく、どうやって失った信頼をリカバリーしていくのか」に今後も注目したいと思います。