【ペラペラ動画あり】新田真剣佑(あらたまっけんゆう)が英語を活かしてハリウッドへ挑戦?!【事務所退所】

千葉真一さんの息子で俳優として大活躍の新田真剣佑(あらたまっけんゆう)さん。

2020年12月20日に、真剣佑さんは来年4月から海外の作品に出演するため、事務所を円満退所することが報じられました。

真剣佑さんが日本から出てしまうのは寂しいですが、海外の作品で真剣佑さんの姿を観ることができるのも、楽しみですよね!

 

新田真剣佑さんについては、イケメンでなんでもこなせるというイメージのある人もいるかと思いますが、なんと、帰国子女なんです!

だから、英語もペラペラ。

海外のお仕事もこなせる英語力が分かる動画などもあつめましたので、ぜひご覧ください。



新田真剣佑は帰国子女で英語ペラペラ!

真剣佑さんが英語ペラペラなのは、日本に拠点を移す17歳までアメリカのロサンゼルスに住んでいたから。

しかも、あまりにも「ビバリーヒルズ高校」で青春時代を過ごしています。

お父さんの千葉真一さんも、ハリウッドで活躍していたので、当然かもしれません。

その後17歳で日本に活動拠点を移しますが、それは「若い年齢で活躍しやすいのは日本」という考えがあったからだそう。

たしかに、日本人でブレイクするのは10代後半~20代前半の人が多いですよね。

対して、アメリカでは若さよりも40代、50代、60代の渋さがもとめられることも多いらしく、文化の違いに合わせて活動拠点を考えていたことがわかりますね。

新田真剣佑の英語ペラペラ動画①「マッケニュ」の自己紹介が凄い

こちらの動画では50秒くらいの箇所で英語をバリバリ話しているのが分かります。

また、動画の最初で、アメリカ人には「マッケニュ」と呼ばれると話しています。

発音がすごすぎて、スタジオが湧いてますね…!

こちら(↓)では、原田泰造さんと自己紹介バトル?のようなことになっていますが、

「My name is 真剣佑」のネイティブ感が凄いです。

新田真剣佑の英語ペラペラ動画②ドコモのCMドニマル役で英語

「映画のお仕事が来た!」というテーマのドコモのCMで、ドニマル演じる真剣佑さんが次々に英語を連発。

星野源さんが新田真剣佑さんの英語を聞いて「そのまま海外行けますね!」と言っていますが、まさに今の真剣佑さんのことですね!

「ドニマル、英語喋れるんです」にビックリした人も多かったのではないでしょうか。

しかも、ドニマルの英語は「ドニマルイングリッシュ」という動画にもなっています。

ドニマル役で英語をしゃべる真剣佑さんは、いつものカッコいい感じとは少し違って楽しいですね!

とはいえ、英語をしゃべるときの真剣佑さん、イケボすぎます。

新田真剣佑の英語ペラペラ動画③「じゃんけん」の英語版がカッコ良すぎ

真剣佑さんがテレビ出演した際にじゃんけんの話題になり、

「Rock Paper Scissors」(岩・紙・ハサミ)

と発音したのが聞き取れなくて、スタジオが半ば大騒ぎになっていました。笑

中居正広さんは、「Rock」が「ワー」に聞こえたようで、「これ(グー)がワーなの?」と質問していました。

発音がネイティブなので、たしかに「ロック」とは聞こえないんですよね!

新田真剣佑の日本での活動・海外での活動は今後どうなる?

真剣佑さんは、日本で出演する映画「ブレイブ―群青戦記―」(来年3月12日公開)「名も無き世界のエンドロール」(同1月29日公開)が控えていますが、こちらは予定通りプロモーションをこなすということです。

それらが終わってから、5月には活動を海外に移します。

なお、真剣佑さんのファンクラブである「Macken Family」は、今回退所する事務所「トップコート」は運営に関わっていないとのことで、存続されるそうです。

まとめ

帰国子女である新田真剣佑さんが英語をしゃべる様子を見てもらいましたが、すごくカッコいいですよね!

海外での活動が心配な方もいるかもしれませんが、2014年に日本で芸能活動を始めた真剣佑さん、

実はアメリカで『SPACE MAN』『パシフィック・リム:アップライジング』などに出演し、『SPACE MAN』では主演をしているのです。

真剣佑さんは「最終的にハリウッドで活躍したい」と前々から思っていたそうで、来年5月には、もう海外での映画の撮影が決まっているとのこと!

今後さらに大きな仕事で活躍してくれるはずですので、日本から応援しましょう~!