石原さとみの旦那はGS(ゴールドマンサックス)社員?名前が気になる!

女優の石原さとみさんが結婚を発表してから20日が経過しました。

 

10月1日に石原さとみさんが行った結婚発表では、旦那さんに関する情報として普通のサラリーマンとだけ伝えられました。

 

しかし、人気女優である石原さとみさんが、普通のサラリーマンと結婚するとは誰も信じていません

 

だから、普通のサラリーマンとは言ってもIT企業に勤める高収入を得る男性ではないかとの噂が絶えませんでした。

 

結婚発表から時間が経過したこともあり、少しずつ石原さとみさんの旦那さんについての情報が明らかになってきています。

 

どうやら、想どおり、普通のサラリーマンではなかったようです。

 

もう一つ気になるのは旦那さんの名前ですね。

石原さとみの旦那はGS(ゴールドマンサックス)社員?

 

石原さとみさんが普通のサラリーマンとの結婚を発表してからというもの、旦那さんについて様々な情報が流れました。

 

そんな中で共通した話題というのは「普通のサラリーマンではない」ということでした。

 

最初に旦那さんについて出てきた話題というのが、旦那さんのお父さんが大手電機メーカー幹部長い間海外で生活しており、東京大学を卒業しているということ。

 

この断片的な情報を得ただけでも「普通のサラリーマンとは違うでしょ」と考える人が多かったのは想像に難しくありません。

 

そして、確定とは言えないものの旦那さんが普通のサラリーマンとは違うと証明になる情報が流れてきました。

 

どのような情報かと言うと、石原さとみさんの旦那さんは「GS(ゴールドマンサックス)」に務めている社員だという情報です。

 

GS(ゴールドマンサックス)社員が一般男性とは言えない理由

 

GS(ゴールドマンサックス)という会社名を聞けば、その名前は知っているという方が多いのではないでしょうか。

 

GS(ゴールドマンサックス)といえば、アメリカに本社をおく、アメリカを代表する大手金融機関です。

 

 

GS(ゴールドマンサックス)の社員ということが、どいうことかを図るために企業規模を見てみます。

 

GS(ゴールドマンサックス)の企業規模が違う

 

 

2010年の情報になりますが、GS(ゴールドマンサックス)の資本金は83.64ドル。円を105円で計算すると約9千億円となります。売上高に関しては391.61億ドルなので円に換算すると4兆円を超えます。

 

GS(ゴールドマンサックス)に務めていて、32歳であればおおよそ年収は2000万円はあるとのことです。

 

GS(ゴールドマンサックス)の年収について調べてみました。

 

外資系企業ということもあり年功序列ではないので勤務年数だけで年収は決まっていませんが、評価がシビアな企業に勤務しているということでおおよその年収はわかるとのことです。

 

目安にはなりますが、

経験が3年未満のアナリストの役職で年収は800万円から1400万円、

経験が4年から6年のアソシエイトの役職で1400万円から3000万円、

7年目以上のヴァイスプレジデントとだと年収は2000万円以上、

それ以降は実力次第で5000万円から10億円になるとのことです。

 

 

この基準からいうと、石原さとみさんの旦那さんは32歳ということですので、年収2000万円というのは妥当な金額のように感じます。

 

ただ、GS(ゴールドマンサックス)に務めていて年収2000万円は凄いのですが、普通のサラリーマンではないと言われる理由がもう一つありました。

 

石原さとみの旦那は副業でも一流

 

 

石原さとみさんの旦那さんは副業でも相当稼いでいるようです。

 

外資系企業に勤められているので兼業禁止などはGSにはないからだと思うのですが、石原さとみさんの旦那さんは副業を複数されているようです。

 

複数の会社の社外取締役を務められているだけでなく、自ら会社を経営しコンサルティング業務なども行なっているとのことです。

 

週刊誌では、本業と副業合わせて年収は5000万円となっていました。

 

ということは、本業よりも副業の方で稼いでいるとも言えますね。

 

そもそも、会社経営をしているのであればサラリーマンというよりは企業家や経営者と言った方が良いような気もします

 

しかし、外資の大手金融機関であるGS(ゴールドマンサックス)の仕事だけでもかなりの激務が予想されるのに、副業で会社経営や社外取締役が本当に勤まるのかといったところも気になるところです。

 

想像レベルになってしまうのですが、本業と副業が逆になっているのではないでしょうか

 

本業の自分の会社や社外取締役の仕事の合間に、GS(ゴールドマンサックス)ではある特定の部分だけの凶暴請け負っているということは考えられないでしょうか。

 

国内の金融機関と比べて海外の金融機関の厳しさは半端ないと聞きます。

 

となれば、副業をしている暇はないと考えてしまうのです。

 

あくまで想像です。

 

気になる石原さとみの旦那の名前は特定された?

 

 

石原さとみさんが結婚されてから、旦那さんについて数年前のファッション雑誌でインタビューに答えていたという情報や海パン画像が撮影されていたなど週刊誌で取り上げられています。

 

また、東大卒で投資クラブに所属していたことや、父親が大手電機メーカーの幹部で海外で高校まで暮らしていたという情報が明らかになっています。

 

これらの情報が出ているということは、石原さとみさんの旦那さんの名前も特定されていると考えるのが普通なのではないでしょうか。

 

ということは、現時点では旦那さんの個人名は明らかにされていませんが、今後については一般人からSNS等で旦那さんの名前が出てくるかもしれませんね。

 

おそらく出てくると予想します。

 

まとめ

 

石原さとみさんの旦那さんが一般のサラリーマンと発表されたことについて、石原さとみさんの旦那さんはGS(ゴールドマンサックス)社員である。

 

更に副業で会社経営や社外取締役をされており、年収は本業と副業を合わせると5000万円ほどになることからも普通のサラリーマンというよりITを社長レベルのエリートという情報をお伝えしました。

 

そして、気になる旦那さんの名前については、現時点では明らかになっていないものの、特定されていると予想する根拠をお伝えしました。

 

良し悪しは別にして今の勢いだと、旦那さんの名前が明らかになるのも時間の問題なのではないでしょうか。