東レ愛知工場火災の出火場所・原因・被害状況まとめ!過去の火事情報についても

東レ愛知工場で火災が発生しました。

 

火の手は強く燃え広がっている様子がみてとれます。

 

今日は日曜日なので工場が24時間稼働していないのであれば休日なので、出荷場所や出火原因が気になります。

 

東レ愛知工場では昨年(2020年)だけでも3度火事があったとの情報もありますので、東レ愛知工場火災について被害状況をまとめてみます。



東レ愛知工場火災の出火場所・原因・被害状況まとめ

 

東レ愛知工場で火災が発生したわけですが、概要を表でまとめてみました。

 

火災発生場所東レ愛知工場
火災発生場所(住所)愛知県名古屋市西区堀越1丁目1-1

出荷場所東レ協力会社2階倉庫
火災通報日時2021年2月14日18時25分頃
出火原因調査中
被害者なし

 

 

東レ愛知工場で火災が発生したわけですが、消防署に通報があったのは2021年2月14日18時25分頃のことです。

 

現場を撮影した動画によると、かなり勢い良く火の手が広がっています。

 

 

出荷場所については、東レ愛知工場の中にある東レの協力会社から出火したもようですので、東レ愛知工場が火事になったわけではない模様です。

 

協力会社は2階建ての建物で2階には倉庫があり、この倉庫が出火場所とのことです。

 

 

この画像を見る限り、出火した倉庫の作りはプレハブのような建物で建て直しが必要な感じです。

 

ただ、なぜ倉庫が出火したのかについて調査中で明らかになっていません。

 

火事が発生した2月14日は日曜日ということもあり休日だったこともありけが人など被害者はいないとのことです。

 

 

火の手については、約1時間で消し止められたとのことですので大きな被害になっていなければ良いのですが。

 

日曜日の火災というのが不幸中の幸いでしたね。

 

今回の火災についてですが、通報社は東レの社内からの通報ではなく、通行人からの通報とのことです。

 

出荷場所は工場ではなく倉庫とのことです。

 

倉庫であれば家事の原因は無いと思うのですが、倉庫内になにか薬品でもあったのでしょうか?

 

今後発表される消防からの発表を待つことにします。

 

 

東レ愛知工場では過去にも火事があったのは本当?

 

バレンタインデーの2月14日に東レ愛知工場で火災が発生したわけですが、Twitterには東レ愛知工場の火災については過去にも火事があったとのツイートがありました。

 

 

規模は小さかったようですが、工場の火災は生産に大きく影響し、納入先企業の生産にも大きな影響が出ます。

 

この情報が本当なのかについては定かではありませんが、別ツイートでも同様の内容がつぶやかれていますので本当なのかもしれませんが何とも言えません。

 

おわりに

 

東レ愛知工場で火災が発生したということで、出火場所、出火原因、けが人など被害状況まとめてみました。

 

日曜日ということもありけが人などの被害者はいないとのこと。

 

良かったです。

 

ただ、東レ愛知工場では2020年だけでも3度火事があったとの情報もありますので、本当であれば日の取り扱い等の管理体制が問われますね。