古川琴音は古山琴音?この恋あたためますかスー役!エール華役はCMがキッカケ!

現在、朝ドラ「エール(華)」と「この恋あたためますか(スー)」に出演している古川琴音さんですが、2020年10月20日から2つのドラマに出演というのも何かの縁を感じます。

 

そんな、古川琴音さんですが、古山琴音と間違われているようです。

 

もうおわかりだと思いますが、朝ドラ「エール」の役である古山華と古川琴音が混ざって古山琴音と思っている方が多いようです。

 

これも華役が視聴者さんに認知された証拠でしょう。

 

この記事では、古川琴音さんについて見ていきますが、出身校(高校、大学)だけでなく、演劇との出会いや朝ドラ「エール」への出演のきっかけがJTのCMだったというエピソードについてもお伝えします。

 

古川琴音がこの恋あたためますかスー役で森七菜とルームシェア

 

エールに登場した古川琴音さんですが、同日の夜からTBSドラマ「この恋あたためますか」に出演しています。

 

 

それも、主人公である森七菜さんとルームシェアをする中国人スーこと「李思涵(りすーはん)」を演じています

 

出番も多いですね。そして、エールでの華とは違う古川琴音を見せてくれています。

 

最近の火曜日10時TBSドラマではParaviオリジナルストーリが用意されていますが、恋あたでも用意されています。

 

それも、主役は「スー」です。

 

古川琴音さんが主役なのです。

 

本編でも主人公とルームシェアする役なので出番が多いこともあり、オリジナルストーリーの主人公に選ばれたことで古川琴音という女優さんがより注目されているようです。

 

古川琴音さん演じるスーは漫画家を目指して中国から来日した女の子ですが、オリジナルストーリーではラブコメディとなっています。

 

 

そして、古川琴音さんにとって忘れられない作品となったのは、改めて説明するまでもなく朝ドラ「エール」でしょう。

 

エールでは主人公の娘(古山華)として10月20日から登場しました。

 

古川琴音が朝ドラエールで古山華役

 

朝ドラ「エール」は第二次世界大戦が終戦し、戦後の話に移っています。

 

主人公である古山裕一・音夫婦ですが、古川琴音さんは娘(古山華)を演じます

 

10月20日の放送では朝学校に行く華は子供時代を演じた根本真陽ちゃんでした。

 

しかし、学校から帰ってきた華は成長した古川琴音に変わっていたのです。

 

この演出はSNSでも好評でした。

 

 

確か、1年半後となっていたような。

 

エールの放送は11月27日までなので1ヶ月強、古川琴音さんは古山華を演じることになります。

 

古山華の青春時代を演じるということで、物語としては今の若者と同じ「やりたいことが見つからない」と将来を悩む華を演じるとのことですので、どのような華を演じるのか楽しみですね。

 

古川琴音さんですが、何が決め手になって古山華役を勝ち取ったのかがわかりました。

 

それはJTのCMだったのです。

 

 

CMを観れば「あっ、あのCMか」と思われることでしょう。

 

石井杏奈さんとの姉妹のやり取りが印象的でした。

 

実は、古川琴音さんが朝ドラ「エール」で華役で起用されたのもJTのCMでの演技が影響しているとのことです。

 

JTのCMでは姉と妹の関係、特に姉妹にはわだかまりがあるけどお互いに近づきたいという感情を持っているという演技が求められていました。

 

でも、この演技や役者の表情は難しいとのことです。

 

しかし、古川琴音さんはこの表情や演技が出来ていたということで採用されたそうです。

 

エールの中ではこのような難しいシーンをたくさん組み込んだとのことです。

 

演出家にとって重要な役を演じられる役者さんということですね。

 

 

古川琴音のプロフィール

 

ここまで10月20日から古川琴音さんが出演するドラマでの役柄についてお伝えしましたので、次は古川琴音さんがどのような方なのかプロフィールを確認してみます。

 

名前古川琴音(ふるかわことね)
生年月日1996年10月25日
出身地神奈川県
身長161cm
特技バレエ、ヒップホップ 他
趣味散歩
所属事務所ユマニテ

 

古川琴音さんは1996年10月25日生まれなので現在24歳神奈川県の出身です。

 

芸能界入りはオーディションを受けて合格したからです。

 

現在の芸能事務所である「ユマニテ」のオーディションを受けて合格したのです。

 

このユマニテの所属タレントには樋口可南子さん、安藤サクラさん、門脇麦さん、岸井ゆきのさんなどが所属しています。

 

しかし、古川琴音さんがこの事務所のオーディションを受けたのは現在この事務所に所属していない女優さんが理由です。

 

古川琴音さんが憧れている女優さんがいます。

 

その女優さんは「満島ひかり」さん。

 

古川琴音さんは満島ひかりさんとお芝居がしたいという理由から満島ひかりさんが所属していたユマニテのオーディションを受けて合格したのです。

 

しかし、残念なことに古川琴音さんがユマニテに所属した1ヶ月後に満島ひかりさんがユマニテを離れフリーとなってしまいました。

 

次は、古川琴音さんがどのようにして女優を志したのかを含めた経歴について見てみましょう。

 

 

古川琴音の経歴(出身高校・大学)

 

幼少期はバレエ、中学校から演劇を立ち上げ

 

古川琴音さんは現在女優として活動しているわけですが、幼少の頃から女優志望だったわけではなさそうです。

 

というのも、幼少の頃はバレエを習っていたとのことですが、中学生になって部活動をはじめてから女優に近づいたようです。

 

中学生になって部活動として演劇部に入部し、高校でも演劇を続けます。

 

ただ、中学では演劇部はなかったということで、自ら演劇部立ち上げの行動を起こしたそうです。

 

なんでも、古川琴音さんが通っていた学校は中高一貫校のようです。

 

なぜなら、中学生のときに演劇部立ち上げに向けて行動するわけですが、高校の演劇部顧問の先生に相談に行っているんですね。

 

すると、中学2年生のときに中学校に演劇部が出来たそうです。

 

中高一貫校でなければ成り立たないですね。

 

それにしても、古川琴音さんって行動力のある女性なんだとちょっと驚きました。

 

出身校:高校は「日本大学藤沢高校」で大学は「立教大学」?

 

高校卒業後は大学に進学したとのことですが、どこの大学に進学したのかについては明言されていません。

 

調べたところ、古川琴音さんは高校まで日大の付属中学・高校に通っていたようで日本大学藤沢高校に通っていたということがわかりました。

 

 

ただ、立教大学EESセミナーで活動しているということから立教大学に進学したと言われています。

 

下記のツイートが元データですね。

 

 

だったら、立教大学の何部に所属していたのかが気になりますが、明言はできなものの「現代心理学部映像身体学科」に所属したという情報もあります。

 

もし、立教大学だったら、立教大学は一貫校なので中学、高校も立教なのかもしれないですね。

 

そして、卒業が近づくと長らく演劇を続けてきたこともあってか無理を承知で役者への道が進路として浮かんだようです。

 

その結果が現在所属している芸能事務所「ユマニテ」のオーディションに繋がり、合格したことで女優としての活動がスタートすることになったのです。

 

古川琴音さんが芸能活動をスタートしたのは2018年2月ですので、2020年10月現在、芸能活動は2年半ほどです。

 

しかし、個性派女優として数々の話題作に出演しているので確認してみましょう。

 

 

古川琴音出演の話題作

 

古川琴音さんは、女優として活動を始めた2年半の間にドラマ、映画、CM,さらには舞台への出演も果たしています。

 

ドラマでは、スポットではあるものの綾瀬はるかさん主演の「義母と娘のブルース」、黒木華さん主演の「凪のお暇」、沢村一樹さん主演の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」にも出演しています。

 

絶対零度ではバレリーナ役だったのでバレエ経験が生きる役でしたね。

 

映画ではなんと言っても「十二人の死にたい子どもたち」でしょう。

 

 

3番が古川琴音さんです。

 

この映画には杉咲花さん、新田真剣佑さん、北村匠海さんなど現在大活躍している俳優さんが多数出演していましたが、その中のひとりとして腰的な役を演じていました。

 

古川琴音さんが出演するCMといえば先程もご紹介した「JT」のCMを思い浮かべる人が多いのでは無いでしょうか?

 

古川琴音さんの最新情報としては、菅田将暉さんのMV出演が話題になっています。

 

 

このMVで古川琴音さんは菅田将暉さんと夫婦役で出演しているのですが、YouTubeでMVが公開され、観たかたのコメントを見ても古川琴音さんが絶賛されていますね。

 

確かに自然体でほっこりしますね。

 

 

まとめ

 

朝ドラエールで古山華、恋あたで「スー」に出演している古川琴音さんについてご紹介しました。

 

古川琴音さんは個性的な女優さんというイメージを持っていますが、朝ドラ「エール」で古山華役を勝ち取ったエピソードを聞くとなんだか納得感がありました。

 

これから露出の増える女優さんだと思うので目にする機会も増えそうです。