綿引勝彦死去!年齢は何歳で妻・嫁は誰で子供(娘・息子)はいる?

俳優の綿引勝彦さんが死去されていることが発表されました。

 

綿引勝彦さんの死因は膵臓がんということですが、2018年8月には肝臓の手術を行っており、その時にがんが見つかっていたとのことです。

 

この記事では綿引勝彦さん何歳で亡くなられ、妻・嫁は誰で子供に娘や息子がはいるとの噂がありますが本当なのかについてお伝えします。

 

関連記事

綿引勝彦が膵臓がんで亡くなられたことが公表されましたが、2018年に膵臓の手術をされていたようですね。   綿引勝彦さんの経歴や画像を調べてみると、若い頃と現在では随分と印象が違いますね。   筆[…]

 



綿引勝彦死去!年齢は何歳だった?

 

 

冒頭でもお伝えした通り、俳優の綿引勝彦が2020年末の12月30日に肝臓がんで死去されていたことが発表されました。

 

年齢は75歳だったとのことです。

 

75歳なんてまだまだ若いですね。

 

綿引勝彦さんといえば、初めて見たときはなんて怖い顔の俳優さんと思ったものですが、年齢を重ねるごとに優しい雰囲気のよいおじさんになられましたね。

 

若い頃の綿引勝彦さんはヤクザ映画の悪役だった

 

綿引勝彦さんの若い頃の映画をみるとはっきり言って怖いです。

 

それもそのはずで、綿引勝彦さんはヤクザ映画の悪役スターのような存在の俳優さんです。

 

綿引勝彦さん以外にも、若い頃は怖い顔をした悪役を代表する俳優さんが年齢を増すごとに良い人の役に移行し、最終的には良いおじさんや良いお父さん役をされる男優さんも少なくありません。

 

綿引勝彦さんもその一人と言って良いでしょう。

 

綿引勝彦さんのイメージを変えたのは「天までとどけ」?

 

綿引勝彦さんと言えば、怖いイメージから役柄がガラッと変わった瞬間があります。

 

それは「天までとどけ」というドラマに出演した時です。

 

「天までとどけ」での綿引勝彦さんは良いお父さん役だったのです。

 

そして、「天までとどけ」がシリーズ化されたことで、綿引勝彦さんのイメージも強面俳優から良い父親をはじめとする良い人にイメージが変わっていったと思います。

 

「天までとどけ」は1991年から断続的に1999年まで8シリーズが放送されていました。

 

そして、この作品で綿引勝彦さんの奥さんを演じたのが昨年新型コロナウイルスでなくなった岡江久美子さんだったのです。

 

 

 

綿引勝彦の妻・嫁は誰?

 

綿引勝彦さんの妻であり嫁さんは女優の「樫山文枝」さんです。

 

お二人は劇団民藝出身で、この時に知り合われ結婚されています。

 

綿引勝彦に子供(娘・息子)がいる?

 

綿引勝彦さんについて調べていると、子供さんとして娘さんや息子さんがいるという記述を目にしまた。

 

しかし実際い、綿引勝彦さんと樫山文枝さんの間にお子さんはいらっしゃらないことがわかりました。

 

まとめ

 

綿引勝彦さんが死去されたということで、綿引勝彦が何歳で亡くなられ、ご家族として妻であり、嫁さんは誰なのか、子供さんとして娘さんや息子さんがいると噂になっているが本当なのかについてお伝えしました。

 

綿引勝彦さんは膵臓がんにより75歳で亡くなられ、ご家族には奥さん(優の樫山文枝さん)がいるものの、子供さんはいないことをお伝えしました。

 

綿引勝彦のご冥福をお祈りします。