マラドーナの家族と女性遍歴!子供は何人いるの?莫大な収入や財産の金額が驚き!

サッカー界のレジェンドであるディエゴ・マラドーナさんが心不全のため60歳という若さで亡くなりました。

マラドーナさんといえばサッカーでも数々の伝説を残して有名なのですが、一方で女性関係が盛んだったことでも知られています。

ここでは、マラドーナさんの家族子供

そして女性遍歴

さらには、驚き莫大な収入や財産について触れてみたいと思います。

 



マラドーナの家族と女性遍歴!

マラドーナさんの女性関係は15歳の時に始まったようです。

当時、近所に住んでいたクラウディア・ビジャファーネさんと知り合いました。

マラドーナさんの熱烈なアプローチによってふたりは恋に落ちました。

深い関係になるまでに時間はかからず交際がスタートしたのでした。

マラドーナさんがFCバルセロナに移籍した後、すぐにマラドーナさんの家族と一緒にクラウディアをバルセロナに呼び寄せました。

その頃には、マラドーナさんはすでにSSCナポリに移籍して在籍していました。

クラウディア・ビジャファーネさんをスペインに呼び寄せて間もなく、1985年1月頃には、アメリカ人のモデルと関係を持つようになりました。

そのことがきっかけで、クラウディア・ビジャファーネさんとの関係が悪くなったのは言うまでもありません。

 

マラドーナの家族と女性遍歴!子供は何人いるの?

1985年12月には、ナポリの女性と結婚まで考えた恋愛関係に陥ったが、彼女が妊娠すると中絶することを強要したのです。

その後、クラウディアとよりを戻し、1989年11月7日にはとても盛大な結婚式を挙げました。この結婚式の時にはすでに女の子がふたりいたのでした。

1986年9月20日にナポリの女性といわれる女性が、ディエゴ・マラドーナ・ジュニアを出産しました。

ところが、マラドーナさんは自分の子どもであると認知しなかったのです。

その後は、この女性との間で裁判をして争うことになったのでした。さらに驚くことに。

この時クラウディアさんも妊娠していたのでした。

15歳から交際して、別居後も生涯の友人として良好な関係だったマラドーナさんとクラウディアさん。

マラドーナさんが600万ドル相当の財産が不足していること。

財産をクラウディアさんが管理していたことを指摘したのです。そ

の他、コレクションしていたユニフォームやサッカーに関するグッズおよそ300点を返すように要求しました。

ところが、クラウディアさんが調停に応じなかったため訴訟を起こすことに発展しました。

2004年になって、マラドーナさんはクラウディアと正式に離婚しました。

同じ2004年の20歳になったばかりのキューバ人の女性と再婚したのです。

クラウディアさんと離婚してすぐのことですよね。さすがはマラドーナさんの血を引いた子供といえるでしょう。

ディエゴ・マラドーナ・ジュニアは2001年にU-17イタリア代表に選ばれました。

そして、2009年からビーチサッカーで活躍しています。

その後、5人目となる子供が誕生したことで世間を賑わせました。

マラドーナさんと交際していた元恋人であるベロニカ・オヘダさんがアルゼンチンのブエノスアイレス市内で男児を出産したのです。

名前はディエゴ・フェルナンド」と名付けられました。それまで女児ばかりだったマラドーナさんは大喜びしたそうです。

ところが、ベロニカさんの妊娠が発覚した時、マラドーナさんが離婚した前妻クラウディアさん。

そして、長女ダルマさん、次女ジャンニーナさんの3人がマラドーナ・ジュニア”の出産に対して猛反対したのでした。

「子供はディエゴではなく、別の男性との間にできた。

財産目当ての陰謀だ」と主張し、ベロニカさんを罵倒したり、脅迫電話をかけるなどして刑事事件にまで発展してしまったのでした。

結果、クラウディアさんは、ベロニカさんへの接近禁止命令が出されてしまったのでした。

このことが原因となり、マラドーナさんとベロニカさんは別れることになったのでした。

ベロニカさんが出産がディエゴ・フェルナンドは、マラドーナさんも自分の子どもであることを認めています。

これでマラドーナさんの子供の数は、前妻クラウディアとの間に生まれた娘ダルマとジャニーナ。

イタリアで生まれたディエゴ・アルマンド・ジュニオル。

1995年にアルゼンチンの女性バーテンダーとの間に生まれていたハナ。4人の子供たちに続いて5人となったのでした。

比較的穏やかで、コカイン中毒のリハビリにも根気強く付き合ったベロニカと異なります。

若いロシオはマラドーナに負けないほど激しい気性の持ち主。

これまでに何度も衝突し、別れては仲直りをするというエピソードを繰り返しているが、昨年、二人を団結させる決定的な出来事があった。

父ドン・ディエゴの死、そして元妻クラウディアに対する訴訟だ。

 

隠し子もいるの?

その後、3人の隠し子がキューバにいたという衝撃的ニュースがありました。

その情報は、なんとマラドーナさんの弁護士のマティアス・モルラ氏が出所だというので驚きです。

このアルゼンチン・サッカー界のレジェンドに、キューバの2人の女性との間に生まれた、10代の子どもが3人いることを公表しました。

カリブ海の島国に3人の隠し子がいた理由は何だったのでしょうか。

マラドーナさんは、2000年からの約5年間、禁止物の中毒の治療のためにキューバに滞在しました。

その時のナイトライフで女性たちとの関係を持ったことが理由だと説明しています。

マラドーナさんは、その3人の隠し子を自らの子どもだと認めました。

このように、わかっているだけでも8人の子供がいるマラドーナさん。

本当の子供の数はいまでもハッキリとわかっていません。

おそらくハッキリとしていない子供や認めていない子供を合わせるとサッカーチームが作れてしまうほど子供が存在しているだろう言われています。

 

華麗なる功績!

女性関係も破天荒なマラドーナさんですが、その原動力になっていたのがやはりサッカーではないでしょうか。

神といわれるだけあって、数えきれない功績があります。

また、それに伴って、収入もスゴイことになっています。

ここでは、そのマラドーナさんはの収入について触れてみたいと思います。

[名前]: ディエゴ・マラドーナ(ディエゴ・アルマンド・マラドーナ、Diego Armando Maradona、Pelusa (毛深い奴/縮れ髪)、El Pibe de Oro (ゴールデンボーイ)、神の子)

[国籍]: アルゼンチン

[出生地]: ラヌース

[生年月日]: 1960年10月30日

[身長]: 165cm

[体重]: 60-72kg

[ポジション]: FW/MF

[利き足]: 左足

[チーム]

1968-1969 アルゼンチン:エストレージャ・ロハ-ユース

1970-1974 アルゼンチン:ロス・セボジータス-ユース

1975-1976 アルゼンチン:アルヘンティノス・ジュニアーズ-ユース

1976-1981 アルゼンチン:アルヘンティノス・ジュニアーズ

1981-1982 アルゼンチン:ボカ・ジュニアーズ

1982-1984 スペイン:バルセロナ

1984-1991 イタリア:ナポリ

1992-1993 スペイン:セビージャ

1993-1994 アルゼンチン:ニューウェルズ・オールドボーイズ

1995-1997 アルゼンチン:ボカ・ジュニアーズ

[タイトル・記録]

FIFAワールドユース選手権最優秀選手 : 1回

FIFAワールドカップ最優秀選手:1回

アルゼンチン・リーグ得点王 : 2回

セリエA 得点王 : 1回

南米年間最優秀選手賞(エル・ムンド紙): 6回

記者選出アルゼンチン最優秀サッカー選手賞 : 4回

記者選出アルゼンチン最優秀スポーツ選手賞 : 1回

世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌): 1回

オンズドール : 2回

20世紀の偉大なサッカー選手100人2位(ワールドサッカー誌)

記者選出20世紀アルゼンチン最優秀スポーツ選手賞

FIFA20世紀最優秀選手

ゴール・オブ・ザ・センチュリー

ゴールデンフット賞All Time Legend

FIFA 100

ほか多数

 

莫大な収入や財産の金額が驚き!

1976年アルヘンティノスでトップチームデビュー 166試合 116得点

1976 (16)  100万円

1977 (17)  300万円

1978 (18)  500万円

1979 (19)  800万円

1980 (20)  1,000万円

ボカ・ジュニアーズへ移籍 40試合 28得点

1981 (21)  5,000万円

バルセロナへ移籍 36試合 22得点

1982 (22)  1億0000万円

1983 (23)  1億0000万円

ナポリへ移籍 188試合 81得点

1984 (24)  2億0000万円

1985 (25)  2億0000万円

1986 (26)  2億5000万円

1987 (27)  3億0000万円

1988 (28)  4億0000万円

1989 (29)  5億0000万円

1990 (30)  5億5000万円

1991 (31)  6億0000万円

セビージャへ移籍 26試合 5得点

1992 (32)  5億0000万円

ニューウェルズ・オールドボーイズへ移籍 5試合 0得点

1993 (33)  3億0000万円

1994 (34)  3億0000万円

ボカ・ジュニアーズへ移籍 30試合 7得点

1995 (35)  2億0000万円

1996 (36)  2億0000万円

1997 (37)  2億0000万円

1998 (38)  現役引退

アルゼンチン代表監督に就任

2008 (48)  4億5000万円 アルゼンチン代表監督

2009 (49)  4億5000万円 アルゼンチン代表監督

2010 (50)  4億5000万円 アルゼンチン代表監督

成績は491試合 259得点で、2010年までの時点での収入は約 63億2700万円になると思われます。

さらに、最近まで監督を務めたUAEのアルワスルでの年俸は1000万ユーロ(約12億円)といわれています。

この分や2010年以降の収入を合わせると、100億円はこえていくのではないかとおもわれます。

子供たちが、その莫大な資産をめぐって泥沼の骨肉の争いが繰り広げられるかもしれない金額ですよね。

 

以上、マラドーナさんの家族と女性遍歴。

そして、いったい子供は何人いるのか。

マラドーナさんの莫大な収入や財産について詳しく触れてみました。