【箱根駅伝2021】國學院(国学院)大学!出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!

國學院(国学院)大學は2020年11月に行われた全日本駅伝では9位に終わりました。

2連覇を狙っていた出雲駅伝が中止となりリズムをとりにくかったのかもしれません。

昨シーズンは出雲駅伝では初優勝をしています。

そして昨シーズンの箱根駅伝では過去最高の3位となり、スローガンである「歴史を変える挑戦」にふさわしい活躍のシーズンとなりました。

その歴史を変えた世代は卒業してしまったが、次に続く選手たちはトラックシーズンにはいり勢いは止まることなく心強い活躍をしています。

7月8日のホクレン深川大会10000mでは藤木宏太(3年)選手が28分24秒79、15日に行われた網走大会では5000mで中西大翔(2年)が13分42秒24と國學院(国学院)大學の記録を更新しています。

4年生の臼井健太や主将の3年生木村琳も記録を伸ばしていてチームが全体的にレベルアップしています。

↑2019年出雲駅伝優勝時のインスタ 投稿です

今回は、2021箱根駅伝出場校順位優勝予想、そして國學院大学出走オーダー注目選手をご紹介していきます。

箱根駅伝2021出場校予想順位!

箱根駅伝2021、正式名称「第97回東京箱根間往復駅伝競争」は2021年1月2日、3日を二日間にわたって開催されます。

2021年の箱根駅伝は無観客で開催されることが決定しました!

箱根駅伝2020で10位内に入った大学は自動的に2021年箱根駅伝の出場権がもらえます。

まずは去年2020年の順位結果を見ておきましょう。

【2020年箱根駅伝 結果】

1位青山学院大学10時間45分23秒
2位東海大学10時間48分25秒
3位國學院大学10時間54分20秒
4位帝京大学10時間54分23秒
5位東京国際大学10時間54分27秒
6位明治大学10時間54分46秒
7位早稲田大学10時間57分43秒
8位駒澤大学10時間57分44秒
9位創価大学10時間58分17秒
10位東洋大学10時間59分11秒

今年2020年の箱根駅伝の結果↑、と11月に行われた全日本大学駅伝の結果に基づいて、次の箱根駅伝2021の優勝予想は下記の通りとなりました。

やはり11月の全日本大学駅伝の結果が次の1月の箱根駅伝の成績や結果に大きく影響を与えてくるようです。

國學院(国学院)大学は予想順位の5位までには入っていませんが、何が起こるかわからない箱根駅伝。

本番が待ち遠しいですよね。

【2021箱根駅伝順位予想】

順位大学
1位青山学院大学
2位駒澤大学
3位早稲田大学
4位東海大学
5位明治大学

國學院(国学院)大学 出走オーダー予想と注目選手

全日本駅伝のオーダー通りに行くのではないかと予想されます。

最大の目標は箱根駅伝で3位以内という國學院(国学院)大学。

強い気持ちをもって挑むと語っていた國學院(国学院)大学の選手たち。

2021箱根駅伝の走りが楽しみですね。

【國學院(国学院)大学オーダー表】

選手氏名学年出身校ハーフタイム
1島崎慎愛3藤岡中央高1.05.23.
2臼井健太4鳥取城北1.03.24.
3中西大翔2金澤龍谷高1.03.59.
4河東寛大4豊南高(鹿児島)1.02.28.
5木村琳  (主将)3大分東明1.02.42.
6

伊地知 賢造

7藤木宏太3北海道栄1.02.17.
8

殿地 琢朗

1.04.11
高嶌凌也4日体大柏1.03.52.
坂本健悟2藤沢翔陵1.04.24.
西槇優祐2学法石川
川崎康生2浜松工1.03.58.
木下巧4日体大柏1.04.41.
石川航平3日体大柏1.05.17.
田川良昌4八千代松陰1.04.05.
藤村遼河4東京実高1.03.25.
森秀翔4八千代松陰1.04.12.

注目選手:藤木 宏太(3年)

2年生の時に日本インカレ10000mで4位となっている。

箱根駅伝の1区では区間歴代4位の1時間01分18秒で2位となっている。

先のホクレン深川大会では10000mで國學院記録の28分24秒79、次の網走大会では5000mでも自己新となる13分50秒01と勢いに乗っている選手である。

國學院大学、前田監督のプロフィール

目標がブレてはいけない。今年度の最大の目標は箱根駅伝で総合3位以内に入ること。やることは変わらない。

とシーズン初めから常に選手たちに伝えていた前田監督。

 

この投稿をInstagramで見る

 

走一郎(@pua1moana)がシェアした投稿

監督:前田 康弘(まえだ やすひろ)プロフィール

1978年2月生まれ。駒大出身。

國學院(国学院)大学監督就任は2009年8月。指導年数は13年目となる。

大学時代に全日本大学駅伝で2度優勝経験を持つ。

2000年には主将として箱根駅伝で4区を走りチームで初優勝を果たした。

卒業後は実業団の富士通で競技を続けた後2009年に國學院(国学院)大學の監督に就任した。

ネットでの國學院(国学院)へのコメントは?

2021箱根駅伝の國學院大学の選手たちの走り楽しみですね!!