【箱根駅伝2021】早稲田大学!出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!

2020年11月に行われた全日本大学駅伝では5位となった早稲田大学

2021年の箱根駅伝にはシード校として参加します。

シード校としての実力を発揮する早稲田大学ですが、優勝からは遠ざかっていますね。

来年2021年こそは優勝に絡む走りを見たいと思っている人も多いのではないでしょうか。

全日本大学駅伝の後、相楽豊監督は以下のように語っていました。

チームとして故障者が出たこともあって、どこまで逃げ切れるかというチャレンジだった。だが、上位4チームとは層の差で負けた。悔しい思いでいっぱいだ。力を蓄えて頑張りたい。収穫は先頭争いができたところ。うちは層が薄いので、そこが課題だ。

13年ぶりに予選会から出直すおとになった昨シーズンの箱根駅伝では7位シード件を獲得することができました。

2〜3月にかけて好記録が出ていたが、7月のレースでますます調子をあげてきているようですね。

エースの中谷雄飛選手をはじめとして、千明龍之佑選手、太田直希選手ら3年生が5000mで自己記録を更新している。

1年生ルーキーも北村光選手が13分台をマークしている。

そして辻文哉選手、柳本国哉選手が自己新をマーク。

菖蒲敦司選手は1500mで、諸冨湧選手は3000mSCで自己記録を更新している。

各学年に注目選手がそろう構成となっている。

今回は、2021箱根駅伝出場校の順位や優勝予想、そして早稲田大学の出走オーダーや注目選手をご紹介していきます。

【箱根駅伝2021】駒澤大学!出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!

【箱根駅伝2021】青山学院の出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!

 



箱根駅伝2021出場校予想順位!

箱根駅伝2021、正式名称第97回東京箱根間往復駅伝競争は2021年1月2日、3日を二日間にわたって開催されます。

2021年の箱根駅伝は無観客で開催されることが決定しました!

箱根駅伝2020で10位内に入った大学は自動的に2021年箱根駅伝の出場権がもらえます。

まずは去年2020年の順位結果を見ておきましょう。

【2020年箱根駅伝 結果】

1位青山学院大学10時間45分23秒
2位東海大学10時間48分25秒
3位國學院大学10時間54分20秒
4位帝京大学10時間54分23秒
5位東京国際大学10時間54分27秒
6位明治大学10時間54分46秒
7位早稲田大学10時間57分43秒
8位駒澤大学10時間57分44秒
9位創価大学10時間58分17秒
10位東洋大学10時間59分11秒

今年2020年の箱根駅伝の結果↑、と11月に行われた全日本大学駅伝の結果に基づいて、次の箱根駅伝2021の優勝予想は下記の通りとなりました。

やはり11月の全日本大学駅伝の結果が次の1月の箱根駅伝の成績や結果に大きく影響を与えてくるようです。

早稲田大学は予想順位の5位までには入っていませんが、何が起こるかわからない箱根駅伝。

本番が待ち遠しいですよね。

【2021箱根駅伝順位予想】

順位大学
1位青山学院大学
2位駒澤大学
3位早稲田大学
4位東海大学
5位明治大学

早稲田大学 出走オーダー予想と注目選手

全日本駅伝のオーダー通りに行くのではないかと予想されます。

2021箱根駅伝の走りが楽しみですね。

【早稲田大学オーダー表】(2020全日本大学駅伝をもとにしています)

*選手名は敬称略で表記していることをご了承ください。

選手氏名学年出身校ハーフタイム
1区井川 龍人2九州学院高1.04.50
2区太田 直希3浜松日体高1.05.24.
3区中谷 雄飛3佐久長聖高
4区山口 賢助3鶴丸高1.04.50.
5区吉田 匠 (主将)4洛南高1.03.55.
6区半澤 黎斗3学法石川高1.06.55.
7区辻 文哉1早稲田実業高
8区千明 龍之佑3東農大二高1.03.40.
9区鈴木 創士2浜松日体高1.05.07.
10区穴倉 健浩4早稲田実業高1.05.22.

諸冨 湧

1洛南高
佐藤 航希1宮崎日大高
小指 卓也2学法石川高
柳本  哉1豊川高
北村 光1樹徳高
菖蒲 敦司1西京高

 

注目選手:中谷雄飛選手(3年)

今年1月の都道府県駅伝では7区を2位となりますね。

そして優勝を手にします。

2月には10000mで28分27秒71で自己新をマークするのです。

7月のホクレン千歳大会では5000mで13分39秒21と自己記録を短縮しました。

1年生の時にはU20世界選手権、世界クロカンに出場経験も持っています。

チームの中心選手ですね。

注目選手:吉田匠選手 (4年)

今季、主将に就任した吉田匠選手。

3000mSCでも活躍を見せている選手です。

2019年度は8区で9位の成績で箱根駅伝は5区で15位だった。

自己ベストは5000m14分07秒40、10000m29分58秒90、ハーフは1時間03分55秒。

学生生活最後の駅伝でチームとしての目標達成にむけてこの箱根駅伝で勇姿を見せてくれると思います。

早稲田大学の相楽監督のプロフィール?

 

相楽豊(さがらゆたか)さんプロフィール

1980年5月生まれ。早大出身。

監督就任は2015年4月。今年で指導年数16年目となる。

大学1年と3年の時に箱根駅伝に出場経験を持つ。5区の山登り、6区の山下りの両方を経験している。

福島県内の高校教師を経て、2005年4月に早稲田大学コーチに就任。その後2015年4月に駅伝監督に就任し現在に至る。

 

この投稿をInstagramで見る

 

4years.(@4years_media)がシェアした投稿

 

以上、2021年の箱根駅伝に出走する予定の早稲田大学の予想出走オーダーや注目選手について触れてみました。

また、出場校の順位や優勝予想にも触れてみました。

2021年の箱根駅伝を見て楽しむるための参考にしてくださいね。

 

【箱根駅伝2021】青山学院の出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!

 

【箱根駅伝2021】駒澤大学!出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!

 

【箱根駅伝2021】東海大学!出場校の順位や優勝予想!出走オーダーや注目選手!