中目黒タワマン強盗被害者女性の名前!女優の里美ゆりあ?2億円脱税って?

目黒区内の中目黒駅前にある高級タワーマンション(タワマン)で強盗事件がおこりました。

強盗の被害者である女性がニュースのインタビューに応えてた姿が話題です。

インタビューに堂々と答える姿はメディア慣れしていました。

それもそのはずなのはすぐにわかったのでした。

女性の名前はのは人気セクシー女優里見ゆりあさんだということです。

どうして里見ゆりあさんが狙われたのでしょうか。

以前に2億円以上もの大金を脱税したといわれています。

そのため、強盗に狙われたようですね。2億円もの金額を脱税したとは、ホントなのでしょうか。

強盗事件や2億円脱税騒動について調べてみました。

 

中目黒タワマン強盗!被害者女性は女優の里美ゆりあさん?

中目黒タワマン強盗が発生した場所はどこなのか、被害者は女優の里見ゆりあさんとはホントなのか。

詳しくみてみたいと思います。

2020年10月26日朝、東京都目黒区内の中目黒駅前にあるタワマンの1室に、宅配業者を装った2人組の強盗押し入りました。

部屋に住む女性から、現金600万円を奪い逃走しました。

27日、警視庁は17~19歳の少年3人を強盗などの疑いで逮捕しました。

そして、驚きだったのは強盗の被害者は、セクシー女優の里見ゆりあさんだったことがわかりました。

里美ゆりあさんとは、もう20年近く活躍している35歳のベテランセクシー女優なのです。

ニュースなどのテレビやメディアのインタビューでも堂々とした受け答えが評判でした。

多額の現金を奪われた被害者にしては、堂々とした応対だったことに違和感を覚えた視聴者もたくさんいたようです。

女優なだけにテレビやメディアには慣れていたのですね。

競争が激しいセクシー系でこれだけ長く活躍しているスゴイ女優なのです。

 

強盗事件当日は、犯人たちは大手運送業者の配達員そっくりのだったため、疑いもなく部屋のドアを開けてしまったそうです。

そして、荷物を受けとった瞬間に別の男性が近づいてきて、2人で部屋に入ろうとしたそうです。

里見ゆりあさんは、危険を感じてドアを閉めようとしました。

しかし、男性2人の力はかなわなず、室内に入られてしまったそうです。

そして、犯人に「数年前に脱税して追徴課税を払った後に残った1億5000万円があるはず。」と脅されたそうです。

ですから、そして、室内を物色し現金600万円を奪って逃走しました。しかし、犯人たちは翌27日に逮捕されました。

10代の少年たち3人だったそうです。奪われた600万円のうち400万円が見つかりました。

しかし、残りの200万円は見つかっていません。どこにいってしまったのか捜査中のようです。

とにかく、里見ゆりあさんが無事でよかったですね。

大変怖い思いもしました。やけに事情に詳しい人たちが犯人でしたよね。

犯人は里見ゆりあさんが大金を持っていると思っていたようですね。

そんなお金がないことを伝えると、親しい友人名前をあげて脅してきたそうです。

怖いですよね。里見ゆりあさんは、犯人たちの顔は見たことがないそうです。

どうして、中目黒区の住んでいるタワマンや部屋がわかったのでしょうか。また親しい人の名前が出てきたのか気になりますね。

里見ゆりあさんは、タワマンに友人たちを呼んでよくホームパーティーをしていたそうです。

もう、ホームパーティーも怖くてできなくなってしまいますよね。

誰か身近な人が事件に関係していた可能性が高いですよね。だとしら、さらに怖すぎます。

 

2億円以上も脱税したってホント?

里見ゆりあさんが2億円以上もの脱税をしていたとはホントなのでしょうか。

しかも金額がなんと億単位の脱税ともいわれていました。里見ゆりあさんの脱税騒動とは何だったのでしょうか。

2014年6月、東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘されたことがありました。

そして、1億7000万円の追徴課税を支払うことになりました。セクシー女優とはそんなに稼げるものなのかとビックリされました。

里見ゆりあさん場合は、セクシー系の仕事だけではなかったそうです。

キャバクラで働いたり、パパからのおこづかいもあったそうなのです。

そして、あまりにも無知だったため、数年間ずっと確定申告をしていなかったためだったそうです。

しかし、脱税騒動以降はしっかりと確定申告をしているそうです。

当時は、セクシー女優が3億円の脱税と話題になりましたね。

だから、犯人には、まだ相当なお金を持っていると思っていたのでしょうか。

大金を持っていると思われていた里見ゆりあさんでした。

しかし、実際に部屋には600万円もの大金がありました。

ホントに大金を持っていました。

600万円も部屋においてあったこともビックリでしたね。

でも、決してマズイお金ではないそうです。

そして、大金を持っていたことには理由がありました。

幼い頃からお金では苦労をしてきたそうです。

だから、現金がないと不安になってしまうそうです。600万円は脱税騒動があってから、コツコツ貯めてきたタンス預金だったそうです。

まさに裸一貫で稼いできたお金ですよね。

セクシー系の仕事だけではなく、現在もキャバクラでも働いているそうです。

そんなタンス預金が狙われてしまったのはかわいそうすぎますね。

里見ゆりあさんが被害にあった宅配業者を装った強盗は、私たちにも起こり得る危険ですよね。

十分気をつけるようにしたいですね。

以上、中目黒タワマン強盗の被害者女性が女優の里見ゆりあさんだということについて。

過去に2億円のだつぜいのうわさがあることについて詳しく触れてみました。