【箱根駅伝2021】日本体育大学!出走オーダーや注目選手出場校の順位や優勝予想!

日本体育大学は、予選会で6位で通過しました。

伝統校であり、73年連続73回目の出場を果たしています。

ここ2年間は13位と17位と思い通りにならない結果が続いているようですね。

予選会で箱根駅伝の本線出場が決まった瞬間に、他校が喜びをあらわにする中で、日本体育大学が静かに喜びをかみしめていました。

それもそのはず、選手たちはなんと50日間にも及ぶ合宿生活を経験してきたのですから。

それも、3年ぶりのシード権奪還という目標のためなのです。

監督の不在が続いていましたが、玉城監督が7月に就任しました。

玉城監督は、長野東高校(長野)の女子と全日本高校駅伝で2位に入賞する結果を実現している実力はです。

玉城監督は日本体育大学のOBでもありますので、思い入れも深いものがあるそうです。

母校の監督に就任したのです。

2020年全日本大学駅伝では12位でしたが、箱根駅伝予選会は6位で通過しています。

チームを引っ張っていくエースの池田輝平(4年)は安定していますね。

池田選手は日体大記録となる1時間01分36秒の記録所持者でもあるのです。

日本体育大学!出走オーダーや注目選手出場校の順位や優勝予想について詳しく触れてみたいと思います。

2年生の藤本珠輝がこれからの注目選手になると思われます。

初出場から最長となる73回連続出場、そして10回の優勝を誇る箱根の顔とも言える日体大は新体制の下どんな戦いぶりを見せるか楽しみですね。

今回は、日本体育大学のデータを中心に予想出走オーダー注目選手2021箱根駅伝出場校の予想順位優勝予想をご紹介していきます。



日本体育大学 箱根駅伝の過去の成績

  • 箱根駅伝2020(第86回大会)17位
  • 73年連続出場
  • 箱根駅伝2021は73回目となる
  • 予選は6位

日本体育大学 三代駅伝優勝実績

  • 箱根駅伝10回
  • 全日本大学駅伝11回

日本体育大学 出走オーダー予想と注目選手

2021箱根駅伝の走りが楽しみですね。

【日本体育大学オーダー表】

*選手名は敬称略で表記していることをご了承ください。

選手氏名学年出身校ハーフタイム
1区岩室天輝4大牟田1.04.07
2区池田耀平4島田高1.01.36
3区藤本珠輝2西脇工高1.02.46
4区大内宏樹3松山商高1.03.11.
5区

福住 賢翔

4千原台高1.03.10
6区名村樹哉2四日市工高1.04.53
7区大内一輝4日立工高1.04.29
8区森下滉太4豊橋南1.03.47
9区野上翔大4都青梅総合1.03.41
10区嶋野太海 主将4拓大江陵1.04.03
佐藤慎巴3埼玉栄
盛本聖也2洛南
太田哲朗4岡埼城西
加藤広之3学法石川
亀田優太朗4浜松日体
松尾拓実4和歌山北

菅沼 隆佑

4
村越凌太2埼玉栄

注目選手:池田耀平選手(4年)

2月には丸亀ハーフで日本人歴代10位タイの1時間01分36秒をマークしています。

そして日本選手権クロカン10kmで4位入賞。

7月のホクレン千歳5000mでは13分57秒82の自己新記録。

過去には5回三大駅伝に出場経験があり、すべて1区を務めてきました。

3年の時の箱根駅伝では区間3位と好走しました。

日本体育大学 玉城監督のプロフィール

玉城良二(たまき りょうじ)監督

1961年7月生まれ。長野吉田高→日体大へ。

監督就任は2020年7月に就任した一年目の監督です。

自身が日体大4年の時に箱根駅伝10区を走った経験がありました。

区間3位、チームは2位となった経験を持っています。

2005年からは長野東高女子駅伝部の監督を務め2017年、18年に全国高校駅伝準優勝へリードした実績がある監督です。

以上、2021年の箱根駅伝に出場する日本体育大学の出走オーダーや注目選手について。

出場校の順位や優勝予想について詳しく触れてみました。

2021年の箱根駅伝を感染する時の参考にしてくださいね。

3年ぶりのシード権獲得に向けて、ぜひ頑張って本来の力を見せて欲しいですね!