山内舞,芸名観月あこは新興宗教観月明希が由来?【錦織圭入籍結婚】

元モデルの観月あこさん(山内舞さん)が、男子テニス界で活躍している錦織圭さんと入籍・結婚の発表がありました。

本当におめでたいことですね!

ただ、観月あこさん(山内舞さん)側に新興宗教の影があるのでは?と話題になっています。

少し意味深ですよね。。調べてみました。



結婚報道のニュース

男子テニスの錦織圭(30=日清食品)が元モデルの観月あこさん(29、本名・山内舞)と入籍していたことが18日、分かった。
錦織が所属するマネジメント会社のIMGは「事実で間違いありません」と認めている。錦織は近く正式発表するという。
引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/tennis/2527323/

 錦織は約6年前に知人の紹介で観月さんと知り合い、交際がスタートした。当時は世界ランキング自己最高の4位と飛ぶ鳥を落とす勢い。しかし、モデル活動をしていた観月さんを巡っては事実と異なる様々な噂が飛び交っており「父親も含め、交際に反対する人は周囲に少なくなかった」と証言する関係者もいる。

 だが、周囲の反対はむしろ2人の絆を強くしたようだ。錦織をよく知る関係者は「ケイは物腰は柔らかいけど、小さいころから恐ろしいほど頑固。父親の指示が間違っていると思ったら、ガンとして従わなかった」と話す。
引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/tennis/2527758/

最初は入籍済であることを発表、その後に錦織圭さんの父親が反対していた?という報道がありました。

何か抵抗があったのでしょうか?

観月あこさん(山内舞さん)は新興宗教にドップリ?

まず、前提として、

観月あこさん;芸名
山内舞さん:本名

のようです。

その上で、「観月あこ」という名前をなぜ付けたのか?

こちらが、新興宗教の観月明希さんに相談して、その苗字を受け継いでいるのでは?という噂が話題になっています。

観月明希さんプロフィール

1944年東京に生まれる。
25歳の時に計算事務所を開設。これを機に画廊の経営など、多方面での事業展開で実業家の道に入る。
そして1970年代後半より、観山湖月先生、大山白道先生をはじめ、崇高な神霊能の先生方より神霊能の先導を授かる機を得る。さらに古神道数霊(かずたま)占術での高名なる神学者 金井南龍先生をはじめ、田上晃彩先生、そして山本珠基先生より占術を学ぶ。
1981年には宝石の原石を求めてスリランカへ、また砂金の買い付けでは南米ブラジルのアマゾン流域からアメリカのデンバーにまで足を延ばすなど、地球狭しとその行動力を開花させている。帰国後、株式会社ギデオンを設立、宝石、貴金属製品の製造と販売を手がけ、またブティックも開店。
その後、事業分野の異なる「お宿うえはら」を伊豆川奈に開業。
そして1993年、神霊能および古神道数霊占術による相談所を東京都杉並区 阿佐ヶ谷に開設、悩める人々の相談に応じている。
1997年、「かずたま教室」を杉並で開講。
現在も都内 中野サンプラザで毎月かずたま教室と見えない世界の講義を続けている。また、国内外での“神霊能” と “数霊占術”における個人及び法人向けのカウンセリングとスピリチュアル・マスター育成の活動を、精力的に展開している。
また2008年に、周囲の要望と協力を得て “病み そして悩める人達の憩いの場”の趣を持つ「清寮 花うさぎ」を、伊豆川奈の「お宿うえはら」(現 鮨長)に隣接して開設した。週末毎にはここを訪れ、浄霊を行っている

関係性や新興宗教の内容を目にすると闇を感じますね。。

世間の反応は?

まとめ

山内舞,芸名観月あこは新興宗教観月明希が由来?というテーマで調べてみました。

宗教などが絡んでくると何かと複雑になってしますが、、一番大切なのは、2人がお互いを認めっているかだと思います。

噂話を押しのけて、錦織圭さんが世界の舞台で活躍してくれることを願っています。

改めてご結婚おめでとうございます!

最後までご覧くださいましてありがとうございました。