au解約検討の際の注意点!解約後も継続課金される?【さよならau新プラン】

KDDIが12月9日にスマートフォンのau新料金プランを発表しました。

ですが、この新プランに批判が殺到しています。。

Twitterでは、【さよならau】がトレンド入りして、au解約を検討している方が多いようです。

そんななか、解約の注意点があったので、まとめてみました。



新プランの概要

au新プランは、「データMAX 5G with Amazonプライム」です。

特徴は下記の通りです。

・提供開始は、2020年12月11日から。
・データ容量の上限がなく「Amazonプライム」「TELASA」(動画視聴サービス)の利用料がセットになったプラン
・割引を適用しない場合の価格は月額9350円(税別)
・月間のデータ使用量が2GB以下の場合は自動で7870円に値下げ

月額3,760円で利用できる可能性もあるのですが、それはあくまで下記の全てのオプションを入れたことが条件になります。

家族割プラス2人:-500円
家族割プラス3人:-1,000円
家族割プラス4人:-2,020円
auスマートバリュー:-1,000円
スマホ応援割III ※翌月から6カ月間:-1,400円
5Gスタート割※翌月から12カ月間:-1,000円

この計算のややこしさや表現方法に批判が集まっているようですね。。

au解約の際の注意点って何?

auの解約をしたいときに注意すべき点は、「auスマートパスプレミアム」について。

こちらに入ってる人方は、auの通信回線自体を解約したとしても、「auスマートパスプレミアム」自体を解約したことになりません。

つまり「auスマートパスプレミアム」だけ継続課金されてしまうとのこと。

au解約に合わせて、「auスマートパスプレミアム」自体も設定を変更する必要があります。

世間の反応は?

まとめ

auの解約をしたいときの「auスマートパスプレミアム」の注意点について、お伝えしました。

なんとも、利用者にとっては不便な仕様ですよね。

この仕様に気づかずに継続課金が続いてた方も多いように感じます。

新料金プランについても、批判が高まっていますが、こういった解約方法などについても改善をして欲しいように感じます。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。