au既存プランは残らず廃止?au新プランの内容が微妙,条件が高くて批判殺到!

  • 2020年12月9日
  • 2020年12月9日
  • 生活

KDDIが12月9日にスマートフォンのau新料金プランを発表しました。

ですが、この新プランに批判が殺到しています。。

・どんな内容なのか?
・既存プランは残るのか?

などまとめてみました。



新プランの概要

au新プランは、「データMAX 5G with Amazonプライム」です。

特徴は下記の通りです。

・提供開始は、2020年12月11日から。
・データ容量の上限がなく「Amazonプライム」「TELASA」(動画視聴サービス)の利用料がセットになったプラン
・割引を適用しない場合の価格は月額9350円(税別)
・月間のデータ使用量が2GB以下の場合は自動で7870円に値下げ

月額3,760円で利用できる可能性もあるのですが、それはあくまで下記の全てのオプションを入れたことが条件になります。

家族割プラス2人:-500円
家族割プラス3人:-1,000円
家族割プラス4人:-2,020円
auスマートバリュー:-1,000円
スマホ応援割III ※翌月から6カ月間:-1,400円
5Gスタート割※翌月から12カ月間:-1,000円

この計算のややこしさや表現方法に批判が集まっているようですね。。

既存プランはどうなるの?

プランの高さに既存プランのままがいい。という声が多く上がっています。

実際、既存プランはどうなのでしょうか?

現時点では、既存プランも残る見込みですが、今後新プランがベースになってくるかと考えられます。

今後、機種変更や新しくauプランを契約する方は、新プランがメインになると思いますので、なかなか抵抗が出てしまうかもしれませんね。。

ひょっとすると、批判を受けて既存プランも残る可能性も考えられます。

こちらは分かり次第お伝えさせていただきます。

世間の反応は?

まとめ

auの新プラン発表に伴って、既存プランがどうなのか?

調べてみました。

docomoに先をされてしまった状態で、ユーザーがガッカリしている状態です。

今後の発表に期待するしかないですね。。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。