金子恵美の線引きはどこ?新刊「許すチカラ」の宣伝?【ビジネス不倫疑惑】

元衆議院議員で実業家の宮崎謙介さんが11月27日に週刊誌で、中国地方に住む医療従事者の女性をSNSで口説いて肉体関係を持ったと報じられました。

2度目の不倫報道を受けて、世間から大バッシングをくらっている宮崎謙介さん。

元衆院議員の宮崎謙介さん・金子恵美さん夫妻が、2度めの不倫報道を受けても9日放送の『サンデージャポン』に生出演し、視聴者からは「痴話喧嘩は家でやってほしい」「本当にただのビジネス夫婦」と批判する声が上がっています。

週刊誌での報道が出る前に妻である金子恵美さんが『許すチカラ』という新刊を発行しましたが、宣伝目的のためのビジネス不倫ではないかと噂されています。

夫婦揃ってのテレビ出演など、普通の不倫報道ではまずないですよね。ビジネス不倫と呼ばれてしまう真相を調べていきましょう。



宮崎謙介の不倫内容とは?


宮崎謙介さんの1度目の不倫は4年前で、今回の不倫は”4年ぶり2度目”とも言われています。

その表し方だと、甲子園に出場するかのような言い方で違和感を感じますね。

前回の不倫騒動をきっかけに議員辞職までしたわけですが、やはり今回の2度目の不倫をしてしまったということで「人間としての欲」には抗いきれなかったようです。

今回は、中国地方に住む医療従事者の女性をSNSで口説いて肉体関係を持ったと報じられました。

この女性は宮崎さんを本気で好きになってしまったと言い、遊ばれたことに怒っている様子だったそうです。

当時、コロナ過での激務のため、ギスギスした職場の人間関係に悩んでいた女性は、宮崎さんの励ましの言葉に救われる思いがしたそうです。

「家庭の愛がわからない」
「誰かに必要とされたい」

といった思いが人一倍強かったといい、そこも不倫に繋がってしまった原因といえるでしょう。

宮崎さんも女性に「可愛いね、会いましょう」「甘やかせてくれよ笑 優しいボインは最強ね」などといったメッセージを送り、LINEの通話機能を使い1時間にわたって直接話を交わしていたそう。

LINEなどでメッセージのやりとりをしていた宮崎さんと女性はその後会うことに。

Go Toトラベルの割引制度を利用し、案内された部屋は1泊6万円超の高層階のエグゼクティブフロア。

「彼が部屋に来るまでのやりとりはずっとLINEでした。スタンプを送っては消しての繰り返しで、来る途中もどこかで自分が尾行されていないか、とても警戒している様子でした。」と女性は話しており、一応不倫がばれたくないといったところでしょうか。

1度も許されない不倫という行為ですが、2度目と考えると本当に最低な行為ですね。

宮崎夫婦揃ってテレビに出演?違和感があると話題に

このような不倫報道を経て、29日放送『サンデージャポン』に宮崎夫婦揃って出演しました。

神妙な面持ちで「最初は相談に乗っていたが、調子に乗って行き過ぎたコミュニケーションをしてしまった」「この4年間の間に私のことをもう一回信頼しようとしてくださった知人や一般の方々の期待を裏切ってしまったことを反省したい」と説明。

妻に対しても「前回より今回の方が重たい。信頼を回復していきたい」と話し、奥様である金子さんも「離婚することは考えていない」と冷静な態度で明言しました。

まず、不倫報道が出た夫婦が揃ってテレビ出演していることに疑問を感じている視聴者が多かったようです。

https://twitter.com/tobridge777/status/1332720584904429569?s=21

過去のケースとして夫が不倫した妻がSNSで謝罪をすることなどはあったものの、不倫した夫とともに妻とテレビ出演することはかなり稀です。

普通が何かはわかりませんが、普通であれば不倫された夫婦はメディア露出なども少なくなることが多いです。

そんな中の夫婦揃ってのテレビ出演には驚きました。

宮崎夫妻はビジネス不倫?

今回の不倫騒動は、2人によるビジネス不倫?とも言われています。

それは妻である金子さんが先月出版した著書『許すチカラ』という前回の不倫を許した経緯などを記したことが関係しています。

先月に新刊を出版し、その直後に2度目の不倫。不倫を”許すチカラ”に関する内容の著書になりますので、このタイミングでの出版はタイムリーな感じはします。

またこのように奥様にも迷惑をかけているにもかかわらず「離婚はしない」としている金子さん。

普通であれば言葉にも表すことのできない怒りで決してすぐに許すことはできないと思います。

そんな中の離婚をしないという決断には少し違和感を感じます。

この不倫騒動により夫婦お互いの知名度は上がりますし、世間からの注目度もグッと上がります。

ただビジネス不倫とも言われているだけあり、

・2人のビジネス不倫には興味がない
・こんな報道はわざわざメディアが取り上げることではない

といった声も聞こえてきます。

確かに不倫騒動は本人同士の問題であり、他人がどうこういう問題ではないのでメディアでも過剰に取り上げられすぎていると感じます。

そんな中の”ビジネス不倫”と言われるほどの内容の不倫は、より視聴者からも反感を食らうかもしれませんね。

「線引き」ってどこ?詳細は本で?

2度も不倫が発覚にしたにもかかわらず、離婚はしないとした金子さん。

なぜ離婚をしないのか、それは夫婦間での線引きを設けているとのこと。

その線引きについては、本の中に書いてあるとコメントしています。

このことから、やはり書籍の宣伝目的なのでは?という声が挙がっています。

内容が内容だけに真相は本人しかわかりませんが、コメントで「本」について触れているとなると、少し疑惑が浮かんでしまいますね。。

まとめ

宮崎謙介さんは4年ぶり2回目の不倫をし、また夫婦揃ってのテレビ生出演をしました。

奥様である金子さんは先月『許すチカラ』といった著書を出版しており、また2度目の不倫にもかかわらず「離婚はしない」といった供述もしており、ビジネス夫婦なのではとも言われています。

今度宮崎さんがどのように世間からの信頼を取り戻すか、また奥様の金子さんの行動言動にも注目していきたいと思います。

どっちみち不倫騒動は2人の問題ですので宮崎さんには反省の気持ちを忘れず、態度で示してほしいと思います。