見ない宣言続出!渡部建ガキ使で復帰は子供に悪影響?視聴率はどうなる?

無期限活動自粛をしていた芸人の「アンジャッシュ」渡部建さんが2020年の大晦日に放送予定の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけないシリーズ」で復帰することが明らかになりました。

今回の復帰報道を受けて、世間では、非難の声が飛び交っています。


「渡部さんが復帰するなら、今年のガキ使は見ない」

という声があるほど。。

見ないという意見や視聴率がどうなるのか?など調べてみました。

「ガキ使・笑ってはいけない」出演の経緯は?

 「番組の企画会議で“渡部さんの復帰の場になれば”という話が持ち上がり、先月20日ごろに大まかな話がまとまったようです。これまでも“笑ってはいけない”で、スキャンダルから復帰した人もいますし、何とかうまくいってほしいと願っています」(制作スタッフ)。

 マイナスイメージが強い不倫騒動だけに、スポンサーのこともあって局側では慎重に協議。「最終的に出演が決まったのは今月17日。間違いなく大みそかに出てくる」(同局関係者)という。
引用;スポニチ

とのことで、先月から話が挙がっていたようですね。

協議結果、11月17日に参加が決まったようです。

見ない方々の声

まず、「見ない」と答えている方の声をまとめてみました。

すると、ざっくり3つの理由が挙げられています。

見ない理由その1:生理的に受け入れられない

これが一番多い理由だと思います。

今更、取り上げる必要もないくらい、嫌っている人はたくさんいます。

見ない理由その2:子供に悪影響


内容が内容だけに、子供に悪影響を与えないようにと見ないようにする方もいらっしゃるようです。

確かに説明するもの、正直嫌ですし、イタズラでもされたら大変ですもんね。。

見ない理由その3:家族が見たくない


自分はあまり抵抗がないけど、家族の中で渡部さんを嫌っている人がいて見ることができない。。

という方も一定数いらっしゃるかと思います。

興味より、目の前のコミュニケーションが大切ですよね。。

視聴率はどうなる?

こんなに見ないという意見が飛び交っていると、どうしても気になってくるのは番組の視聴率ですよね。

一見、下がってしまうのではないか?と思いがちなのですが、意外とそんなことはなさそうです。

なぜ、そう言えるのか、まとめてみました。

視聴率に影響がない説1:ずっと見ている人が見る

まず一つは、長年視聴し続けていた「ガキ使」ファンが根強く存在しているからです。

渡部さんの存在どうのこうのではなく、「ガキ使」で1年を締め括りたいと思っている人は少なくないと思います。

視聴率に影響がない説2:逆に気になる人がいる


もう一つは、嫌悪感もあるものの、どうやって渡部さんが出てくるのか、気になっている人が相当数いると思います。

約半年ぶりの番組出演になるわけですから、チェックしている人は多いでしょう。

釈然としないですが、むしろ一番視聴率が取れる場合もありますよね。。

まとめ

渡部建さん出演に対する、世間の反応について考察してみました。

「見ない宣言」がTwitterで出回るほど、炎上していますが、その分気になっている人も多いはずです。

番組関係者も渡部さんを来年以降、番組起用するかどうかを判断する大きな材料の一つですから、見ずにはいられないはずです。

見るかどうかは、最終自己判断で、ご自身の一番良い形での年越しを出来たらいいですね。

今後も随時、情報を更新させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。