レペゼン地球解散は本当?釣り目的のドッキリで炎上?博多Lifeに改名?

Youtuberグループ、レペゼン地球が11月4日、今年12月26日の福岡PayPayドームでのライブをもって解散を発表しました。

ファンからは、驚きや悲しみの声が挙がっています。

ただ、誰もが驚く企画力を彼ら。

・釣り目的の炎上商法じゃないの?
・本気なら解散する理由や原因は?
・博多Lifeとして再結成?
・ドッキリなのでは?

など気になっている方が多いと思います。

今回は、レペゼン地球の解散について調べてみました。

レペゼン地球とは?

音楽グループかつYouTuberグループです。チャンネル登録者数は247万人。

DJ社長を中心とした福岡県出身の5人で構成されています。

DJ社長:木元駿之介
1992年8月29日
AB型・福岡県・
メンバーカラー青

DJふぉい:松本絃歩
1996年7月24日
AB型福岡県
メンバーカラー紫

DJ銀太:内田匡
1995年9月27日
A型福岡県
メンバーカラー銀

MG脇:脇将人
1995年11月6日
A型福岡県
メンバーカラー黄

DJまる:松尾竜之介
1996年4月30日
O型福岡県
メンバーカラー赤

結成当初から「ドームでのライブ」を目標に掲げており、2019年9月7日8日にメットライフドーム(西武ドーム)でのワンマンライブ開催を発表しました。

その際に準備期間として3ヶ月間の活動休止をしましたが、ある企画が炎上したことにより、ドーム公演が中止になってしまいました。

そして、今回見送ってきた夢がついに叶うということですね。

レペゼン地球の解散はドッキリ?

SNSを見ると、解散自体、ドッキリなのではないか?という意見もあります。

これまで視聴者が驚くニュースやイベントをたくさん仕掛けてきた彼ら。

ひょっとしたら今回も仕掛けがあるかもしれませんね。

ただ、今回もドッキリや釣り目的の炎上商法であれば、嬉しいファンもいる反面、ついていけないと思う人もいるようです。

釣り目的の炎上商法だったら、一気に冷めてしまう人も一定数いるかもしれませんね。。

レペゼン地球の解散は本当?

そんな中、今回は本当なんじゃないか?という意見も飛び交っています。

シングル曲名がメンバーゆかりの会社名と同じであることや、夢のドーム公演が実現したことで、レペゼン地球の活動に一度終止符を打つ可能性も大いに考えられます。

何より、メンバーの空気感から本気度がひしひしと感じられます。

博多Lifeとして改名?

またTwitterで話題になっているのは、『博多Life』。

・グッズのTシャツには、レペゼン地球ではなく、、『博多Life』がデザインされている
・解散発表のサムネイルの最後に『博多Life』の文字


などから、レペゼン地球を解散させて博多Lifeに改名する予定なのでは?という推測が生まれています。

博多Lifeジャケットの意味については下記の記事でより細かく解説しています。合わせてご覧ください。

博多Lifeジャケットの英文の意味が超重要?

まとめ

今回は、レペゼン地球の解散について調べてみました。

本気なのか?ドッキリなのか?はたまた、改名なのか?

こればかりは推測の粋を出ませんが、ライブにかける彼らの想いは本物だと思います。

12月26日のラストライブで、全てが明らかになるでしょう。

またレペゼン地球は解散されたとしても、今後の彼らの活動は楽しみですね!

またライブまで日があるので、彼らのからの発信があるかもしれません。

情報が入り次第、更新させていただきますね。