大村健一逮捕|Supreme(シュプリーム)のコラボ,ブランド,株価,評判の影響は?

12月18日の深夜、人気ファッションブランド「Supreme」を販売する会社の代表取締役、大村健一さんが覚醒剤所持の疑いで逮捕されるという報道がありました。

ホテルの待合室で袋に入った覚醒剤(約1.1g)を所持していたところを逮捕された、とのことです。

代表取締役が起こしてしまった事件ということで、Supreme(シュプリーム)への影響が気になります。

・Supreme(シュプリーム)のコラボへの影響は?
・Supreme(シュプリーム)のブランドや評判への影響は?
・Supreme(シュプリーム)の株価への影響は?

など調べてみました。



事件のニュース

Supreme(シュプリーム)って何?

Supreme(シュプリーム)はアメリカ合衆国のスケートボードショップおよびファッションブランドです、

1994年にニューヨーク・シティで創業、スケートボード文化やヒップホップに影響を受けたアイテムが多いブランドです。

日本でも若者を中心に人気があるブランドですね。

Supreme(シュプリーム)の株価への影響は?

Supreme(シュプリーム)の株価への影響はあるのでしょうか?

現時点では株価の動きはまだ見えていませんが、今回の事件はSupreme(シュプリーム)を販売する会社の取締役が引き起こしてしまったことであり、ブランド自体にはあまり影響はないかもしれません。

Supreme(シュプリーム)のコラボへの影響は?

Supreme(シュプリーム)は、若者に人気のブランドということで、NIKE、ギャルソン、ルイ・ヴィトンなど、有名ブランドと多くのコラボ商品が出ています。

またYoutuberもかなり企画として取り上げています。

上項で記載させていただきましたが、ブランドと事件の繋がりのイメージがあまり感じることはなさそうです。

Supreme(シュプリーム)自体のカッコよさは変わらないといったところでしょうか。

世間の声は?

まとめ

【大村健一逮捕】Supreme(シュプリーム)のコラボ,ブランド,株価,評判の影響は?というテーマで調べてみました。

やはりSupreme(シュプリーム)自体への影響はあまり少ないかもしれません。

今回の事件を調べていく上で、ブランド側との関連性が見つかった場合は、何らかの打撃になりそうですね。

続報が入り次第、更新させていただきます。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

大村健一さんのプロフィールは?

現時点で、わかっていることをまとめさせていただきます。

大村健一さん
年齢:52歳

Supreme Daikanyama(シュプリーム ダイカンヤマ)の代表取締役
Tel 03-5456-0085
住所 〒150-0034東京都 渋谷区代官山町1-6広田代官山ビル 1F
営業時間 11:00~20:00
定休日 無休