違法マイクとは?ニチアサ,キラメイジャーのラップがヒプマイをパクり?【画像】

たびたび、「違法マイク」というワードがTwitter上でトレンド入りしています。

・違法マイクとは何なのか?
・なぜトレンド入りしているのか?

など気になったのでまとめてみました。



違法マイクとは何なのか?

違法マイクとは、音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」シリーズに登場するマイクのことだそうです。

要点だけ解説すると、、
・「ヒプノシスマイク」は対立するグループがラップでバトルを繰り広げる世界
・ある党(グループ)が認可していない非合法なマイクが違法マイク
・違法マイクを使った犯罪が行っているという設定
・粗悪品のものもあれば、殺傷能力が高いものもある

という感じです。

簡単にいうと、「ヒプノシスマイク」の設定の一つということですね。

ヒプノシスマイク(ヒプマイ)って何?

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』は、キングレコード内レーベル・EVIL LINE RECORDSが手掛ける男性声優による音楽原作キャラクターラッププロジェクト。通称「ヒプマイ」。当初は4チームで12人だったが、2019年9月7日・8日に開催された4th LIVEにてメインキャラクターが18人となり合計6チームとなった。

武力による戦争が根絶され、女性が覇権を握るようになったH歴。男性を完全排除した中王区(ちゅうおうく)と呼ばれる区画で、女性による政が行われるようになった。そこで定められたH法案により、人を殺傷するすべての武器の製造禁止、及び既存の武器の廃棄が命じられた。しかし、争いは無くならない。争いは武力ではなく、人の精神に干渉する「ヒプノシスマイク」にとって代わった。このマイクを通したリリックは、人の交感神経・副交感神経等に作用し、様々な状態にする力を持つ。

男性は中王区外イケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、シンジュク・ディビジョン・ナゴヤディビジョン・オオサカディビジョン等の区画で生活をしている。各ディビジョン代表のMCグループは、争いに親和性のあるラップを使ってバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。

兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたテリトリーバトルが始まる。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%97%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF#%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC

違法マイクがトレンド入りワケはキラメイジャー?

なぜ今回、違法マイクがトレンド入りしたのでしょうか?

それは、ニチアサタイムに放送されているキラメイジャーの12月20日放送回が原因のようです。

12月20日放送回(エピソード36)は「RAP【ラップ】」というタイトルで、「闇のMCバトル」と称した対戦が繰り広げれることに。

その際に出てきたマイクが「ヒプマイの違法マイク」じゃないの?ということで話題になったということですね。

実際の画像はこちら。

世間の反応は?

まとめ

違法マイクとは?ヒプマイとニチアサのキラメイジャーの関係は?について、調べてみました。

たびたびトレンド入りしている、「違法マイク」ですが、ヒプノシスマイクの設定で、今回はキラメイジャーに似たシーンが登場して話題になったというわけですね。

「違法マイク」というワードが強烈なので、今後、別のアニメでも連想されそうなシーンが出た場合その都度、話題になりそうです。

いずれにしても、面白ネタで安心しました。

最後までご覧くださりありがとうございました。