近藤真彦(マッチ)のwikipediaが爆笑大喜利状態に!現在は更新不可に!

近藤真彦(マッチ)さんの不倫報道で世間がにぎわっております。

 

にぎわっているのはウェブ上でも、wikipediaが盛り上がっている様子なのです。

 

実際にサイトは更新できない状況になっていますが、Twitterではその話題で盛り上がっていますね。

 

実際、どんな感じになっているのでしょうか?

 

見ていきましょう!

 

近藤真彦(マッチ)に不倫報道!

 今年、デビュー40周年を迎えた歌手の近藤真彦(56)。1980年代男性アイドルのトップを走り続け、87年には「愚か者」でレコード大賞を受賞。近年はレーシングチーム監督としても実績を上げている。ジャニーズ事務所最年長タレントとして、後輩たちから「マッチさん」と尊敬を集める立場だ。私生活では1994年に一般女性と結婚。一児の父親でもある。そんな近藤が5年間にわたり、31歳の女性・A子さんと不倫関係にあることが「週刊文春」の取材でわかった。  10月下旬、近藤とA子さんの姿は、沖縄県最大級のリゾート地のゴルフ場にあった。一緒にプレーを楽しむのは、東証一部上場企業社長と別の大企業会長、そして20代の女性2人らの一行。ホールアウト後、近藤はA子さんに即席レッスンを施し、A子さんが見事カップインさせると大仰におどけてみせた。  クラブハウスを後にした一行は、送迎車で広大な敷地内を移動。高台に位置し、人目を憚るには最適なホテルに到着すると、2人は最上階の部屋へと消えていった。  近藤とA子さんをよく知る人物が明かす。 「A子さんは、オーダースーツの会社を経営する若き社長です」  2人は5年前に会食で出会い、一目惚れした近藤が猛アタック。当時、A子さんと同棲していた男性から彼女を奪ったのだという。  11月7日、近藤にA子さんとの関係を訊ねると「無理無理無理無理」と連呼して足早に去った。改めてジャニーズ事務所に事実確認を行ったが、回答はなかった。最近、ジャニーズ事務所はスキャンダルや不祥事に厳罰で臨み、若手タレントは厳しい処分を受けているだけに、”長男”に対してどう対処するのか、注目される。  近藤とA子さんの5年にわたる不倫交際。近藤がA子さんに語ったかつての恋人・中森明菜。近藤がトリを飾った2015年紅白歌合戦の直前、A子さんに送ったメッセージ。近藤の不倫をカモフラージュする大物経済人は何者なのか。近年のコンプラ重視を強めるジャニーズ事務所と近藤の関係。そして、週刊文春の取材に対するA子さんの言葉。詳細はグラビア頁と併せ、11月12日(木)発売の「週刊文春」で計7頁にわたり報じている。

引用先:https://news.yahoo.co.jp/articles/c53625ea403054f8652fea4aa283d459e6ea4deb

ネット上でもものすごく話題になっていますね。

 

週刊文春の報道では、山Pこと山下智久さんの退所報道が話題になっていましたが、もっとすごいのが出てきましたね。

 

これから、どんなことになるのかわからないのですが、ふとTwitterをみていると、近藤真彦さんのwikipediaが編集されて、大喜利状態になっているとの情報をつかんだので、実際にどうなっているかみてみました。

 

 

近藤真彦(マッチ)のwikipediaが爆笑大喜利状態に!現在は更新不可に!

 

近藤真彦(マッチ)さんのwikipediaが大喜利状態になっているおとTwitterでは盛り上がっていました。

 

実際のところ、見てみると、元の状態に戻されており、編集できない状態になっているようです。

なんかいろいろとTwitterでは騒がれていましたが、今のところは元に戻っており、更新できない状態になっているようですね。

 

実際にどんな感じだったのでしょうか?

 

見ていきましょう!

 

近藤真彦(マッチ)のwikipediaが爆笑大喜利状態に!現在は更新不可になってます!

 

実際にはどうなっているのか、Twitterでネタ合戦のようになっていますので、みていきましょう。

 

 

なんだか、下ネタ満載でしたね。

 

ちょっと載せるのに厳しそうなのは、載せませんでした(汗)。

 

近藤真彦(マッチ)のwikipediaが爆笑大喜利状態に!現在は更新不可に まとめ

 

近藤真彦(マッチ)さんのwikipediaが大喜利状態になっているのについてまとめてみました。

 

実際はもう見ることができないのですが、Twitterに少し残っていただけでも、面白かったですね。

 

思わず、爆笑してしまいました。

 

wiki更新職人みたいな人がたくさいるんですね。

 

まだまだいろんな話が出てくるかもですね。

 

今回も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!