povo(ポヴォ)とahamoの違いは?auの新プランをKDDIが発表!

  • 2021年1月13日
  • 2021年1月13日
  • 生活

KDDIが2021年1月13日にauのオンライン専用ブランドとして「povo」(ポヴォ)を発表しましたね。

菅総理大臣の声から、一気に値下げ競争が過熱しつつありますが、今回のau新プランはどのような感じなのでしょうか?

先に発表がありましたNTTドコモの「ahamo」とかソフトバンクの「softbank on LINE」との違いはどうなっているのでしょうか?

いろいろと気になりましたので調べてみました。

ぜひともチェックしてみてくださいね。



KDDI発表のau新プランpovo(ポヴォ)の特徴は?

povo(ポヴォ)の意味は?

サービス名の「povo」は、”新たな視点”を意味する「point of view」と”誕生と成長”を意味する「above」の一部を組み合わせた造語となります。なお、サービス自体は、シンガポールでオンライン特化の携帯電話事業を展開する「Circles Asia」社の協力のもと提供します。

引用先:https://japanese.engadget.com/kddi-au-010440848.html

povo(ポヴォ)というかわいい名称ですが、この由来は、上記の誕生と成長という意味を込めた造語ということですね。

たしかに、大手携帯会社によるさらなる前進と言った感じですかね?

具体的なサービスはどのような内容なのでしょうか?

料金と使用データ量は?

今回発表されたのは、注目はここなんじゃないでしょうか?

 

20GBが月額2,480円で利用可能

 

なんと20GBで月2,480円ということですね。

後程、他社と比べてみますが、12月初旬に発表された内容はいろんな値引きサービスを組み合わせてこの値段になっていないかということが気になるところです。

 

と思って調べてみたところ、先日の発表とは違い、povoという新プランを立ち上げ、オンライン専用としたところで、他社と違った内容を目指しているようですね。

また、eSIMにも対応しているということです!

 

超個人的な話で恐縮ですが、私の職場自体がドコモ回線がつながらなくて、au回線しかつながらないという場所なんで、非常にうれしい話ですね。

 

具体的には、次の表に示してみますね。

 

月額料金2,480円
月間データ容量20GB(超過時も最大1Mbpsで利用可能)
通話料金20円/30秒

 

さらなる特徴を見ていきましょう!

 

povo(ポヴォ)は追加トッピングできるプラン?

povoが新しく対応したのはトッピングという形で、臨時に追加できる一日プランのようなものがあるということですね。

 

具体的には、

24時間データ使い放題が、24時間200円で追加できる

データ追加は、1GB500円でできる

というものですね。

 

月単位での追加というのがほとんどだったと思いますが、この24時間だけデータ使い放題が200円でできるというのは魅力的ではないですかね?

でも、20GBも使ってさらに使い放題を使うって、どんな状況なんでしょうか?

かなりのヘビーユーザーかもしれませんね。

 

このトッピングという考え方は海外ではすでに提供されているようです。

タイの携帯会社ではyoutubeやfacebookをみるときに安くなるトッピングをユーザーが選択できるということです。

 

そして、このプランだと通話かけ放題がないようですが、どうなんでしょうか。

以下のように発表されています。

・5分以内かけ放題(500円/月)

・通話かけ放題(1500円/月)

やっぱり、ここの部分がなかったので少し安くなってのでしょうか?

 

通話メインでなく、データ利用がメインとして考えたら、かなり安いのでしょうかね?

 

povoの提供開始時期・予約や申し込み方法は?

新プランpovoの提供開始時は、2021年3月ということです。

楽しみですね!

実際の予約や申し込み方法はまだアナウンスされていないようです。

また続報が出次第、記事を更新しますね。

povo・ahamo・softbank on LINEの違いは?

大手携帯会社の違いを分かりやすく示すために表を作成しました。

以下にご覧ください。

auNTTドコモソフトバンク
プラン名povo(ポヴォ)ahamo(アハモ)Softbank on LINE
月額料金2480円2980円2980円
データ容量20GB20GB20GB
1回5分までの話し放題500円無料無料
国内かけ放題1500円1000円1000円
メールアドレスなしなしなし
家族割・光回線割引なしなしなし
eSIM対応未定対応
申込先オンラインオンラインオンライン
特徴200円で24時間データ使い放題などをトッピングできる。与えられたデータ容量は、世界82の国と地域でも使用できる。LINEのデータ通信については使い放題になっている。

こういうこういう風にまとめてみると、それぞれの特徴がわかりますね。

それぞれ運用で差をつけてきた感じですね。

それぞれの自分の用途に合わせて選べるようになったのではないでしょうか。

でも値段が横並びというのは、少し残念な感じはしますね。

povo(ポヴォ)とahamoの違いは?auの新プランをKDDIが発表!の世間の声は?

世間の声をまとめみてました。

 

まとめ

今回新しく発表されたauの新プランであるpovo(ポヴォ)についてまとめてみました。

NTTドコモとソフトバンクとの違いも明確にしております。

実際には、あまりドコモにもソフトバンクにもない特徴があり、かなり頑張ってくれたというか、やればできるじゃん!って感じがしました。

早速予約がいつできるのかとか、さらに調べてみたいと思いました。

私自身は、au回線のeSIM対応を待ち望んでいたので、また契約ができたら使用感などをお知らせしたいと思いました。

デュアルSIMが使用できるiphone 11 pro max のメインはドコモで、サブがauという使い方でとかいろいろ想像が膨らんで楽しみです。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。