選抜高校野球2021春の注目選手まとめ!

2021年選抜高校野球大会の出場校が発表されました。

昨年は史上初めて開催が中止となった選抜大会ですが、今年は無事開催されます。

 

そこで出場校の中から注目選手をピックアップしてみました。

今大会には例年になく好投手がそろっています。

特に近畿にプロ注目投手が目白押しです。

 



選抜高校野球2021春の注目選手を紹介!

・小薗健太(こその・けんた)市立和歌山 投手 右投右打 184cm/86kg

中日スポーツ
中日スポーツ

すでに今年のNO,1投手と評価されています。

150キロ台のストレートは威力充分で、カットボールは打者の手元で鋭く曲がります。

2種類のツーシームも空振りのとれるボールと詰まらせるボールと投げ分けています。

ストレートの球質が良く、回転数が高いのが特徴です。

柔らかな身体を活かしたフォームで上半身の使い方が上手です。

 

この時点で一昨年の奥川恭伸(星稜→ヤクルト)佐々木朗希(大船渡→ロッテ)クラスの投手と評するスカウトもいます。

 

・松浦慶斗(まつうら・けいと)大阪桐蔭 投手 左投左打 184cm/91 kg

週刊ベースボール

ガッチリした体形から150キロの速球を投げ込む大型左腕です。

変化球もスライダー、カーブ。スプリットを操ります。

リリースポイントが見辛く直球にキレがあります。

 

小学校1年生の時、東日本大震災に遭い母の実家の帯広に避難、その後旭川に移りました。

その時から野球をやれることに感謝を忘れたことはありません。

父吉仁さんも2度甲子園の土を踏んでいます。(北海高校)

 

・関戸康介(せきど・こうすけ)大阪桐蔭 投手 右投右打 179cm/80kg

スポーツ報知

伸びのある直球とキレ味鋭いスライダーを武器にしています。

154キロのストレートは今大会でも1,2のスピードを誇ります。

 

肘の使い方が上手く球持ちの良いフォームから快速球を繰り出します。

中3時に軟式で146キロをマークしており、身体能力の高さが覗えます。

強豪大阪桐蔭を松浦慶斗と支えており、同じチーム内にライバルがいてモチベーションを高めています。

 

・畔柳享丞(くろやなぎ・きょうすけ)中京大中京 投手 右投右打 177cm/80kg

BASEBALLKING

名門中京大中京が昨年の髙橋宏斗(中京大中京→中日)に次ぎ、今年も好投手を産んでいます。

昨夏はベンチから外れましたが、新チームでエースを任されると一気に頭角を現わしました。

 

MAX151キロの速球を躍動感あふれるフォームから投げ込んできます。

腕の振りがシャープで打者は差し込まれるケースが目立ちます。

変化球もスライダー、チェンジアップを低めに集め決め球にも使っています。

時折投げる110キロ台のカーブも緩急をつけるのに有効です。

 

マウンド上でのしぐさも落ち着きがあり、牽制、クイックも上手で旧チームであまり登板がなかった投手とは思えません。

そんなところにセンスの良さを感じますね。

 

・達孝太(たつ・こうた)天理 投手 右投右打 193cm/88kg

realsports

193cmの長身から投げ下ろす直球は魅力たっぷりです。

直球は140キロ中盤ながら角度があり、打者にはやっかいな球となります。

昨秋は近畿大会準々決勝で大阪桐蔭に大敗を喫し、スタミナ不足を痛感しました。

 

この冬ウエイトトレーニングで下半身を鍛え、体重も4キロ増量しています。

課題は変化球のばらつきですが、低めに決まった時のフォークボールには見るべきものがありました。

 

目標はダルビッシュ投手で将来は大リーグを夢見ています。

将来性豊かな投手であることには間違いありません。

 

・前川右京(まえかわ・うきょう)智弁学園 外野手 左打左投 177cm/88kg

高校野球ニュース

通算30本塁打の大型スラッガーです。

ボールを確実に捉えて遠くに飛ばせます。

逆方向に長打が打てるのも魅力です。

 

1年春からレギュラーになり夏には主軸を担っていました。

勝負強さがあり打席でも雰囲気があります。

左右の違いがありますが、7つ上のOB岡本和真(巨人)を彷彿させてくれます。

 

・小澤周平(おざわ・しゅうへい)健大高崎 内野手 右投左打 170cm/70kg

sportiva

1年春からスタメンに顔を出しています。

入学早々の6月の練習試合で先頭打者ホームランを放ち、周囲の度肝を抜きました。

 

小柄ながらパンチ力があり、鋭いスイングが光ります。

長打だけでなく確実性のある打撃で技術の高さを裏付けています。

 

凡打を恐れないメンタリティの強さと狙い球を見逃さないコンタクト力の高さを持った選手です。

機敏にこなす守備も定評があります。

 

・池田陵真(いけだ・りょうま)大阪桐蔭 外野手 右投右打 172cm/80 kg

東京中日スポーツ

強打大阪桐蔭の中心選手です。

U15日本代表の堂々4番を務めました。

当時のチームの誰もに「一番凄い打者は池田」と言わしめた実力の持ち主です。

打撃の完成度はトップクラスのものがあります。

 

昨年夏もトップバッターとして甲子園に出場しました。

小柄ながら長打が打てる打撃はOBの森友哉(西武)とよく比較されます。

小学校の頃から、追い込まれてもフルスイングする打撃スタイルを貫いています。

 

ベンチプレス125キロを揚げるパワーが類まれなヘッドスピードを生み出しています。

昨秋の大阪大会では3試合連続ホームランを記録しました。

 

もともと捕手であり強肩を誇っています。

主将としてスター軍団大阪桐蔭を引っ張る人間性も高く評価されます。

 

・阪上翔也(さかうえ・しょうや)神戸国際大付属 投手兼外野手 右投左打180cm/85kg

高校野球ドットコム

投打二刀流で注目される選手です。

投げてはMAX145キロの速球を放り、通算17本の本塁打も記録しています。

1年夏の兵庫大会では決勝で明石商に敗れ涙を飲みました。

最後の打者となり悔しい思いをしています。

 

インサイドアウトに振り出すスイングは伸びる打球に繋がっています。

ポテンシャルの高さでは今大会でも1,2を争う選手でしょう。

 

・高木翔斗(たかぎ・しょうと)県立岐阜商 捕手 右投右打 186cm/90 kg

東京中日スポーツ

強肩強打の大型捕手です。

中学時代は軟式野球で活躍、場外ホームランを打つなど注目されました。

高校入学後は1年春からベンチ入り、春の東海大会でもマスクを被り5打数3安打1打点をマークしました。

 

1年秋にはチームトップの16打点をあげています。

勝負強い打撃が持ち味で通案本塁打も15本記録しています。

遠投100mの強肩も高い評価を得ています。

 

まとめ

今年は例年になく好選手が揃いました。

まだここに紹介できなかった注目したい選手も何人かいます。

 

また高校生は伸び盛りで、ひと冬越して驚くほど成長している選手も出てくるでしょう。

いずれにせよ3月の大会が楽しみです。

 

読了いただきましてありがとうございました。