管首相の忘年会(ステーキ会食)はどこ?安倍首相やエイベックス社長が常連?

管首相が高級ステーキ店で忘年会をしていたことが問題になっていますね。

管首相が忘年会で使った高級ステーキ店はどこなのでしょうか。

 

高級ステーキ店がどこなのか調べてみると、安倍首相や著名人が通っていたお店だったことが明らかになりました!

 

管首相が忘年会で使った高級ステーキ店はどこなのか、安倍首相などそのお店の常連客についてまとめてみました。



管首相の忘年会(ステーキ会食)

管首相が高級ステーキ店で忘年会を開催していたことが物議を醸しています。

 

管首相は忘年会を開催したのは14日の夜。

新型コロナウイルスに対する経済政策の「GoToトラベル」の全国一斉停止を発表した直後の夜だったのです。

 

この高級ステーキ店での忘年会の出席者は、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長、俳優の杉良太郎さん、さらに、政治評論家に別室にいたというタレントのみのもんたさんら8人ほどだったようで、大人数での会食というコロナ禍では避けるように散々言われていることを、一国のトップがしているという事態に怒りの声が上がっています。

言っていることとやってることがチグハグですよね…。

管首相にもともと悪いイメージはありませんでしたが、今回は落胆してしまいました。

管首相の忘年会(ステーキ会食)はどこ?

管首相の忘年会(ステーキ会食)はどこのお店なのでしょうか。

調べてみると、「銀座ひらやま」という高級ステーキ店だということがわかりました。

管首相の忘年会を開催した「銀座ひらやま」は完全予約制の高級ステーキ店で、ランチでも3万円、ディナーとなると平均予算5万円〜6万円ともなるお店です。

テイクアウトで一番安くても4000円、ケーキも3000円からとどう見ても一般人が来れる場所ではないですよね。

管首相が忘年会をした「銀座ひらやま」は安倍首相や著名人が常連?

管首相が忘年会をした「銀座ひらやま」安倍首相や著名人も通っていたという情報があります。

安倍前首相は「銀座ひらやま」の常連!

2017年11月のデイリー新潮の記事には「銀座ひらやま」と「かわむら」というお店が「安倍首相が足繁く通う高級ステーキ店の双璧。」「味もサービスも、そして値段も文字通りのツートップ」と紹介されています。

 

首相の動きが書かれている首相動静に「銀座ひらやま」は5回も登場しているようです。(2017年10月末時点)

 

安倍首相の首相動静に最初に「銀座ひらやま」が登場したしたのは13年9月で、三木谷浩史・ 楽天社長、藤田晋・ サイバーエージェント社長、松浦勝人・ エイベックス・グループ・ホールディングス社長などの財界人が同席していたようです。

それ以降は4回とも河村建夫衆院議員が同席していたということです。

銀座のママに愛される「銀座ひらやま」

Youtuberのてんちむが働くことになって知名度が最近高まっている銀座クラブNanae。

そのオーナーの唐沢菜々江さんもよく「銀座ひらやま」を使っているようで、インスタグラムに写真を投稿されていましたよ。

 

銀座という立地からクラブのママにも愛されているようです。

まとめ

管首相が忘年会で使った高級ステーキ店はどこなのか、安倍首相などそのお店の常連客についてまとめてみました。

新型コロナウイルスは至近距離での会話や会食による感染が多いと言われていて、会食で起こったクラスターのうち、8割が5人以上の会食だったそうです。

 

管首相らが高級ステーキ店での忘年会メンバーは料理を食べる時だけマスクを外し、それ以外はマスクをしていたそうですが、マスクを外して喋っていたり、飛沫が飛んでいたら意味がありません。

国民から行動を注目される立場にいるので、経済対策である「Go toトラベル」の停止を発表した直後のようなタイミングでの行動としては本当に不適切だと思いました。

このようなタイミングで会食を行う必要があると判断しても、一般には知られない形で行うとか、報道される可能性があるのならば感染対策をきちんと行なっていることをアピールするとか…もう少し考えがいたらなかったのでしょうか。

 

管首相の今回の高級ステーキ店での会食は、少し国民をなめているような気がしてしまいます。

管首相がこの件に関してどのように対応するのか、謝罪をするのか、注目していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。