小林麻耶と國光吟の子供はいる?妹麻央と海老蔵の子供たちの面倒を見てる?

小林麻耶さんの番組降板や事務所の契約解除が話題となり、旦那(夫)の國光吟にも注目が集まっています。

小林麻耶さんと旦那(夫)の國光吟さんの間に子供がいるという話は聞いたことがないのですが、子供はいるのでしょうか?

調べてみると、妹麻央さんと海老蔵さんの子供たちの面倒を見ているという情報が。

 

小林麻耶さんと國光吟さんの子供はいるか、妹麻央さんと海老蔵さんの子供たちの面倒を見てるのかについてまとめてみました。

小林麻耶と國光吟の子供はいる?

小林麻耶さんと旦那(夫)の國光吟さん(くにみつあきら・35才)の子供はいるのでしょうか。

小林麻耶さんは現在41歳ですから。子供はいる?と思われる方も多いようです。

 

調べたところ、小林麻耶さんと旦那(夫)の國光吟さんの間には子供はいないようです。

小林麻耶さんの年齢から考えて、今から出産というのはハードルが高いでしょうからこのまま子供はいない家族として過ごしていくのでしょう。

小林麻耶さんは2018年に國光吟さんと結婚されています。

すでに40近い年齢だったので、結婚しても子供をつくらないときめていたのかもしれませんね。

 

また、小林麻耶さんの妹、麻央さんは2017年に亡くなっていて小林麻耶さんの精神状態も心配される事態になったり、芸能界を一時引退したりしていました。

そんな状況もあり、小林麻耶さんと旦那(夫)の國光吟さんも子供を、ということにはならなかったのかもしれません。

小林麻耶は妹麻央と海老蔵の子供たちのお世話をしてる?

小林麻耶さんは妹麻央さんと海老蔵さんの子供たちのお世話をしてるのでしょうか?

Yahoo知恵袋には2017年に

『小林麻耶さんは妹の亡き麻央さんが亡くなった後も、子どもたちの面倒を見ていると聞きましたが、ご飯も作ってらっしゃるのですか?確か麻耶さんは料理はできなかったような気がしたのですが練習などして、今は作っているのでしょうか?』

という質問があり

母親も一緒に面倒はみているということでしたから、お祖母ちゃんが孫にご飯を作ったりしていると思います。

と回答されていました。

小林麻耶さんが妹麻央さんと海老蔵さんの子供たちのお世話に関わっているようですね。

 

海老蔵さんの過去のブログをみると、麻央さんと海老蔵さんの子供にすっぴんで絵本を読んで挙げている姿海老蔵ブログより)や、子供に足を紐で結ばれて遊ばれている様子海老蔵ブログより)が紹介されていました。

しかしどちらのブログの2017年のもので、小林麻耶さんが國光吟さんが結婚された2018年以降は海老蔵さんの子供と遊ぶ姿は紹介されていません。(見つけられません。)

 

旦那(夫)の國光吟が「あきら。」という芸名でタレントデビューすることが決まった時のnewsポストセブンの記事をみると、

麻耶とあきら。は昨年7月に交際0日での結婚を発表。麻耶は所属事務所を退社して芸能界を引退していた。今回、突然の“夫婦デビュー”だが、“義弟”の市川海老蔵(41才)は口をつぐんだままだ。

「麻耶さんのブログ報告の翌日、イベントの会見に出席した海老蔵さんは“(再デビューについて)温かく見守ってあげればいい。元気になったら仕事をするのは当たり前”と麻耶さんについてはコメントしましたが、夫のあきら。さんについては、沈黙を貫いていました。結婚の時もほとんど話題にしませんでしたし、正直あまりかかわってほしくないと思っているようです」(芸能関係者)

と書かれています。

旦那(夫)の國光吟さんのタレントデビュー、市川海老蔵さんはあまり良く思っていなかったのかもしれません。

そのため、小林麻耶さんと市川海老蔵さんの子供たちの交流も減っているのかもしれませんね。

 

小林麻耶さんの旦那(夫)の國光吟さんに関しては、元整体師で、「宇宙ヨガ」というものをしていたり、遠隔ヒーリングなど、スピリチュアルに傾倒した”怪しいビジネス”なんじゃないかという声が上がっています。(参照:newsポストセブン

もしかしたら市川海老蔵さんは旦那(夫)の國光吟さんのそういった怪しい匂いを嗅いで、あまり近寄らないようにしているのかもしれません。

あくまでも推測の域をでない話ですが…

他に情報が入りましたら、記事を追記して更新させていただきます。

まとめ

小林麻耶さんと國光吟さんの子供はいるか、妹麻央さんと海老蔵さんの子供たちの面倒を見てるのかについてまとめてみました。

小林麻耶さんと國光吟さんの間にお子さんはいないようですが、子供がいる・いないは本人たちの自由ですし、子供がいなくても幸せな家族はたくさんありますから二人で幸せに暮らしていってほしいですね。

小林麻耶さんと國光吟さんに関しては世間から『洗脳?』というような声も上がっているので、社会や周りの人々と協調してバランスの取れた関係を築いて行かれたら良いのかな、なんて思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。