琉球風水志シウマの本名と出身高校は?なぜ風水『師』ではなくて風水『志』?開運数字とは?

  • 2020年12月16日
  • 2020年12月16日
  • 生活

 

琉球風水志のシウマさん、この間、「突然ですが、占ってもいいですか?」

に出演したようで有名人になりましたね!

 

シウマさんは、話題の開運数字で注目され始めました。

シウマさんご本人も『17』という数字で開運されたそうです。

 

すごいですね!

 

シウマさんは沖縄出身なので親しみが湧いてきます。(私も生まれも育ちも沖縄です)

さてシウマさんという名前ですが、沖縄の苗字は変わった名前が多いのですが、

シウマって苗字はいないので芸名だと思います。

 

本名も気になりますよね?

 

また高校野球で甲子園に行ったことあるみたいです。

沖縄では高校の強豪校はたくさんあるので、

どこの高校なのかも本名と合わせて調べてみました。

 

あと一つ気になるのがなぜ『風水師』ではなくて「風水志』なのでしょうか?

気になりましので調べてみました。

 

 



琉球風水志シウマプロフィール

 

生年月日:1978年6月13日(42歳)

血液型: B型

出身地:沖縄県沖縄市

 

琉球風水志の母親の影響で大学時代より

沖縄の風土で育まれた独自の琉球風水や姓名判断や九星気学の学び、

姓名判断や数秘をもとに独自で開発した『数意学』で

これまで5万人余りを鑑定してきました。

 

鑑定を受けた88%の人が『あっている!』という

ほどの驚異の的中率で今話題の人となっていますね。

数字で開運法を書いた『琉球風水志シウマが数える身の回りを

パワースポットに変える「数字の魔法」』という本を講談社から

出しています。

 

 

シウマさんの本名は?

 

シウマさんの本名は、久志隆嗣(くしたかつぐ)さんみたいですね。

シウマさんは、現在本名を公開していないようですが、

2015年、ガレッジセールのゴリさん主演の『沖縄を変えた男』に出演した時に

本名を公開しているようです。

 

 

シウマさんの出身高校は?

 

シウマさんの出身高校は、沖縄県立沖縄水産高等学校みたいですね。

沖縄の高校野球の強豪校ですね。

甲子園にも出場した経験があるそうです。

 

シウマさんが出演したゴリさん主演の映画『沖縄を変えた男』は、

沖縄水産高等学校が舞台で、野球部の名物監督「裁弘義」(さいひろよし)さんを

モデルに描いた作品ですね。

 

裁監督は、沖縄水産野球部を2回も甲子園で優勝に導いた監督で

高校野球界でも有名な方です。

 

その沖縄水産高等学校出身だということは、野球も実力あるのでは

ないでしょうか?

実際、1996年春の甲子園大会に出場されたみたいですね。

惜しくも2回戦で敗退したようですが。

 

 

風水「師」ではなく風水「志」なのはなぜ?

 

一瞬見たら字を間違えたのかな?って思いますよね?

 

でもこれには理由があって、『師』を名乗るのには、まだ早いということと

琉球風水を『志(ココロザシ)』で進んでいきたいということで

『琉球風水志」としたみたいですね。

 

何て謙虚な人なんでしょう!

本名にも『志」があるので、もしかするとそれも

かけたのかもしれませんね!

 

 

新時代に使いたい開運数字とは?

 

琉球風水の‘基本的な考え方は、「動くところから運気を変える」だそうです!

その最も簡単な方法が数字と掃除だという事です。

 

特に数字はすぐに変えられる上に即効性がある開運方法みたいですね。

掃除に感じては別ブログに書いてありますので

興味がある方は下記からご覧ください。👇

 

琉球風水志シウマの年末大掃除の仕方で開運アップ!1年に2回のスーパー大安日はいつ?

 

自分に必要な実力を磨く現実的なことと、目に見えない世界の力との

両方が求められるそうです。

 

その数字は、『6』『8』『16』『33』

6 ➡︎ 先祖や見えない力に守ってもらえる。

8 ➡︎ 現実を見据える。

16 ➡︎ 実力をつけてルールを守る。

33 ➡︎ カリスマ性が出る。

 

この4つが相性の良い数字になりますが、男性エネルギーを持ち、

美意識や母性とはかけ離れているため、女性には向かないそうです。

 

 

 

 

風の時代に取り入れたい数字

 

2021年以降は地球規模での変化が予想される風の時代に必要な

運を強化する数字をチェックしておきましょう!

 

33➡︎ 独自の個性とセンスを伸ばしてカリスマ的な存在になれます。

「33」という数字は強いエネルギーを持つ数字なので、

強烈な個性を出したいというときに使うと上昇気流に乗れるそうです。

達成するためには努力も惜しまなくなり、人に親しまれる効果も

あるようです。

 

仕事用の携帯番号や暗証番号の数字を足すと33になる数字に変えるのが

良いということですが、男性的なパワーを呼びやすく、恋愛は二の次になるので

婚活中の人はNGだそうです。

 

11➡︎ 風のキーワードである『情報』をキャッチする能力が高まるそうです。

「11」は、風が意味する情報やネットワークと相性がいいので巷に流れる

様々なニュースなどの情報の中から自分に必要で良質な情報を見分ける

収集能力がアップする働きがあるのでSNSのアカウント名に入れると

フェイクニュースに騙されないように守ってくれるパワーがつくそうです。

 

また、恋愛や仕事で成り行きを読む先見力が強くなり、

天啓もキャッチしやすくなるみたいですね。

 

32➡︎ 幸運が幸運を呼び、わらしべ長者のように良縁に恵まれます。

「32」は、自然界でいえば、そよ風を表し五大吉数の一つです。

出会いが連鎖的に良縁に綱があっていく、わらしべ長者的なラッキー運が

来るそうです。

 

特に恋愛や婚活にはパワーが絶大でなので、携帯番号の下4桁の数字を

足して32になる番号にしたり、32の数字を書いた画像をスマホの待受け

にして情報を発信すると良いご縁を運んでくれるみたいです。

 

また、ネガティブな発言をして叩かれたりしても、それが気付きとなり、

良い方向に向かって行く作用もあるそうです。

 

簡単なので若い人たちには是非実践してもらって

良縁を運んできてもらいたいですね!

 

まとめ

 

沖縄ではユタが主流なので、あまり占いのイメージが湧かなかったのですが、

シウマさんは風水師なので、沖縄独特の占いかも知れません。

 

方位や旧暦を調べるなど、琉球風水ならではの占い方なので

本土の方でも人気を得てるのかもしれませんね。

 

独自に開発したオリジナルの占術のようなので、

これからの活躍も期待したいと思います!