【速報】ドミニオン社不正集計システムのサーバーを米軍がドイツで押収差押え!大統領選への影響は?

  • 2020年11月15日
  • 2020年11月22日
  • 国際

更新 : 2020.11.22

アメリカ大統領選で使われたドミニオン社の集計システムは、

以前から不正集計ではないかと疑われてました。

今回、ドミニオン社の不正集計システムが米軍によって押収、

差押えられたようです!

不正投票を訴え続けたトランプ大統領が敗北宣言をしないのは、

不正への確信があったのでしょう!

アメリカ大統領選で使われたドミニオン社の投票集計システムですが、

カナダ、ドイツ、スペインまで、いろんな国が関わっているようです!

トランプ大統領の逆転勝利の可能性も出てきて気になりますね!

いろいろな視点から調べてみました!

 

ドミニオン社不正集計システム押収差押え

 

アメリカ下院議員のLouieGohmert(ルーイ・ゴーマート)氏は

米軍がドイツのフランクフルトで不正ソフトウェア会社ドミニオンのサーバーを押収し

差押えたと語っています!

ルーイ・ゴーマート氏は、テキサス州の最初の地区を代表する下院議員です。

FOXニュースのKyle Becker氏によるとすべてはスペインのバルセロナの多国籍企業が

ドイツのフランクフルトにあるサーバーに送り投票を管理し

報告するサーバーだそうです。

今回、押収されたドミニオン社の不正集計システムのサーバーも

スペインを通してドイツに送られたサーバーのようですね。

 

注意 : ドミニオン社のサーバーがドイツで差押えられたという話が、

フェイクという情報も入ってきています。

どちらが正しい情報か判断できないので、詳しい情報が入り

次第追記したいと思います。

 

 

ドミニオン社親会社改ざんの実績

 

トランプ大統領の個人弁護士ジュリアーニ元ニューヨーク市長によると

ドミニオン社の親会社はベネズエラにあり選挙結果改ざんの実績もあると

語っています。

ドミニオン社はカナダの会社ですが、

親会社はベネズエラのスマートマティックという会社のようです。

ベネズエラの独裁者チャペス大統領に近い人物3人によって選挙結果を

改ざんするために設立されたそうです。

初めから改ざんするための会社って驚きますよね!

ドミニオン社は、カナダの会社ですが親会社のスマートマティックの

ソフトウェアを使っています。

ドミニオン社は、ベネズエラとキューバから不正資金を受けていたとも報じています!

このドミニオン社の親会社の経営者は、

かの有名なジョージ・ソロスの「オープン・ソサイエティ」の幹部で

彼らは、投票結果も変えられるようでハッキングもできるそうです。

ドミニオン社は、ジョージ・ソロス氏が資金提供した

タイズカナダ財団と同じフロアに本部があり、その関係の証拠を手にしたと

ジュリアーノ氏は言っているようですが、その詳細はまだ分かっていないようです。

民主党のナンシーペロシ下院議長の顧問もドミニオン社の上級幹部であると

言うこともFOXニュースでも報じているようです!

 

スペインのソフトウェア会社SCYTL

 

トランプ大統領の顧問弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長は、

ドミニオン社の集計システムのサーバーは、外国にありハッキングできる状態にあると以前から言っていました。

今回米軍によって差押えられたサーバーは、スペインのバルセロナにある

Scytlというソフトウェア会社で

スペインを通してその会社のドイツにあるサーバーへ送られていたようです。

今回米軍がドイツのドミニオン社の不正システムのサーバーを差し押さえたことは、

不正選挙の証拠が出てくるのでしょうか?

トランプ大統領は投票前から不正選挙に関する訴えをしてきました。

全部知っていてのことでしょう!

 

不正選挙は前から仕組まれていた?

 

デトロイト市職員の告発

トランプ大統領の個人弁護士ジュリアーニ元ニューヨーク市長によると

ドミニオン社の親会社はベネズエラにあり選挙結果改ざんの実績もあると語っています。

ミシガン州のデトロイト市の職員は選挙結果をごまかすためのトレーニングを9月に

受けたとも告発しているそうです。

また10万票が午前4時に運び込まれたとも言ってようで、

その時点でトランプが12万票リードしていることがわかり、

持ち込まれたようです。

もちろんすべてバイデン票でその場には共和党の選挙管理員は

誰も存在していなくて、その後さらに14万票が追加されたようです!

 

ドミニオン社の契約職員の告発

ドミニオン社の契約職員であるメリッサ・カネロ氏はデトロイト市の開票所に

ヘルプで入っていました。

彼女によるとそれぞれ50票の郵便投票渡されそれを4回から5回または8回も

スキャンをやり直して投票を重複していたようです。

内部告発した人たちもいろいろな形で言いがかりをつけられ、

大手マスコミでも内部告発者の主張に信憑性がないともみ消しを行っているようです!

大手マスコミの内部告発者訴えをでもみ消したり、FBIが職責を果たさず

見て見ぬふりをし、不正選挙に関わっていたなら恐ろしいことですね。

もし事実であったのなら選挙の相当前から仕組まれていなければ

できなかったみたいです!

 

トランプ大統領の逆転勝利は?

 

最近の日本のメディアによく登場するバイデン候補、

ここにきて危うくなってきました。

不正選挙が本当にあったとすれば、トランプ大統領の逆転勝利も

あり得るのではないでしょうか?

もしトランプ大統領が勝利したなら、

早々、バイデン候補を持ち上げる日本のマスコミや日本政府は、

どう報道するのでしょうか?

https://twitter.com/takashim365/status/1327428678511251456?s=21

 

 

まとめ

 

トランプ大統領が敗北宣言をいまだにしないと言う理由がここで分かってきましたね!

アメリカのメディアも日本のメディアもマスコミもバイデン候補の当確を流し、

真実を隠していたのなら、不正選挙に加担した事に変わりありません。

マスコミには正義はないのでしょうか?

もしトランプ大統領が勝利したときの日本のマスコミと政府の対応が楽しみです!