ドミニオン投票システムとは?不正選挙で再集計!トランプ逆転勝利か?【アメリカ大統領選】

  • 2020年11月11日
  • 2020年11月22日
  • 国際

連日、日本でもアメリカ大統領選のニュースが話題になっていますよね!

日本のメディアもアメリカのメディアもバイデン候補の当確を出し、

次期大統領はバイデン氏に決まったような報道ですが、

トランプ大統領は不正を訴え続け、敗北宣言を拒否していますね!

ここにきて、再集計によるバイデン候補の当確取り消し、

ドミニオン投票システムの不正操作疑惑、不正行為の告発まで出てきています!

トランプ大統領が訴えていた通り、不正投票はあったのでしょうか?

トランプ大統領の逆転勝利はあるのでしょうか?

気になりますよね?

更新 : 2020.11.21

 

トランプ大統領の逆転勝利は?

2020年11月11日現在

ノースカロライナ州 : 集計が終了しトランプ大統領の勝利

ペンシルベニア州 : バイデン候補当確取り消し

アリゾナ州 : バイデン候補当確取り消し

アラスカ州 : トランプ優勢

ジョージア州 : 再集計中

ウィスコンシン州 : 再集計を要請し決定

ミシガン州 : 訴訟中

ネバダ州だけで不正の情報が3000件

ミシガン州デトロイトでは組織ぐるみで不正行為が行われたと

市職員の告発でFBIが捜査を始めているようです!

アメリカ大統領選挙の期日前投票の事務を

行っていた選挙スタッフのJCジェイコブの戦線供述書によると

「私はデトロイト市の職員と選挙スタッフが、投票に訪れた有権者に

対して、ジョー・バイデンと民主党に投票するよう指示を出す様子を

日常的に目撃した」

と申し立てているようです!また

 

「選挙スタッフや職員が民主党に票を入れるようあからさまに

託してるところも見た」と。

さらにジェイコブはデトロイト私選挙本部で働いていた時に上司から

「有権者に郵送する不在者投票用紙は発送日だけを実際より

早い日に変更するよう指示を受けた」

「上司はそこで働く全てスタッフにそのやり方に従うようはっきりと

指示を出していた」

と言うことです!

9月はデトロイト市選挙本部で働いていたがジェイコブは、10月には出張所へ

移動しましたが、出張所でも上司から

「期日前投票に来た人に対して、運転免許証や写真付き身分証明書の

提示を求めないう指示を受けた」

と主張しているそうです!

 

 

ドミニオン投票システム

投票用紙の自動集計機で今回のアメリカ大統領選で米国33州2000ヵ所で

使われました!

2020年大統領選で使われたドミニオン投票システムの認証をテキサス州は

拒否をしました!

テキサス州では、調査官や専門家によって、

今回の大統領選で使われた自動投票機のドミニオン投票システムを

調査したところ、ハードウェアソフトウェアに問題があり

不正操作ブロックすることができず、安全性、正確性、効率性の面で

自動投票機能として役割を果たしていないとして

ドミニオン投票システムの認証を拒否しました!

激戦州のミシガン州とジョージア州では、

2020年の大統領選で使われたドミニオン製の

自動投票機の信頼性と選挙結果正確性が問題視されていました!

また、共和党トランプ大統領の地盤のミシガン州アントリム郡でも

トランプ大統領に民主党バイデン候補が3000票の差で勝利とされていましたが、

再集計の結果2500票の差でバイデンのトランプが勝利と修正されました!

なお、ここでもドミニオン投票システムが使われてたようです!

 

グリッジとは?

誤作動しながら動き続けるソフトウェアの欠陥の事で、

つまりソフトウェアの不具合です。

ドミニオン投票システムをアップデートするとこのグリッジが起こるようです。

ジョージア州ではグリッジが起き、

トランプ大統領の6000票がバイデン候補に投じてるということです!

またミシガン州アントリウム郡でもドミニオン投票システムの不具合により、

トランプ大統領に投票した6000票が誤ってバイデン候補にカウントされたようです!

再集計によって発覚したのですが、投票者約1万8000人の3分の1が

相手候補にカウントされたということなので、不正を疑われるのも無理ないですよね!

ジョージア州モーガン郡とスポルディング郡では、選挙前日にソフトウェアをアップロードしたようで、

ドミニオン投票システムに不具合が生じて投票できなくなってなり、

グインネット郡でもドミニオン投票システムのソフトウェアの不具合で

不在者投票の集計が遅れたようです!

 

ドミニオン投票システムの不正疑惑

ドミニオン投票システムのドミニオン社は、

バイデン候補の民主党と提携している複数の組織とつながりがあり、

ドミニオン社の政治的癒着はないか調査が行われているようです。

また、トランプ大統領の票をバイデン候補へ

票をカウント集計してしまったドミニオン投票システムは、

クリントン・グローバル・イニシアティブなどとパートナー提携をしていて、

ドミニオン投票システムのスタッフもクリントンの組織の元従業員を

雇っていたようです!

ちなみにドミニオン社は2014年にもクリントン財団に寄付をしていると

いうことです!

 

まとめ

トランプ大統領は投票前から不正選挙警戒していましたよね!

バイデン候補の当選確定とメディアが報じても、敗北宣言を拒否しています!

逆転勝利を確信しているように思えます!

日本やアメリカのメディアは連日、バイデン勝利の報道で盛り上がっていましたね!

再集計で票がひっくり返った報道は、まだのようです!

ヨーロッパでは、バイデン候補の不正疑惑もニュースになっていたようです。

それにしても、日本での報道は遅すぎますね!

日本もメディアは、忖度せずに確かな情報を流してもらいたいです!