トランプMAGA党結成でアメリカどうなる?メイカ(鳴霞めいか)さんって誰? youtubeで習近平氏の行方不明情報!

  • 2021年1月11日
  • 2021年1月13日
  • 国際

 

アメリカ大統領選は日本のメディアでは、バイデン氏が次期大統領に決まったように

報道されていますが、まだ終わっていないようです。

トランプ大統領のSNSが凍結されたり、言論封鎖が始まり、

自由の国アメリカなのに民主主義が危うくなりつつあります。

 

日本も危ないですよね。

このように情報統制されたら、本当の情報が見えにくくなります。

最近、アメリカ大統領選や中国共産党について

YouTubeで情報発信しているメイカ(鳴霞めいか)さんが

気になります。

トランプ大統領の今後の行動ついても動画をあげており、

信憑性もあるということで、Twitterでも話題となっています。

そのメイカ(めいか鳴霞)さんは、どういう人なのか、

トランプ大統領のMAGA新党の名前の由来や習近平氏のことも

調べてみました。

 



メイカ(めいか鳴霞)さんプロフィール

 

本名:鳴霞(めい・か)

生年月日:1958年中国遼寧省瀋陽市(旧奉天市)

元中国共産党員のエリートで瀋陽市科技日本語学院し

中国航天部瀋陽市軍工企業の情報課日本語担当を務めています。

 

1982年来日し、京都日本語学校を卒業後、兵庫・大阪の中国語学校で講師を務め、

近畿福祉大学中国語の講師もしていたようです。

 

2002年『月間中国』で中国の内部情報を発信し、注目を集めていますね。

現在は日本に帰化しており、ジャーナリスト・YouTuberとして、

中国が日本侵略を進めているとして警告、講演活動や情報発信を行なっています。

 

チャンネル名:鳴霞の「月刊中国」YouTube

チャンネル登録者数:14万1千人

YouTube概要欄には、『元中国共産党エリートでジャーナリストの

鳴霞さんがさまざまな情報源から抽出した中国に関する最新情報を

お伝えします。』

と書かれています。

 

今話題のアメリカ大統領選と中国共産党の情報を毎日配信していますね。

トランプ大統領の戦略だったり、中国共産党の動きだったり、情報源は、

このメイカ(めいか鳴霞)さんからだと思います。

 

ただ、この情報も、アメリカ大統領選でトランプ大統領と揉めている

バイデン氏率いるアメリカ民主党を支持している人からすれば、

デマ、または陰謀論ととらえている人もいますね。

 

SNSが凍結されたりして、言論封鎖され、自由の国ではなくなってきています。

アメリカ本国でも共産党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏と

二分している状況ですが、日本でもTwitterを見ていると

トランプ派とバイデン派と二分しているように感じます。

 

メイカ(めいか鳴霞)さんの情報は今まで外れたことがないと

言っている人もいますね。

 

メイカ(鳴霞めいか)さんの情報が本物かは、

これからはっきり分かると思うので、これからも見ていきたいと思います。

 

特にアメリカ大統領選は、アメリカと中国、日本も影響が大きいだけに

メイカ(鳴霞めいか)さんの情報が気になります。

 

著書

  • 「母性の危機 苦悩の中国」文芸社
  • 「中国人民解放軍の正体」日新報道
  • 「中国人民解放軍知られたくない真実」潮書房光人社
  • 「日本掠奪(りゃくだつ)」桜の花出版
  • 「あなたの隣にいる中国のスパイ」飛鳥新社
  • 「中国驚愕(キョウガク)の性奴隷」青林堂

 

 

 

 

トランプ大統領MAGA党結成か?

 

メイカ(めいか鳴霞)さんによるとトランプ大統領は新しい政権を作り、

組閣しているようです。

名前は『MAGA党』!

新党の名前の意味は、Make America Great Againの略で

『アメリカ合衆国を再び偉大な国にする』だそうです。

 

「Make America Great Again」という言葉は、

トランプ大統領支持者がかぶっている赤いキャップでよく見かけますね。

 

トランプ大統領は、

「アメリカは中国共産党に内部まで壊されている。

この状況を改善するためには、新しい政党を作り

党の綱領を定めて、それでもって超限戦を潰さなければならない。

そう考えて今準備を進めているところだ。」

と話しているようです。

まだまだトランプ大統領から目が離せませんね。

習近平氏が行方不明?

 

中国共産党の習近平総書記脳動脈瘤のため手術したとの情報がある習近平氏ですが、

手術後、9日までも顔を出していないようですね。

これもメイカ(めいか鳴霞)さんからの情報なのですが、

習近平氏は、毎年、お正月には中国政府の政治と法律に関する会議が、

開催されるということですが、今年は、まだ出てきていないようです。

最近、習近平と戦うために江沢民の部隊が一般市民の格好をして

北京に入ったということで習近平氏はどこかに避難した可能性が

あるのではないかと中国専門家が分析しているようです。

山西省の山の中にある中国共産党の幹部の別荘に行ったのでは

ないかということです。

そこは通信手段がないので、現在は行方不明のようです。

 

まとめ

 

アメリカ大統領選は、ただ大統領を決めるだけでなく、

アメリカの民主主義が保たれるかが、一番大切ですよね。

現役の大統領のSNSを凍結することは、民主主義で大切な言論の自由を

封じ込めようとすることに何か意図があるのではないかと考えてしまいます。

メイカ(鳴霞)さんの情報が確かなものかは、まだ分かりませんが、

日本もアメリカと同じ道を歩みそうで、気になります。

これから、色々と状況も変わると思いますので、

メイカ(鳴霞)さんの動画を追っていきたいと思います。