ドラフト会議2020の日程と放送局は?1位指名確実の有力候補選手11名を紹介!

いよいよドラフト会議の開催日が近づいて参りました。

2020年の日本プロ野球はコロナ禍の影響により試合数の減少や観客数制限もあり異例のシーズンとなりましたが、ドラフト会議は支障なく行われます。

今年のドラフト会議ではどのようなドラマが繰り広げられるか楽しみですね。

2020年のドラフト会議で1位指名は確実とも言える選手を紹介するとともに、会場模様を放送するメディアや日程時間についてまとめてみましたので参考となれば幸いです。

2020年のドラフト会議開催日程は?

今年のドラフト会議開催日は10月26日(月)の17時からとなります。

例年ですと11月上旬に開催されますがシーズン日程の大幅な変更等もあり、前倒しで行われることとなりました。

2020年ドラフト会議の放送メディアは?

ドラフト会議のテレビ中継放送局は、TBS系列全国ネットとスカイAです。

またラジオ局での中継は、ニッポン放送となります。

インターネットでの視聴は以下の動画配信サイトで行われる予定です。

【Paravi】
https://www.paravi.jp/

【Baseball Gate】
https://baseballgate.jp/

【Sports Bull】
https://sportsbull.jp/

2020年ドラフト会議最有力候補選手を紹介!

重複指名、単独指名、外れ1位指名を含め11名の有力候補選手を紹介していきたいと思います。

最優有力候補選手TOP3

今年のドラフト会議でTOP3とも言え、重複指名になるかと思う選手が以下の3人です。

早川隆久
投手/179.0cm 72.0kg
左投左打
千葉県出身
木更津総合高校-早稲田大学

高校3年生の甲子園春ではベスト8。
夏の大会では、準々決勝で優勝した作新学院に敗れた。
侍ジャパンU-18に選出。
早稲田大学では1年生春の開幕戦(対法政大学)からデビュー。

佐藤輝明
内野手/外野手/187.0cm 94.0kg
右投左打
兵庫県出身
仁川学院高校-近畿大学
左の長距離バッター。
大型ながらも足も速く、守備の評価も高い。

 

高橋宏斗
投手/182.0cm 79.0kg
右投右打
愛知県出身
中京大中京高校
常時140キロ半ばのストレートを投げ、変化球(スライダー、ツーシーム)のキレも良い。

 

単独1位指名の可能性がある選手

上記3選手の1位指名を避けた球団が単独指名すると思われる選手が以下の3人です。

栗林良吏
投手/176.0cm 72.0kg
右投右打
愛知県出身
愛知黎明高校-名城大学-トヨタ自動車
先発ローテーションに入る可能性あり。
10勝を期待する声もある。

 

伊藤大海
投手/176.0cm 80.0kg
右投左打
北海道出身
駒大苫小牧-駒澤大学-苫小牧駒沢大
2年生春の甲子園では初戦の対創成館で先発し完封勝利を挙げた。

 

中森俊介
投手/181.0cm 80.0kg
右投左打
兵庫県出身
明石商業高校
高校2年生で151キロのストレートを記録。
将来性が大変期待できる選手。

 

外れ1位ではなく単独1位の可能性もある候補選手

以下の選手は、球団によっては外れ1位には残らないと判断し単独1位指名する可能性も有り得る候補選手です。

木澤尚文
投手/182.0cm 80.0kg
右投右打
千葉県出身
慶応義塾高校-慶応義塾大学
高校では故障で本来の実力を発揮出来なかった時もあったが、キレのあるストレートや変化球(カーブ、スライダー)を投げる。今後の成長が期待できる選手。

 

森博人
投手/177.0cm 77.0kg
右投右打
愛知県出身
豊川高校-日本体育大学
伸びのあるストレートが魅力の選手。将来性に期待。

 

牧秀悟
内野手/175.5cm 75.0kg
右投右打
長野県出身
松本第一高校-中央大学
バッティングセンスだけでなく守備力の評価が高い選手。

 

山下舜平大
投手/188.0cm 93.0kg
右投右打
福岡県出身
福岡大大濠高校
持って生まれた身体能力で将来性大。今後の成長が楽しみな選手。

 

五十幡亮汰
内野手/外野手/173.0cm 65.0kg
右投左打
埼玉県出身
佐野日大高校-中央大学
肩の強さに加え、足の速さは天性のものと評価大の選手。

ドラフト会議2020についての感想

今年はコロナ禍の影響で野球などのスポーツをはじめ様々なイベントが中止や延期となりました。

私としては、甲子園での全国選抜高校野球大会が中止となってしまったことは大変残念な思いをしました。

甲子園を目指して日々練習して来た高校球児たちの心情を思うと胸が痛みます。

特にプロ野球選手を目指している一部の球児たちにとっては、春・夏の甲子園野球は日々の練習の成果や自分達の実力をアピールできる絶好の晴れ舞台だったと思います。

そんな高校球児たちがプロ野球球団のスカウト担当の方々の目に止まり例年通りの選手指名が行われることを願ってやみません。

ドラフト会議2020の放送日程や候補選手のまとめ

・2020年のドラフト会議は10月26日(月)の17時から開催。
ドラフト会議の中継放送は、
・テレビ:TBS系列全国ネットとスカイA
・ラジオ:ニッポン放送
・インターネット:Paravi、Baseball Gate、Sports Bull

以上、今回は2020年のドラフト会議について調べてみました。
最後までお読み下さり有難うございました。