マリウス葉の完璧主義の理由は?数年前の3人体制の闇期が原因⁉︎

大人気グループ「Sexy Zone」のマリウス葉さん(20)が体調不良を理由に一定期間の芸能活動を休止することをジャニーズ事務所が12月2日に発表した。

元々、学力も高いマリウス葉さんは、仕事と学業の両立を目指すため、自分を追い込み過ぎて、心身のバランスを崩してしまったと見られる。

Sexy Zone自体は休止することなく、マリウス葉さんが抜けた4人で活動を継続していく。

実は、Sexy Zoneの松島聡さん(23)が2018年11月から休養し、2020年8月に復帰したばかりで、ファンも大喜びしていた矢先の出来事でとても残念なことでしょう。

なかなかフルメンバーで活動できない日々が続いてしまってますね。

今回、アイドルと学業の両立で体調を崩してしまったマリウス葉さんの心身バランスを崩してしまった原因である完璧主義になってしまった理由を調査してみました!



「Sexy Zone」とは??

ジャニーズ事務所所属の男性5人組グループ。

【メンバー】
・中島 健人(なかじま けんと)
1994年3月13日(26歳) A型 東京都出身
・菊池 風磨(きくち ふうま)
1995年3月7日(25歳) A型 東京都出身
・佐藤 勝利(さとう しょうり)
1996年10月30日(24歳)A型 東京都出身
・松島 聡(まつしま そう)
1997年11月27日(23歳)A型 静岡県出身
・マリウス 葉(まりうす よう)
2000年3月30日(20歳)O型 ドイツ・ハイデルベルク出身

2011年11月にシングル「Sexy Zone」でCDデビューし、デビュー当時はジャニーズ史上平均年齢最年少グループだった彼らだが、年下組の松島は23歳を迎え、マリウスも今年3月で20歳に。

マリウス葉も抱える数年前の3人体制の闇期とは??

2011年11月にシングル「Sexy Zone」でCDデビューし、1年経たずして早くもグループ内格差が徐々に浮き彫りになった様です。

そのグループ内格差とは、
佐藤勝利さん・中島健人さん・菊池風磨さんの“3人体制”が固定されつつあった様です。

具体的には、
12年10月発売のシングル「Sexy Summerに雪が降る」13年5月発売のシングル「Real Sexy!/BAD BOYS」で、CDジャケットでの松島聡・マリウス葉の画像がとても小さく扱われていたこと。

終いには、松島聡・マリウス葉の衣装がバックダンサーのJr.と同じ衣装になっていたりとファンには『干されたのか?』という波紋が拡がって行った。

さらに、

14年5月頃には、松島聡・マリウス葉はそれぞれJr.とともに「Sexy 松」「Sexy Boyz」というSexy Zoneの弟分ユニットを結成し、ますます二人に取っては“Sexy Zone離れ”が進んで行ったのだ。

さらにさらに、

2014年7月、ついに!!Sexy Zoneは佐藤勝利さん・中島健人さん・菊池風磨さん中心とした「流動的なグループ」として再出発することが発表した。

ジャニー喜多川社長曰く、
「一人一人を大きくして、よりクリエイティブにしていくため」

と、その理由を説明した。

うーん、何とも腑に落ちない発表の様でしたね、それだったら、5人のままでも良さそうな感じですね。何だか松島聡・マリウス葉外すための綺麗事の様な感じですね。

しかしながら、

グループ名の「xy」の部分は、「Sexy Zone」のように赤色で表記される。これには数学の方程式において “x” と “y” はどの数字にも変化出来る、即ち何にでも変化が出来るという意味が込められているそうです。

これまた、上手く取りまとめたのか?元々の戦略なのか。。。

その後、

2014年10月・11月発売のシングル
「男 never give up」
「君にHITOMEBORE」

では、ついに松島聡・マリウス葉を除いた“3人のSexy Zone”のシングルとなった。

これで、3人体制に本格的になったかーと、思いきや

15年7月発売
「Cha-Cha-Cha チャンピオン」
では松島聡・マリウス葉もミュージックビデオに参加。

ファンにとっては、待望の5人体制で一喜一憂する状態で、Sexy Zoneから目が離せない状態となったが、

2015年12月
「カラフル Eyes」
をきっかけに松島聡・マリウス葉を含む5人体制での活動が定着し、現在に至る。

そんなこんなで2012年から2015年にかけては、流動的なグループ編成となったSexy Zone。

ファンにとっては、メンバーの構成に一喜一憂し、「次は、どうなる??」と目が離せない状態で、プロデュースする側としては、戦略通りだ!と勘ぐるを得ない状況だった。

しかしながら、
該当のSexy Zoneとしては、どうだったのでしょうか?

マリウス葉の完璧主義の理由は?

活躍し続けるメンバーも多少なりの苦労はあったでしょうが、松島聡さん・マリウス葉さんの二人にとっては、相当なストレスがかかっていたことが予想されます。

それは、5人体制が定着したあとも常に「また、メンバーから外されるのでは、、、」というプレッシャーとの戦いだったのでは?と個人的には感じました。

これらの経緯を考えると、松島聡さんの活動休止、そして、続いてのマリウス葉さん活動休止と学業を自身の心身を追い込むまで頑張っていたのもわかる様な気がしませんか?

マリウス葉さんにいたっては、真面目で学力も高いということもあり、アイドル以外の選択肢を常に考えていた可能性がありますね。

Sexy Zone3人体制の時期をメンバーはどの様に考えていたのか?

歳を重ねそれぞれに過去を振り返る余裕も出てきた様で、雑誌「ザテレビジョンCOLORS Vol.38 GREEN」(KADOKAWA)のインタビューでは、“3人体制”時代に対して語ってくれております。

雑誌では、シングル「イノセントデイズ」のテーマをもとに、「美しい過去」についてインタビューすると、

マリウス:「美しくあるために、いろんな要素が必要なんだと思う。Sexy Zoneが3人と2人に分かれて活動していた過去も、良かった、悪かったは別として、そこから得た経験は良かったと思う」

これを受けた菊池は、

菊池:「あのときは俺らも、何で別れて活動するのか意味が分からなかったし、ファンの子の中にはいまだに思い出すのもツラい時期だって言う子がいるのも分かってる」

「でも、今の俺らの目から見れば、ジャニーさんさすがだよ、と言わざるを得ない」

「あの時期は離れて活動することを糧にするしかなかったし、そのおかげで、絶対にSexy Zoneは強くなって、その後、あらゆる点で深みが増してるからね」

と、現在ではジャニー社長のプロデュースを理解できる様になったと語っていた。

私は、逆を言うとその頃は理解できなかったこともあったんだろうなと、このインタビューから感じた。

これに対して、

中島:「俺は、今のSexy Zoneがいい状態だと思うからこそ、あの時期を忘れないし、これは俺個人の希望だけど、封印してなかったことにしようっていうのは、違うと思う」と明言。菊池も「ポッと出の5人組が、このままじゃいけないんだって、一度覚悟したからだと思う。あれくらいの荒療治じゃなければ、もしかしたらまだのほほんとしてたかもしれない」

と語り、結果的に3人体制は「成長できた期間」だと受け入れることができる様になった言葉だった。

一方、ファン達はこのインタビューを見て、Sexy Zoneメンバーのグループ愛を感じ、もっと好きになるファンが続出した様です。

まとめ

『マリウス葉の完璧主義の理由は?数年前の3人体制の闇期が原因⁉︎』ということでお伝えしました。

過去にジャニーさんの意向により3人体制に絞らられた過去があったのですね。

直接的な原因ではない可能性もありますし、メンバーによっては“良い経験”と話ししている様ですが、外された2人のことを考えると、結構な闇期だったことを推測できます。

もしかすると、その後から最近までの2年間はグループとしては成長し、ガンガン人気が出てきた年ではありつつも、外された2人に取っては、「いつ外されるのだろう、、、」とプレッシャーを感じながらの毎日だったのかもしれません。

そうなると、松島聡さん・マリウス葉さんの二人だけが活動休止をした原因と、賢いマリウス葉さんが、アイドル活動のみならず、学業にも力を入れていた理由がわかる様な気がしませんか??

とにかく、

マリウス葉さんには、今はゆっくり休んで欲しいですね!今度こそ5人全員で活躍している姿を見てみたいものです。