新しい地図が紅白初出場⁉︎B’zにサザンら目玉歌手12月発表か?

いよいよ年末も近づいてきており『第71回 NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表されました。

今年は、コロナの影響もあり無観客で実施されることが決定しており、42組みの歌手が出場予定されております。

11月16日には、正式に出場歌手が発表されたのですが、ここに来て、

『12月に今年の目玉アーティスト』

が発表されるのでは?と言うニュースが流れておりますので、ご紹介しますね!

新しい地図が紅白に初出場⁉︎

さてさて、その情報の出所とは??

12月に今年の目玉アーティストが発表されるとの情報をニュースサイト『日刊サイゾー』が報じていたようです。

記事によると民放関係者が、

「大物やスペシャルゲストは12月に発表されるそうです。今年は、NHKとしても50%の視聴率を狙うという大きなテーマを掲げている。目下交渉中ともいわれる、サザンオールスターズ、長渕剛、B’zなどの超大物に関しては、決まり次第小出しにすることで、注目を年末まで引っ張るつもりです」

B’zに関しては、過去にB’zデビュー30周年を迎えた2018年に初出場するのでは?と噂されておりましたが、予想通り実現には至っておりませんでした。

コロナ禍に日本に元気を与えるサプライズになることを期待しております!

視聴率に関しては、50%の視聴率と言う目標なんですね。

因みに、昨年の最高視聴率は嵐が出演した時の40.8%、近々で一番良かったのは2017年安室奈美恵さんが引退宣言した年、最後のメディア出演と言われた際の出演が48.4%。

これを超えるとなると、結構な大物アーティストの出演が必須だと言うことがよくわかります。

そこで出てきたのが下記の記事です。

「まずは元SMAPの新しい地図です。彼らはいまだに人気が高く、紅白での歌唱となれば大きな注目を集める。ジャニーズとの調整のために、ギリギリに発表するようです。」

“新しい地図”元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人からなるユニットで、SMAP解散後に結成されたグループ。解散後も彼らは絶大なる人気を誇っており、紅白出場の決定が発表されれば、大きな注目を集めることでしょう。

元SMAP結成の“新しい地図”とは言わず、“SMAPが一夜限り復活!”とはいかないものでしょうか??(笑)

もしくは、“安室奈美恵が一夜限り復活!”とかなると、50%を軽く超えそうですが、、、

その位のサプライズが必要そうです。

新しい地図が紅白初出場⁉︎を後押しするジャニーズの現状とは?

紅白歌合戦のジャニーズ出場に関して、たくさんの情報が横行しております。

現に今年はジャニーズからはSixTONESとSnow Manを選出しましたが、世間的な知名度はなく内部からも疑問の声が上がっているようです。

それに加え、

中居くんを始め、TOKIOの長瀬さんや少年隊の錦織一清さん、植草克秀さんの退所が決まっており、ジャニーズとしての体制も整っていないことやジャニー喜多川さんが居ない今、新しい思考の風が吹き込み、新しい地図の出演の可能性が出てきたようです。

それより何より、新しい地図3人の現在の活躍が一番なのでしょう。

新しい地図は、2018年に配信リリースしたシングル曲が複数チャートのTOP3にランクインしていた実績はありました。

その際にも紅白出場に関しては、ジャニーズ事務所との関係もあったためか?出場には至っておりませんでした。

その後もNHKは新しい地図の3人を様々な番組に起用しており、

【稲垣吾郎さん】
11月26日放送の科学番組『コズミック フロント☆NEXT』(NHK BSプレミアム)のドラマパート「いにしえの天文学者 安倍晴明」に主演。
【草彅剛さん】
2021年放送のNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演、『宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」』(NHK BSプレミアム)で主演に起用されている。
【香取慎吾さん】
2020年4月放送の音楽番組『SONGS』、9月には『あさイチ』に出演。

上記だけ見ても、NHKとの関係は良好で活躍されていることがよくわかります。

このようなことが、新しい地図の紅白初出場の後押しとなりそうです。

新しい地図が紅白初出場⁉︎以外にも調整中の大物アーティストがいるの?

新しい地図、サザンオールスターズ、長渕剛さん、B’zの他にも、“超極秘に調整中のアーティスト”がいるらしいが一体、誰なのでしょうか?

「紅白卒業をしたはずの北島三郎も一夜限りの電撃復帰としてラインナップされている。志村けんさんに関連して、ドリフターズのメンバーを集めての特別企画なども水面下で進められています」

と、民放関係者が明かしているようです。

北島三郎さんの復帰は、ファンや高い年齢層には嬉しい話題ですね!そして、ドリフターズの関してもそうで、今回のコロナの影響を受けてしまった志村けんさんを忍ぶ上でもファンにとっては、嬉しい企画ではないでしょうか?

この企画は、年齢層を拡げる上でも、とても嬉しい企画ではないでしょうか?

新しい地図が紅白初出場⁉︎などサプライズネタが期待できる根拠とは??

これら新しい地図が紅白初出場⁉︎などネタはガセネタでは??と疑われる方々も少なくないと思いますが、これらの根拠がないか?調査してみました。

それが先日11/16日に発表されたNHK紅白歌合戦出場者の会見にて、加藤英明チーフプロデューサー(47)がサプライズ追加の有無について語っております。

「視聴者の期待の高いアーティストがまだいらっしゃるとすれば、プロデューサーとして最後まで諦めずに、12月31日まで模索していきたい」

と、語っており随時、追加発表を匂わす発言もあり、昨年を例にすると、出場歌手の発表後に

・竹内まりやさん
・RADWIMPS
・松任谷由実さん
・ビートたけしさん
・アメリカのロックバンド・KISSとX JAPAN・YOSHIKIさんのコラボユニット

などの出演が発表されました。

さらに、

「全て生でなければいけないというわけではない」

と、このコロナ禍の影響で無観客ということもあり、これまでの“生放送”とうい枠で拘らず紅白歌合戦を盛り上げていきたいという臨機応変さを感じさせ、一部収録などでの出場方法も考えていることを公表しております。

まとめ

『新しい地図が紅白初出場⁉︎B’zにサザンら目玉歌手12月発表か?』ということに関してお伝えさせていただきました。

個人的には、可能性が高いと感じる内容でしたが、同時にNHK紅白歌合戦ならではのグレーな印象も感じました。

しかしながら、

今回、コロナ禍で出演や無観客開催など、制限がかかる中で新しい発想や変化が求められ、新しい紅白歌合戦が求められる中、NHKも動き出していることがよくわかります。

今後の発表に期待しましょう!目が離せません!!