丸川珠代の夫や子供は何人?家族構成!実家は神戸のどこ?【画像】

自由民主党所属の参議院である丸川珠代議員。最近では橋本五輪相の後任としてオリンピック・パラリンピック担当大臣に就任したことで注目されています。そこで今回は丸川議員の家族構成や出身、若い頃についてご紹介します。



丸川珠代の家族構成は?

丸川議員のご実家の家族構成は、ご両親と丸川議員と妹の4人です。

しかし、丸川議員が小学生のころにご両親は離婚し、母親に引き取られたため母子家庭で育ちました。

実家や現在の家族構成については下で詳しくご紹介します。

丸川珠代の夫は誰?

丸川議員は自由民主党の衆議院に所属している大塚拓議員と2018年6月18日にご結婚されました。

つまり現在の本名は丸川珠代ではなく、大塚珠代ということになりますね。

安倍前首相の推薦で、アナウンサーから政界に転身した“安倍チルドレン”の丸川議員と、郵政解散で初当選した“小泉チルドレン”の大塚議員の婚約だったため、当時は政界初の“チルドレン夫婦”と話題になりました。

2人の馴れ初めですが、選挙に出馬した丸川議員の応援に大塚議員が駆け付けたのがきっかけです。

また、丸川議員は東京大学、大塚議員は慶應義塾大学ご出身という高学歴夫婦です。

ネットで検索するとお二人が並んでいる画像が出てくるのですが、とてもお似合いで羨ましくなりました。

ちなみに丸川議員が4歳年上なので姉さん女房ということになります。

丸川珠代の子供は何人?

結婚会見の際、丸川議員は「最低でも2人は欲しいですね」と発言していました。

しかし、なかなか子宝に恵まれず4年間の不妊治療を行い、2016年6月26日に待望の長男が生まれました。名前は公表しておりません。

それ以降の妊娠報告はされていないため、丸川議員の子供は1人だと思われます。

名門小学校の慶應義塾幼稚舎に通っているので、大塚議員と同じ慶応義塾大学に通う可能性がありますね。

議員お二人の背中を見て育つお子さんがどのような道を歩んでいくのか気になります。

丸川珠代の実家は神戸のどこ?

丸川議員の実家は兵庫県神戸市にあります。

ご両親とも医師だったため、母子家庭になっても家庭環境は恵まれていました(父親のいない寂しさはあったのかもしれませんが……)。

ちなみに丸山議員の経歴ですが、

神戸大学教育学部付属住吉小学校(現在は神戸大学付属小学校です)
神戸大学教育学部付属住吉中学校
大阪教育大学付属高校池田校舎
東京大学経済学部

になります。

丸山議員は政治家なので、頭のいい人だとは思っていましたが小学生のころから英才教育を受けていたことに驚きました。

全て難関校といわれていることから、母親が教育熱心だったことがうかがえますね。

また、ご両親の頭の良さが引き継がれているのではないかとも思います。

現在の丸山議員かあるのは、ご両親のおかげなのかもしれません。

丸川珠代の若い頃がかわいい!【画像】

テレビ朝日のアナウンサーだった丸川議員。現在もお美しいですが、昔も美人アナウンサーとして人気がありました。

若い頃の画像も見てみたいですよね?当時の画像がこちらです!

可愛いというよりも美人系でしょうか? 知性と品があり、現在の面影もあるような気がします。

大学時代、モデルのアルバイトをしていたこともあるようです。

木村多江さんに似ていると言われていますが、一枚目の画像は天海祐希さんにも似ていると個人的には思いました。

まとめ

丸川議員のご家族やご実家に関してお送りしてまいりました。

華々しい経歴をもちながらも、母子家庭で育ち、不妊治療や高齢出産を経験してきた丸川議員。

政治家でありながら、一児の母として家庭を支えていることに好感を持ちました。

これから担当するオリンピックやパラリンピックだけではなく、子育て世代向けの政策への取り組みにも注目していきいたいです。