ソダシ(競馬)の意味や由来は?白毛血統の馬主は誰?グッズの発売日はいつ?【動画あり】

2020年12月13日、で行われたで、吉田隼人氏騎乗のソダシ(調教師:須貝尚介)が、デビューから無傷の4連覇をしました!

白毛血統の馬がGI(競馬の最高格付けの競走)の世界で勝利するのは史上初の快挙ということで、競馬業界も盛り上がりを見せているようです!

白毛馬ということで、競馬では珍しく、かわいいグッズが人気のようですね。

そんなソダシ(競馬)ですが、名前の意味や由来となった出来事などはあるのか気になるところです。

また、競馬では白毛馬をあまり見かけないことからも、ソダシの血統にも注目してみたいですね。

今回の記事では、『ソダシ(競馬)の意味や由来は?白毛血統の馬主は誰?グッズの発売日はいつ?【動画あり】』と題しまして、人気急上昇中の馬「ソダシ」に迫りたいと思います!

それでは、本題に移っていきましょう。

 



白毛馬のソダシが世界初のGI勝利で快挙!

2020年12月13日、阪神競馬場で行われた『第72回阪神ジュベナイルフィリーズ』(G1、芝1600メートル)は、ソダシ(牝2=須貝)が優勝し、白毛馬では世界初のG1制覇となりました。

通算成績は4戦4勝で、成績は以下の通り。

【1戦目】
日付:2020年07月12日
場所:函館(芝1800)
レース名:2歳新馬
騎手:吉田隼人

【2戦目】
日付:2020年09月05日
場所: 札幌(芝1800)
レース名:札幌2歳S(G3)
騎手:吉田隼人

【3戦目】
日付:2020年10月31日
場所:東京(芝1600)
レース名:アルテミスS(G3)
騎手:吉田隼人

【4戦目】
日付:2020年12月13日
場所: 阪神(芝1600)
レース名:阪神JF (G1)
騎手:吉田隼人

今回が初のG1出場となったソダシは、事前のオッズで1番人気と大注目。

レースの動画がこちら。

ソダシ、おめでとうの声も。

ソダシ(競馬)の意味や由来は?

白毛馬のソダシですが、意味や由来について調べてみました。

Wikipediaには

馬名の由来はサンスクリット語で「純粋」「輝き」とされています

とありますが、実際にはサンスクリットに『ソダシ』という単語は存在しないようです。

デビューから4戦4勝で、史上初の白毛馬G1勝利から「輝いて」いますし、なびく白毛は「純粋」を連想させますね!

まさしく、『ソダシ』という名前に恥じない活躍をしていますね!

ソダシ(競馬)の白毛血統で勝てない?

ソダシの血統はについては、Wikipediaにも掲載されています。

何年も前から、「白毛の馬は競馬には不向き」「白毛血統では勝てない」などと言われていました。

しかし、今回ソダシが快挙を魅せたことで、白毛勝てない都市伝説が崩れ落ちるかもしれません。

そもそも、白毛の馬は生まれにくいとされているため、データが取れないんですね。

そのため競馬では勝ちにくいとされていたようです。

「歴史が変わった」との声も。

今後は、ソダシが勝ったことで白毛血統では勝てないという噂は見直されることになるでしょう。

生きる伝説誕生の瞬間です。

ソダシ(競馬)の馬主は誰?

ソダシの馬主は、『金子真人ホールディングス』です。

金子真人氏といえば、株式会社図研の代表取締役会長もされている超大物実業家です。

株式回社図研は年商100億円を超える企業でもあり、金子真人会長の年収は少なく見積もっても1億円以上ともされています。

馬主としての直近の上位成績は、2020年11月21日に開催された3歳以上1勝クラスでは、クールウォーター(騎手:石橋脩)が1着をとっています。

全体的に人気は高い傾向にあるようです。

ソダシ(競馬)のグッズの発売日はいつ?人気確実か

白毛ということもあり、今後ますますの人気を得ることが確実しされるソダシ。

母馬のブチコのグッズも人気たったことから、今後のグッツ発売日がいつになるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、現時点ではグッズ化の情報ははいっていないため、具体的な日程などは分かっていません。

詳細が分かり次第、こちらにも追記したいと思いますが、おおよそ3ヶ月以内には発売されるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、『ソダシ(競馬)の意味や由来は?白毛血統の馬主は誰?グッズの発売日はいつ?【動画あり】』ということで情報をまとめてみました。

5戦目にも期待したいですね!!

最後までお読みいただきありがとうございました!!