Googleデータ強制削除をわかりやすく!不使用の定義はログインなし?容量購入アカは削除されない?

Googleは、現在クラウド上に保存されているコンテンツに関して、2年間の「不使用」があればデータを強制削除するポリシーを発表しました。

ポリシー変更の発表を受け、中にはデータが削除されることに不安の声も挙がっています。

しかし、事前の知識と対策を知っておけば、それほど気にるることはありません。

詳しくは本文で解説しますが、そんなに手間がかからずにできるデータが消えない方法もあります。

今回は、『Googleデータ強制削除をわかりやすく!不使用の定義はログインなし?容量購入アカは削除されない?』と題しまして、Googleのデータ強制削除のわかりやすい内容解説をしていきたいと思います。

 



Googleデータ強制削除のポリシー変更

まずは、Googleデータ強制削除のポリシー変更の内容について確認しておきましょう。

以下は、ライブドアニュースでGoogleのポリシー変更に関しての記事の引用です。

Googleは、クラウドストレージサービス「Google One」において、サービスを2年間利用していない場合に、Google側で保存コンテンツの強制削除を可能とする新ポリシーを発表しました。

今回のGoogleのアップデート(ポリシー変更)では、『Google One』のサービスを利用していない場合に、データ強制削除となるようです。

中には、「Google one使ってないけど、Googleフォトは利用している」って方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方も対象となりますので、次の見出しを確認されてみてくださいね。

 

Googleデータ強制削除の影響を受けるコンテンツ一覧

今回対象となっている『Google one』の対象コンテンツについて確認していきましょう。

このポリシー変更は、Google Oneストレージを利用する「Googleフォト」「Gmail」「Google Drive(Googleドキュメント・スプレットシート・スライド・図形描画・フォーム・Jamboard)」が影響を受けます。

今回のポリシー変更で影響を受けるサービスは、大きく分けて以下の3つです。

 

Googleフォト

まずは、Googleフォトです。

Googleフォトは、インターネットクラウド(サーバー)上に、写真や動画を保存できるサービスです。

iphoneやアンドロイドスマホを利用されている方なんかは、スマホ本体の内部ストレージを削減できるため利用されている方もいらっしゃるでしょう。

今回のポリシー変更で対象者となるので、このまま記事を読み進められることをおすすめします。

 

Gmail

次に、Gmailです。

こちらは今回のポリシー変更の対象となります。

Gmailを利用されている方は大勢いらっしゃると思いますので、ほとんどの方が対象になります。

 

Google Drive

最後に、Google Driveです。

『Google one』 と 『Google ドライブ』の違いがわからない

って方もいらっしゃるかもしれませんが、『Google one』というサービスの中に、『Google ドライブ』が入っているイメージです。

Google one > Google ドライブ
くだもの > りんご

みたいな感じです。

今回のポリシー変更では、Google Driveの以下の6つのサービスが影響を受けます。

  1. Googleドキュメント
  2. Googleスプレットシート
  3. Googleスライド
  4. Google図形描画
  5. Googleフォーム
  6. Google Jamboard

もし、この中に利用しているサービスがあれば、データ強制削除の対象となるので気をつけてください。

 

Googleデータ強制削除「不使用」の定義と判断基準は?

Googleデータ強制削除に対して、「不使用」の判断基準がわからないという声も挙がっていましたので、こちらに簡単にまとめておきます。

『不使用』の判断はサービスごとに行われ、「Googleドライブ」と「Gmail」は利用しているものの、「Googleフォト」だけ2年間は利用していない場合、「Googleフォト」のコンテンツだけ削除されます。

上記にあるように、Googleデータ強制削除の「不使用」の判断基準は、それぞれのサービス事に行なわれます。

また、「不使用」の定義は、『ログインしたか、していないか』のようです。

つまり、こういうことです。

Gmail     :使用中
Googleフォト  :2年間不使用
Googleドライブ :使用中

このケースの場合、Googleフォトのデータだけが強制削除されます。

ここで大事なのは、GmailやGoogleドライブは「使用中(2年以内にログインした)」ため、データ強制削除されることはありません。

 

Googleデータ強制削除の適用開始はいつから?

Googleデータ強制削除の適用開始はいつからなのかについて。

2021年6月1日に適用される新ポリシーによると、サービス不使用または容量超過の状態が2年間続くと、Googleがコンテンツを強制的に削除する場合があります。

Googleデータ強制削除の適用開始は、上記日付(2021年6月1日)から適用されます。

2021年6月1日から適用なので、実際にコンテンツのデータ強制削除が実施されるのは、早くても2023年6月1日以降となります。

 

Googleデータ強制削除の事前通知はある?

Googleデータ強制削除の事前通知はあるのでしょうか?

なお、サービス未使用または容量超過の状態が続いている場合には、Googleが事前に通知するほか、コンテンツを削除する3か月前にも通知を行うといいます。

Googleデータ強制削除については、コンテンツを削除する3か月前に事前通知があります。

しかし、通知押されるのは該当アカウントに対してなので、複数のGoogleアカウントを持っている場合はデータの管理に注意しましょう。

 

Googleデータ強制削除が適用されないアカウントとは?

今回のGoogleのポリシー変更でデータ強制削除が適用されないアカウントも存在します。

同ポリシーは一般ユーザー向けアカウントに適用され、G SuiteまたはGoogle Workspaceアカウントには適用されません。

あくまでも、『一般ユーザー向けアカウントに適用』とありますね。

そのため、『G Suite』や『Google Workspace』など、法人向けのクラウドサービスについては、2年間ログインがなく「不使用」であっても、データの強制削除はされません。

以上、『Googleデータ強制削除をわかりやすく!不使用の定義はログインなし?容量購入アカは削除されない?』について、情報をまとめてみました。