吉田裕也の就職先がGMOでもブルボンのおかげとは?内定辞退の理由!スポンサーになればの声相次ぐ

福岡国際マラソン2020が、12月6日福岡市で、沿道での応援を制限されたなか開催されました。

優勝したのは、吉田裕也選手(23)で、記録は2時間7分5秒と、日本記録2位を記録!

SNS上では「感動した」「ブルボンに感謝だね」「ブルボンスポンサーになれば?」の声が相次ぎました。

今回は、『吉田裕也の就職先がGMOでもブルボンのおかげとは?内定辞退の理由!スポンサーになればの声相次ぐ』ということで情報をまとめてみました。

 



吉田裕也の就職先がGMOでもブルボンのおかげとは?

吉田裕也選手が福岡国際マラソンで優勝したことで、ネット上は大いに盛り上がっています。

吉田裕也選手は、青山学院大学の駅伝部に所属していた際、箱根駅伝での活躍が認められ、GMOに入社しました。

しかし、GMOに入社する前には、老舗お菓子メーカーのブルボンから内定をもらっていたんですね。

一時は、競技人生を終えようとしていた吉田選手でしたが、GMOの看板を下げて走り続けることを選ばれました。

その人生の選択に、「英断だった」との声も。

そんな吉田裕也選手の福岡国際マラソンの優勝時の瞬間画像がこちら。

大きく手をあげて、ゴールする瞬間に、なんかこちらまで涙が、、、

 

吉田裕也のブルボン内定辞退の理由は?

吉田裕也選手のブルボン内定辞退の理由はなんだったのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日刊デイリーには次のように紹介されていました。

箱根と別府大分毎日マラソンでの快走もあり、周囲のアドバイスもあり、進路を再考していた。その上で、GMOで競技を続けることを決断した。

また本人のツイッターでは、以下のようにも語っていました。

「不躾な申し出にも関わらず、内定辞退を承諾してくださった株式会社ブルボン様。これから競技を共にしていくGMO様。どちらにも本当に感謝しています。これからも第一線で頑張ります!また暖かく見守っていただけたら嬉しいです」

つまり、吉田裕也選手がブルボン内定辞退した理由は、「競技人生を歩む覚悟をしたため」ということになりますね。

 

吉田裕也のブルボン内定辞退でもスポンサーになればの声

別府に引き続き、福岡国際マラソンでも結果を残した吉田裕也選手について、ブルボンへの感謝のツイートも多数つぶやかれていました。

ブルボンの内定を辞退したことで、ブルボンにも賞賛の声が挙がっているのは、吉田選手に対する世間の信頼と期待があるからこそなのかもしれませんね。

ブルボンからしたら、嬉しい活躍になったことでしょう。

 

吉田裕也の経歴プロフィール

本名:吉田 裕也(よしだ ゆうや)
誕生日:1997年4月23日(23歳)
大学:青山学院大学・教育人間科学部教育学科
出身地:埼玉県東松山市
身長:164cm
体重:47kg
所属:GMOアスリーツ