ガラケー女ユーチューバー誰?デマ拡散!名前と顔画像の特定は?【あおり運転】

2019年8月に茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転事件。

事故の加害車に同乗していた女性をガラケー女として祭り上げ、名誉毀損で提訴されたユーチューバーは誰なのでしょうか?

公開されている情報によるとチャンネル登録者数は18万人を超えているようです。

訴訟されたことで取材から逃走されているという記事もあり、名前と顔画像が気になるところ。

デマ拡散の犯人が特定されたのか、『ガラケー女ユーチューバー誰?デマ拡散!名前と顔画像の特定は?【あおり運転】』ということで情報をまとめてみました。

それでは早速本題に移りたいと思います。



ガラケー女とは?ネーミングの由来と理由は?

なぜ、常磐自動車道で起きたあおり運転で同乗していた女性を「ガラケー女」と呼ばれているのか。

根拠を記載している記事が見当たらなかったので、こちらにネーミングの由来について記載しておきます。

喜本(きもと)容疑者が『ガラケー女』と呼ばれた理由ですが、事故を起こした宮崎容疑者があおり運転の被害者を殴っている様子を、『ガラケー(折り畳みできる携帯電話)』で撮影していたためです。

顔画像がこちら↓

サングラスの女性が、ガラケーを片手になにかしらを撮影しているような様子がわかりますね。

ガラケー女は、19年9月に『犯人隠避罪』で略式起訴され罰金30万円の略式命令を受けており、即日納付していると報じられています。

犯人隠避罪というのは、『拘禁中に逃走した者を蔵匿し、又は隠避させた者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる(刑法第103条)』とされています。

ガラケー女のデマ拡散ユーチューバーは誰?

今回、『ガラケー女』とデマ拡散をして、東京の会社経営の女性を誹謗中傷したユーチューバーは誰なのでしょうか?

名前や顔画像、そしてYouTubeチャンネルが特定されたのか気になるところです。

特徴としてわかっているのは、以下の情報。

  • 男性
  • チャンネル登録者数18万人のユーチューバー
  • ガラケー女デマ拡散動画は3万回再生されている

 

上記情報を元に調査してみたところ、とあるユーチューバーではないかと噂されています。

デマ拡散したユーチューバーは『物申す系youtuber』ではないかという書き込みがあり、巷で有名な存在のようです。

実際に該当のyoutubeチャンネルを覗いてみると、チャンネル登録者数は18万人ほどでした。

過去に、デマ拡散についてのコメントもあり、今回のガラケー女についてのデマ拡散した人物(チャンネル)である可能性は高いです。
※該当動画はすでに削除されている

しかし、名前や顔画像について正式に公表されていないことから、この記事では具体的な名前については差し控えさせていただきます。

世間の予想や反応

まとめ

この記事では、『ガラケー女ユーチューバー誰?デマ拡散!名前と顔画像の特定は?【あおり運転】』ということで情報をまとめてみました。

今回、ガラケー女についてデマを拡散したユーチューバーを特定することはできませんでした。

該当の動画も削除されているようなので、今後も特定は厳しいかもしれませんね。

提訴されたとのことですので、間違われた方が勝訴することを祈りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!!