岩田和明編集長(映画秘宝)のwiki風プロフィール!町山智浩との関係は?

雑誌『映画秘宝』の岩田和明編集長が、一般女性に公式アカウントからDMを送ったことで話題になっていますね。

映画秘宝の公式ツイッターでは、すべて編集長である岩田和明氏の責任として対処されるようです。

今後は、ツイッターの管理からも外れるようです。

では、岩田和明編集長とは一体どんな人物なのでしょうか?

今回の一件で、DMの内容がメンヘラとも話題になっていました。

この記事では、『岩田和明編集長(映画秘宝)のwiki風プロフィール!町山智浩との関係は?』ということで情報をまとめてみました。

それでは早速本題に移りたいと思います。



岩田和明編集長(映画秘宝)のwiki風プロフィール

岩田和明編集長(映画秘宝)のwikipediaに情報がありませんでした。

映画秘宝のwikiを確認したところ、一部情報が掲載されていました。

2007年までは、大矢雅則さんという方がが編集長を勤められていたようで、その後松崎憲晃さんを経て、2012年11月号〜2020年まで岩田和明氏が編集長だったようです。

しかし、映画秘宝は一度休刊になっています。

休刊の理由については、以下の通りです。

2020年2月1日付で洋泉社が宝島社に吸収合併され解散するのに伴い、宝島社では継続発行せず、2020年3月号をもって休刊となった。

休刊になった映画秘宝を復活させたのが岩田和明氏だったようです。

Wikipediaには、以下のように記載されています。

岩田和明氏が新たに発足させた合同会社オフィス秘宝が「映画秘宝」の商標権を取得、岩田が編集長として同社による編集、双葉社が発行する形で同年4月21日発売の6月号より復刊することが決まった。

岩田和明氏は、合同会社オフィス秘宝を立ち上げ、「映画秘宝」の商標権を取得しています。

この時に、Web雑誌のインタビューについてこのように語られていました。

岩田和明編集長は復刊について「暗い報道ばかりの世の中に、ささやかな明るいニュースを提供したい。その一心で僕たちは立ち上がりました。『映画秘宝』は、娯楽とフィクションの力こそが人の魂を救うと信じます」とコメントしている。

出典:月刊『映画秘宝』が休刊から3ヵ月でスピード復活! のん×塚本晋也出演の復活動画公開


ちなみに、好きな映画は『全裸監督』のようです。

好みは人それぞれですね、、、

岩田和明と町山智浩との関係は?

「岩田和明」と検索すると、「町山智浩」という名前も検索窓に表示されますね。

町山智浩さんとは一体どんな人物なのか調べてみたところ、映画秘宝の創刊者のようでした。

かなり有名な映画評論家のようです。

岩田和明編集長との現在の関係については分かりませんでしたが、以前映画『テッド』のトークショーで一緒にお仕事をされていたようです。

ネットの評判

まとめ

この記事では、『岩田和明編集長(映画秘宝)のwiki風プロフィール!町山智浩との関係は?』ということで情報をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!!