富士スピードウェイで事故!2021年の7時間耐久レース動画!15分以上はデマか【まとめ】

静岡県の富士スピードウェイで行われていた「7時間耐久レース」で、大規模な事故がありました。

時速200キロ近く出ていたレースカー同士がぶつかり、炎上してしまいました。

幸いなことに死人は出なかったようですが、ドライバー2人とも重症とのことです。

この記事では、『富士スピードウェイで事故!2021年の7時間耐久レース動画!15分以上車内か【まとめ】』ということで情報をまとめてみました。

それでは早速本題に移りたいと思います。



富士スピードウェイ事故【2021年1月17日】

2021年1月17日正午前に、富士スピードウェイで、レース中に車2台が衝突する事故がありました。

この事故で、北海道北見市の男性(54)と千葉県佐倉市の男性(53)が、ドクターヘリで病院に運ばれ、全身やけどなどの重症ということです。

富士スピードウェイの7時間耐久レース事故動画

富士スピードウェイの7時間耐久レースで起きた衝突事故について、Youtubeの事故動画が挙がっていましたので、こちたに掲載しておきます。
※動画すぐ事故後の映像が流れます。

動画をみても分かるように、後続のドライバーの車内から、事故現場が映し出されています。

事故にあった車2台のうち、1台が炎上しています。

ドライバーは15分以上車内はデマか

この映像に流れていた炎上している車の中には、「男性が15分間も取り残されていた」とネット上で話題にもなっていました。

15分間も誰も助けがこなかったというのは本当なのでしょうか。

「もし、それが本当であれば富士スピードウェイは、過去の事故から何も生んでいない」との声もありますね。

しかし、15分間誰も助けがこなかったというのは、真相はわかっていません。

少なからず、事故が起きてしまう場所ですし、消化活動に必要な道具一式も用意されているはずです。

炎上している車の中に、15分間もいたというのはデマの可能性が高いのかもしれません。

ネットの反応

まとめ

この記事では、『富士スピードウェイで事故!2021年の7時間耐久レース動画!15分以上車内か【まとめ】』ということで情報をまとめてみました。

推定200キロ以上での事故とみられているようですが、死人が1人も出なかったのが救いでしたね、、、

最後までお読みいただきありがとうございました!!