池っち店長の訴訟まとめ!炎上の原因はなぜ?ブシロードから委託バディファイトが理由か

池っち店長こと池田芳正さんが、ブシロードに訴訟される自体となっているようです。

池っち店長は、元々「フューチャービー徳島」という一ショップの経営者で、現在は株式会社大遊の代表取締役社長として活動されています。

職業は、『カードゲームデザイナー』のようです。

今回のブシロードとの訴訟問題もこの「カード」が関係しているようです。

この記事では、『池っち店長の訴訟まとめ!炎上の原因はなぜ?ブシロードから委託バディファイトが理由か』ということで情報をまとめてみました。



池っち店長がブシロードから訴訟

株式会社ブシロード(本社:東京都中野区)は、 「池田芳正」と「株式会社スタジオ池っち」に、損害賠償を請求するため、東京地方裁判所に提訴するようです。

 

ブシロード法務部の公式ツイッターアカウントでは、このようなツイートがされていました。

 

提訴の内容をそのまま全文転載しておきます↓

■提訴の概要
当社は、当社の商品である「フューチャーカード バディファイト」(以下:バディファイト)の原作の製作を、「池っち店長」こと池田芳正氏(以下:池田氏)が代表を務める株式会社スタジオ池っちに対して2015 年半ばまで委託しておりました。契約におきましては、原作者の発言は作品の世界観に与える影響が極めて大きいことに鑑み、バディファイトに関しては契約終了後も秘密情報の保持・許諾なき作品情報の不開示等を約束しておりましたが、スタジオ池っちおよびその代表である池田氏は、過去2 度にわたりこれに違反した情報発信を行ったことから、契約の遵守について2 度文書で契約の遵守をお願いし、それぞれ謝罪の言葉をいただいておりました。しかしながら、今般、2 度にわたる契約の遵守のお願いにもかかわらず、池田氏は、また新たにSNS 等の文字媒体およびYouTube 等の動画媒体において、立て続けに上記義務に違反する情報発信を繰り返し行いました。
投稿された動画におきましては、当社およびアニメの著作権を保有しているバディファイトの製作委員会の承諾なく、バディファイトの画像等が無断で使用されておりました。
また、池田氏は、Discord 等のSNS において、当社に関して、事実に反する、当社の営業上の信用を害する発言を行っておりました。

過去2 度にわたり契約の遵守についてのお願いを行い、それぞれ謝罪をいただいたにも拘わらず、改めて上記の契約義務違反、著作権侵害および信用毀損行為が行われたことから、当社としては、話し合いによる解決は困難と判断し、やむを得ず株式会社スタジオ池っちおよび池田氏に対して訴訟を提起することを決定いたしました。

出典:ブシロード

 

訴訟炎上の理由と原因(ブシロードに何したのか)

訴訟炎上の理由と原因について、文章が長いのでわかりやすくまとめておきます。

 

まず、株式会社ブシロードが「池っち店長」に対し、「バディファイト」というカードゲームの原作製作を委託しました。
作品には、『秘密保持』『情報開示』の契約がされていたようです。
しかし、池っち店長は契約を無視し、SNSや動画で情報を発信してしまいます。
作品の著作権はブシロードにあるため、『画像の無断使用』にあたります。
また、ブシロードに対し、信用を害するような発言をしたため、今回の訴訟に至ったようです。

 

ちなみにそのバディファイトというのがこちら↓

このカードゲームの原作委託をされていたようです。

 

デザインセンスはあるのに、もったいないことをしたものです、、、

 

フューチャービー徳島とは?

池っち店長は、昔、「フューチャービー徳島」という一タチの悪いプレイヤーの溜まり場というショップの経営者だったようです。

 

 

上記の方のツイートによると、1998年くらいに徳島に出店したとされています。

 

現在もその店舗は存在しているようです。

 

ネットの反応

まとめ

この記事では、『池っち店長の訴訟まとめ!炎上の原因はなぜ?ブシロードから委託バディファイトが理由か』ということで情報をまとめてみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!