半沢淳一の経歴|頭取は偶然でなく必然!半沢直樹作者と同期入行!現在の関係は?

東京三菱UFJ銀行の半沢淳一取締役常務執行役員(55)が、2021年4月から頭取に昇格されることが報道されました。

苗字が「半沢」であることから、ネット上では「半沢直紀ついに頭取になったのか」「半沢頭取!」などの声が相次ぎ、半沢淳一氏に注目が集まっています。

半沢直樹の作者である池井戸潤さんは、元々三菱東京UFJ銀行出身で、半沢淳一氏とは同期入行。

「半沢直樹のモデルとなった人物ではないか?」

とも噂されていて、今回の半沢頭取誕生も偶然ではないのかもしれません。

池井戸潤氏と半沢淳一氏が同期ということで、現在の交友関係も気になるところですね。

この記事では、『半沢淳一の経歴|頭取は偶然でなく必然!半沢直樹作者と同期入行!現在の関係は?』ということで、半沢淳一氏の経歴を振り返りながら、半沢直樹作者と関係についてまとめてみました。



半沢淳一のwiki経歴

ドラマ「半沢直樹」で堺雅人さん演じる半沢直樹のモデルとなった人物は諸説あるようですが、「半沢」の苗字については半沢淳一さんと言われています。

半沢淳一氏は、作家の池井戸潤氏と共に、1998年に三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行されています。

名前の由来について、東スポでは次のように報じています。

「半沢直樹の名前は、池井戸さんが三菱銀行時代の同期の中で最も優秀だと思った人から、名字だけ取ったという話です。いま物凄く偉くなっている半沢淳一さんです」

どうして数いる同期の中から、半沢淳一さんの苗字を取ったのか気になりますね。

あくまで噂なのですが、同期の中でも半沢淳一氏は特に優秀だったとのことです。

それが名前の由来につながっているんだとか。

ただ、原作やドラマの半沢直樹というキャラクターのようにイケイケな性格ではなく、どちらかというと真逆の性格なんだとか。

半沢淳一氏の評判について、同銀行の元行員が次のように語っています。

「雲の上の人だったので会ったことはありませんが、温厚で部下からも慕われていると評判です。

少なくとも『倍返しだ!』と猛々しく絶叫したり、『あなたからは腐った肉の匂いがする』なんて絶対に言わないタイプ。むしろ理知的で本質をしっかり押さえている方というイメージです」

頭取にまで上り詰める人物なので、体育会系のイケイケオラオラ系とイメージしてしまいますが、実際は違うようです。

経歴に関してですが、埼玉県出身の半沢淳一氏は、東京大学を卒業後し、1998年に同銀行に入行しています。

その後、有名企業が集う中部地方で営業本部長や、経営企画部長などを経て、2019年6月から取締役常務執行役員に昇格しています。

同年には、コンプライアンス(法令順守)担当の責任者として、マネーロンダリング(資金洗浄)といった金融犯罪の対策を担当していたようです。

半沢直樹作者と同期入行!頭取は偶然でなく必然か

半沢直樹の作者である池井戸潤氏と同期入行の半沢淳一氏ですが、2021年4月に三菱東京UFJ銀行の新頭首に昇格します。

ネット上では、「半沢頭取になったのか」など話題になっています。

半沢直樹作者と同期入行の行員が、2021年から大手メガバンクの頭取になる。

これはもう、偶然でなく必然と考えていいのではないでしょうか。

もしかしたら池井戸潤氏は、半沢淳一氏の優秀さを見抜いていて、ここまで予想していたのかもしれません。笑

池井戸潤氏は、半沢直樹のモデルとなった人物に関して詳しく公言はしていませんが、そう考えておくと楽しくなりますね♪

池井戸潤との現在の関係は?

同期入行ということは、半沢淳一氏と池井戸潤氏には、今も繋がりがあるのか気になりませんか。

実際、半沢直樹の苗字は、半沢淳一氏から取ったとされているので、今も関係があると思われます。

調べてみたところ、現在もプライベートで関係があるといった情報や目撃情報などを見つけることができませんでした。

お互い社会的な立場もありますし、忙しいというのもあり会えていないのかもしれませんね。

まとめ

この記事では、『半沢淳一の経歴|頭取は偶然でなく必然!半沢直樹作者と同期入行!現在の関係は?』ということで情報をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!!