名古屋ガーデンパレス火災の原因が判明!なぜ地下駐車場で?現場検証の結果は【火事速報】

愛知県名古屋市中区の名古屋ガーデンパレスで火災が起きていると通報がありました。

火事の現場は、『名古屋ガーデンパレス』で一時は消防車40台出動するという大騒ぎになりました。

現在、消化活動は終わったようですが、作業員ら11人が病院へ搬送され、50代男性の死亡が確認されています。

今回の火災現場は、ホテル名古屋ガーデンパレスの地下駐車場と見られていて、現場検証が行われているようです。

火災の原因はなんだったのか、そしてなぜ地下中自社場で発生したのか。

この記事では、『名古屋ガーデンパレス火事の原因は?なぜ地下駐車場で火災?現場検証の結果は【速報】』と題して、現場検証の結果も確認していきたいと思います。



名古屋ガーデンパレスで火災発生【速報】

今日午前10時ごろ中区錦のホテル名古屋ガーデンパレスの地下駐車場から煙が見えるなどと消防に通報が相次ぎました。

一時は、およそ40台の消防車両が詰めかけ現場は騒然としていたようです。

現場は、地下鉄の栄駅から北西におよそ400メートルほどの飲食店などが建ち並ぶ繁華街で、人目もつく場所にあります。

現在は、火は消し止められ煙も出ていないようですが、ホテル前の道路は通行止めとなっています。

駐車場にいた70代男性によると、急に火災時に鳴る放送が響き、ガス注入がアナウンスされるとともに、白い煙を目撃。息苦しくなってきたため「逃げろ逃げろ」と声を上げながら避難したという。

現場は、立ち入り禁止の規制線が張られる中、通行人らが不安そうに救助活動を見守っていたみたいです。

火災の原因は?なぜ地下駐車場で?

名古屋ガーデンパレスの火災の原因はなんだったのでしょうか。

原因については、こちらの動画で報じています。

消防によると、当時この地下駐車場の設備に不具合があったため、作業員が点検工事をしていたようです。

点検工事中に、二酸化炭素を発生させる消火設備が作動したのが原因とされているようです。

二酸化炭素を発生させる消化設備というのは、『不活性ガス消化設備』のことかもしれません。

事前に不具合があったとされているので、ホテル側に落ち度はないのかもしれませんね。

現場検証の結果は?

なぜ、二酸化炭素を発生させる消火設備が作動したのでしょうか?

現場検証の結果については、まだ消防が調査中のようです。

もし、詳細な情報が入れば、こちらに追記したいと思います。

ネットの反応

まとめ

この記事では、『名古屋ガーデンパレス火事の原因は?なぜ地下駐車場で火災?現場検証の結果は【速報】』と題して、現場検証の結果も確認していきたいと思います。

今回の火災では、50代の男性1人が亡くなられています。

いまのところ、原因がホテル側にあったのかは不明ですが、今後何かしらの対策は取られるのではないでしょうか。

亡くなられた男性については、お悔やみ申し上げます。

今後このようなことがないことを祈るばかりです。