マヂカルラブリー3年前(2017年)のネタは?上沼恵美子のM1コメントを比較!漫才じゃないの理由はなぜ?

M1グランプリ2020で、マヂカルラブリー(以下、マヂラブ)が優勝しましたね。

優勝した時には、「マヂラブのネタは漫才じゃない」なんて声もありました。

「マヂカルラブリー」は、2007年にコンビを結成し、今年で13年目。

2007年からM1の予選に出場していましたが、2019年まで計9会出場し、決勝に進めたのは2017年のたった1回でした。

そのM1で、審査員の上沼恵美子氏から酷評を受けていたようです。

その当時のネタがどういうものだったのか気になります。

この記事では、『マヂカルラブリー3年前(2017年)のネタは?上沼恵美子のM1酷評も比較!漫才じゃないの理由はなぜ?』と題して、マヂカルラブリーの3年前のネタと現在のネタを比較してみたいと思います。

関連記事

『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)で、野田クリスタル(34)と村上(36)による、お笑いコンビ・マヂカルラブリーが優勝し、16代目王者となりました! 「あれは漫才じゃない」との酷評を集めるほど、話題になったそのネタ気[…]

マヂカルラブリーM1(2020)ネタの文字起こし全文!点数と松本人志のコメントは?優勝の瞬間も【動画】


マヂカルラブリー3年前(2017年)のネタ

マヂカルラブリーの3年前のネタってどういうものだったのでしょうか?

2017年のM1決勝では10位に終わっていましたので、その時のネタを調べてみたところ、M1グランプリ2017決勝10位に終わった際のの動画はありませんでした。

しかし、3年前のネタはありましたので、こちらをご覧ください。

<マヂカルラブリー3年前のネタ:『算数が苦手』>

やはりネタの面白さとしては、2020年M1ネタの方が完成度が高いように感じますね。
※好みによると思いますが。。。

M1ー2017終了後のマヂカルラブリーの動画も挙がっていました↓

マヂカルラブリーの9年前のM1グランプリ2011のネタ【動画】

マヂカルラブリーのM1グランプリの確認できた動画で、一番古いものが2011年のM1予選のものがありました。

2007年にコンビ結成してから4年経過したときの貴重映像です↓

マヂカルラブリー現在(2020年)のネタ

マヂカルラブリーの現在(2020年)のネタがこちら。

もう一つのネタはこちらでまとめています↓

関連記事

『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)で、野田クリスタル(34)と村上(36)による、お笑いコンビ・マヂカルラブリーが優勝し、16代目王者となりました! 「あれは漫才じゃない」との酷評を集めるほど、話題になったそのネタ気[…]

マヂカルラブリーM1(2020)ネタの文字起こし全文!点数と松本人志のコメントは?優勝の瞬間も【動画】

上沼恵美子氏に酷評を受け、数年後この結果を誰が想像できたでしょうか。

現在、『R-1、M-1、KOC』の三冠に一番近い男がマジカルラブリーの野田クリスタルとも言われています。

↑M1前の野田クリスタルさん。

前日にもラップのお仕事があったようで、多忙な日々を過ごされていることがわかります。

上沼恵美子のM1コメントを比較【2017と2020】

M1グランプリ2017で、上沼恵美子氏から酷評を受けたマヂカルラブリー。

上沼恵美子さんが酷評したと言われるM1コメントとはどんなものだったのでしょうか?

サンスポでは次のように、報じています。

“西の女帝”との因縁は前回17年決勝。マジカルのネタに上沼が「頑張ってるのは分かるけど、よう決勝残ったなと思って」と指摘すると、ツッコミの村上(36)は「こんな怒られます?」と苦笑。野田はツイッターで「大恥かいたんだけど」と嘆いていた。

「頑張ってるのは分かるけど、よう決勝残ったなと思って」

2017年の上沼氏の酷評は、マヂカルラブリーだけでなく特にひどいものでした。

その酷評を受けて、自信をなくしてしまったコンビもいたのではないでしょうか?

ネタの冒頭では、野田クリスタルが「どうしても笑わせたい人がいます」と、上沼氏を笑わせたいことを示唆。

松本人志含めた審査員の笑いを誘っていました。

M1優勝後、上沼氏はマヂカルラブリーに対し、次のようにコメントしています。

真剣な審査に定評がある上沼だが「ごめんね、3年前」と謝罪。ファイナルラウンドでは、おいでやすこがと見取り図と対戦したが、上沼がおいでやすこがに1票。野田は「心残りですが、笑ってくれてうれしかった」と素直に喜んでいた。

3年前の酷評に対して、上沼恵美子氏も悪かったと思っている様子でした。

マジカルラブリーも心残りのようなので、今後の活躍で上沼恵美子さんだけでなく、世間中を沸かせてくれることを期待しましょう!

「漫才じゃない」の理由はなぜ?

M1グランプリ2020の終了後に、ツイッターではマヂカルラブリーに対し「面白くない」「漫才じゃない」との声が挙がっていました。

この「漫才じゃない」という声に対し、ネット上では、「漫才かそうじゃないかなんて面白ければいい」「優しくない」などのツイートが拡散。

「漫才とは?」などのツイートも散見されました。

「漫才は人を笑わせるもの」
「漫才は人を喜ばせるもの」

そう思えば、「漫才じゃない」というのは言葉や定義に縛られているだけなのかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

関連記事

『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)で、野田クリスタル(34)と村上(36)による、お笑いコンビ・マヂカルラブリーが優勝し、16代目王者となりました! 「あれは漫才じゃない」との酷評を集めるほど、話題になったそのネタ気[…]

マヂカルラブリーM1(2020)ネタの文字起こし全文!点数と松本人志のコメントは?優勝の瞬間も【動画】