安野光雅(あんのみつまさ)の代表作は「ふしぎなえ」?「旅の絵本」「ABCの絵本」も国内外で大人気!

誰もが小さい頃に一度はどこかで見た事があるであろう絵本の「ふしぎなえ」

ふしぎなえ

その作者である安野光雅(あんのみつまさ)さんが、昨年12月24日にお亡くなりになっていたことが明らかになりました。



安野光雅(あんのみつまさ)の代表作は「ふしぎなえ」?「旅の絵本」「ABCの絵本」も国内外で大人気!

安野さんの絵本には子どもの頃から親しんできた方も多く、ネット上には追悼のメッセージで溢れています・・・。

 

絵本作家の巨匠!安野光雅氏が死去!

共同通信によりますと

空想的な絵本や幻想的な風景画で親しまれた画家の安野光雅(あんの・みつまさ)さんが昨年12月24日、肝硬変のため死去していたことが16日分かった。
94歳。島根県出身。葬儀は家族で行った。

昨年の年末にお亡くなりになっていました・・・。

94歳でした。

 山口県や東京都での教員生活を経て、画家として独立。1968年に最初の絵本「ふしぎなえ」を発表した。「さかさま」「ABCの本」など、視覚的トリックを用いたエッシャー風のだまし絵による絵本で、国内外を問わず人気を集めた。

 欧州や国内各地を旅しては温かみのある風景画を描き、「旅の絵本」シリーズや「津和野」などの作品集を発表した。司馬遼太郎さんの「街道をゆく」の取材にも同行した。

国内外から大人気の作家さんでした。

小さい頃は作家さんの名前も分からずに、ただただ「なんで同じところに戻ってくるんだろう?」と時間も忘れてグルグル、グルグル絵本を眺めていたものでした。

 

ネットの反応は?

小さい頃の絵本にお世話になった方も、本当にかなり多くいらっしゃいます。

チビッ子だけではなく、旅の絵本やエッセイなども人気でした。

 

安野光雅氏のプロフィール

名前安野 光雅(あんの みつまさ)
生年月日1926年3月20日
出身地島根県鹿足郡津和野町
最終学歴山口師範学校(現・山口大学教育学部研究科)

安野氏は子供の頃から画家になりたかったようですが、美術だけではなく、科学や数学、文学も勉強していました。

敗戦直後の混乱期に無資格でしたが、教員として務め、その後に山口師範学校(現・山口大学教育学部)研究科を修了。

そして、1949年(昭和24年)に美術教員として上京しました。

都内でも教師として勤めていましたが、35歳で退職して「絵描き」となりました。

1968年(昭和43年)、42歳の時に最初の絵本『ふしぎなえ』(福音館書店)で絵本作家としてのデビューを果たしています。

安野さんは幅広い知識と想像力を駆使して、独創性に溢れる作品が多く、淡い色調の水彩画が特徴です。

主な著書に、『ふしぎなえ』、『繪本平家物語』、『天動説の絵本』、『空想の絵本』、『ABCの本』、『旅の絵本』、『算私語録』、『空想工房』、『空想書房』、『わが友 石頭計算機』などがあります。

 

安野光雄氏の代表作は?

数々の作品を世に送り出してきた安野光雄さん。


個人的には「ふしぎなえ」をよく見ていましたが、「旅の絵本」や「すうがくの絵本」、「あいうえおの本」や「ABCの本」なども大人気のようです。

安野光雄さんがお亡くなりになってしまったことは残念ですが、本当にたくさんの作品を届けて頂けたことに感謝です。

ご冥福をお祈りいたします。