歌い手Adoの読み方は?うごくちゃんとの関係とは?「うっせえわ」の歌詞は自分で作詞?

今、音楽界で話題になっている女性シンガーの『Ado』

現在18歳ながら、圧倒的な歌唱力と表現力で注目されています!



歌い手Adoの読み方は?うごくちゃんとの関係とは?「うっせえわ」の歌詞は自分で作詞?

そして、彼女のデビューシングルである『うっせぇわ』

先日お亡くなりになった、ゲーム実況者の「うごくちゃん」が「うっせえわ」歌ってみたをYoutubeにアップし、さらに注目度が上がっています!

一度聴いたら虜になる「Adoワールド」!素顔は?

「うっせえわ」というタイトルも衝撃的な感じですが、歌詞も曲も、歌の雰囲気全体が「Ado」ワールドです!

さっきから「Ado」、「Ado」言ってますが、果たして何と読むのでしょうか・・・?

調べてみますと、フツーに「アド」さんでした!(笑)

たまに「Ado」ではなく「Abo」と間違えられることもあるそうで・・・。

まぁ、たしかに「d」と「b」で若干見間違えそうですけど・・・。

東京都出身で2002年10月24日生まれ。

2021年1月時点で18歳のシンガーです!!

18歳とは思えない「雰囲気ありまくり」なのが末恐ろしい!!!!!

2020年10月23日。17才最後の日にユニバーサルミュージックからメジャーデビューしています。

17才のうちにっていうこだわりも感じます。

「うっせぇわ」は配信限定リリースされ、自身のYouTubeチャンネルで公開されたミュージックビデオは、2020年11月14日時点で総再生回数500万再生を達成!

そして、2020年12月23日時点では、総再生回数2000万回を達成するという、驚異的な勢いです!!

しかし・・・気になる素顔は、残念ながら現時点では公開されていません・・・。

ホンキで気になります・・・。

しかし、これから爆発的ヒットとなれば、年末恒例の歌番組「NHK紅白歌合戦」にも出場する日が来る日が近いかもしれませんので、今後に期待大です!!!!!

 

デビュー曲「うっせえわ」はAdo自身が作詞?

現在18歳というAdoさん。

デビュー曲「うっせえわ」の歌詞の中には

経済の動向は通勤時チェック

社会人じゃ当然のルールです

など、「社会人」な世界のワードが入っています。

18歳なのに?

こんな歌詞が書けるのか!っとビックリしましたが、どうやら歌詞は個性派ボカロPの「syudou」さんという方が手掛けているようです!

しかし、Adoさんの歌声と歌い方が、もう歌詞と曲にピッタリなのです!!

こちらが本家本元の「Ado」ですが、「言葉の感情」がそのまんまドストレートに表現されてる感じですね!

椎名林檎さんを彷彿とさせます♪

 

「うごくちゃん」とAdoの関係は?

2020年12月31日に死去した「うごくちゃん」の遺作となった「うっせえわ」のカバー動画

2021年1月8日に公開され、2021年1月10日正午時点で約300万回も再生されました。

その後も再生回数は伸び続けています。

この「遺作」の公開について、所属事務所の「Studio Coup」は、

「うごくちゃんが生前アップロードしておりました動画をご遺族のご意向により公開させていただきます。この動画が応援してくださった多くのファンの皆様に届くことを願っております」

とツイート。

「うごくちゃん」と交流のあったYouTuberの「総長ウララ」さん

「せめて最後の動画はうごくが頑張ると言っていた歌ってみた動画にして欲しいです」

とTwitterで事務所に要望しており、うごくちゃんの遺作の公開はその要望を受けたものとみられています。

 

「うごくちゃん」が「うっせえわ」を選んだ理由は?

うごくちゃんは推定20代後半と見られ、Adoさんは18歳です。

二人が「友達だった」という情報は見られないため、うごくちゃんがAdoさんのファンだったのではないかと思われます。

この「うっせえわ」社会への不平不満を思いのままにぶつけるような、辛辣な歌詞が印象的な曲になっています。

うごくちゃんの中でも共感できるところが多かったのかもしれませんね。

これからも要チェックっ!ですね♪