KADOKAWAの統括編集長は誰?中村朝をパワハラ?漫画家のツイアカ削除&体調不良に追い詰め?

マンガ家の中村朝さんが、KADOKAWAの編集から「パワハラ」を受けていたと明らかにし、注目が集まっています!

現在、中村朝さんのツイッターのアカウントが消えています・・・。

中村さん本人が消したのか、あるいは「何者か」の力によって削除されたのか・・・。



KADOKAWAの統括編集長は誰?中村朝をパワハラ?漫画家のツイアカ削除&体調不良に追い詰め?

KADOKAWA編集者からのパワハラとはいったいどのようなものだったのでしょうか?

中村朝さんの訴えツイートの内容は?

調べてみますと、アカウントが削除される前の、中村朝さんの訴えのツイートを発見しました。

中村朝さんのツイートによりますと

KADOKAWAの統括編集長から
「契約書を書き直したいからやっぱり来年締結にします。いま送った契約書は無しにして下さい」っていう連絡が昨日きて、家族や友人から「編集というのがこんな人ばかりならもう漫画の発表を止めて欲しい。時間使う価値ないよ」って言われたけどその通りだなと思った。

コミックビーム、私の家族が危篤の時も緊急病棟行き来しているのに平気で連絡してきたり、「契約しろ、印税払わせろ」って、
契約書、8月25日に書き換えられてて、
連絡したら編集長に煽られて、
「それが仕事で人と話す態度か」って
作品が人質みたいになって、何回も謝って、ゴミみたいに扱われて

毎日、私の漫画はゴミなんだって、
思ってた
皆の感想だけしか、救いがなかった
感想だけしかなかった
宣伝しながら、コミックスの販売権利を引き上げるために、必死だった。
書店に、並びたかったから、頑張った本だった。
大したものじゃないけど、宣伝頑張ったから利益も出たはず。
怒鳴られただけ

KADOKAWA法務部から
「今回の事を相談した人間の名前を全部教えろ」って言われてた。
断った。絶対に断った。
怖かった。今も怖い。
KADOKAWAの他のレーベルの編集は、以前部長が休載になった原因にもなってる。

働きながら描いて、十年もかかって、皆がツイッターとかで読んでくれたから本になって、原稿料も何もなしでも嬉しくて、描き下ろしもして、宣伝して、4ヶ月しか書店に並ばなかった…

すみません、具合が悪くて…
すみません…

(出典:まとめまとめ)

「契約書を書き直したいからやっぱり来年締結にします。いま送った契約書は無しにして下さい」と突然の通告・・・。

そして、中村さんの家族が危篤になっている状態の時でさえも、連絡を入れてきたといいます。

最後は、「すみません、具合が悪くて…すみません…」となっています・・・。

このツイートから、中村さんの悲壮感あふれる「必死な訴え」を感じます・・・。

 

ネットの反応は?

ま〜たKADOKAWAかよ。あの会社そういうゴミ編集しかいねえのか?

ヤバすぎる。せめて変更覚書にするとかならまだしも『無しにして下さい』は常識的に考えてありえないでしょう…。

中村朝先生大好きな先生なのでこういうの聞くとやるせないな…

KADOKAWAって作者を人間以下に扱う会社だったのか…ショックだな…

そんな簡単に無かったことにできるなら
契約書の意味全然ないじゃん…
これは家族や友人さん正解だわ

又、KADOKAWAか。。。
ホント体質がクソ過ぎて。。。

中村朝さん急にアカウント消えてたりしたらこわい

中村朝先生、アカウント削除されてしまわれた…
先生の作品、とてもとても大好きです
どうかご自愛ください

中村朝先生のアカ消えてる…中村朝先生のツイートしか見てないけど何なの…心配過ぎる…

中村さんのアカウントが消えてしまい、ネット上は騒然としています・・・。

「KADOKAWA」は有名な大企業ですが、ネット上の評判はあまりよろしくないようですね・・・。

マンガ家さんだって「人間」ですからね・・・。

 

KADOKAWAの統括編集長は誰だ??

しかし、このKADOKAWAの「統括編集長」とは、いったい誰なのでしょうか?

社長は「松原眞樹」さんという方で「制作コストの抑制」の戦略を展開しているようです。

このご時世どこの企業も厳しい世の中ではありますが・・・。

KADOKAWAは2020年4月1日付けで、組織変更及び人事異動を実施しています。

プレスリリースがこちら

しかし、この組織変更の内容は、取締役などの役員人事の発表なので、具体的な社内の人事異動については明らかにはされていません。

そして、このようなツイートを発見しました!

「清水速登」さんという方が編集統括かもしれないというツイートです!

早速こちらの「清水速登」さんについて調べてみました。

2018年9月時点では『コミックビーム』の編集者となっていました。

そして、2019年4月号からは「編集長」となったようです。

清水速登氏は2010年に入社している方のようです。

お名前の「速登」とあるように、出世街道も「速く登った」のでしょうか?

実際この方が中村朝さんにパワハラをした人物なのかは定かではありません。

しかし、今回の訴えによってKADOKAWAという企業の体質が、さらに問われるのではないでしょうか?