渡部建会見の男性記者「ガキの使い」発言はどこの誰?特定は?

複数との女性たちと不倫をし、公共施設多目的トイレで行為をしていたこと芸能活動を自粛していた人気お笑いコンビアンジャッシュの渡部建さんが12月3日に約半年ぶりに公の場に姿を現し、謝罪会見をしたことで話題になっています。

 

謝罪会見を見ていた視聴者は、記者が渡部建さんに対していつまでも同じ質問を繰り返したり、集団で寄ってたかって汗だくで時折涙を流す渡部建に対して質問攻めをする様子に不快感を覚えた人が多くいました。

 

 

中でも、謝罪会見中に渡部建さんに対して「我々もガキの使いで来てるんじゃないので」と発言した男性記者に嫌悪感を抱いた人が多いようです。

 

 

今回は謝罪会見で話題になった「ガキの使い」発言の概要から注目を浴びている男性記者がどこの誰なのか特定されているのかを調査していきます。

 

 

 



渡部建会見の男性記者「ガキの使い」発言まとめ

 

渡部建さんは謝罪会見を行う前から、年末に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」に出演するという噂が立っていました。

 

ガキの使いの出演報道が出たこともあり、渡部建さんの謝罪会見では記者たちが番組の収録や出演について質問を浴びせます。

 

 

しかし、それに対する渡部建さんのコメントは「番組の収録を行なったのかどうかについてはお答えできない」というものでした。

 

続いて、記者たちは渡部建さんに対して、「今回の謝罪会見は何なのでしょうか?」と質問を続けます。

 

というのも、記者側からすれば今回の謝罪会見は渡部建さんがガキの使いの笑ってはいけないシリーズで復帰をするためのものではないか?という疑問があったからだと予想できます。

 

 

ですが、質問に対して渡部建さんは「お話できない、本当に申し訳ありません」と頭を下げる一方だったのです。

 

ここである男性記者が「我々もガキの使いで来てるわけじゃない!」とガキの使いの番組名とかけたのか、神妙な場で質問とは思えない冗談交じりのコメントをしました。

 

この発言によって一部で他の記者は声を出して笑い出す人もおり、ネット上では大きな批判の声が上がったのです。

 

 

 

確かに、いくら不倫をしてバッシングされている渡部建さんとは言え、真剣に謝罪会見をしているときに男性記者の言った「ガキの使い」発言はとてもではないですが軽率な発言に感じられますよね。

 

真剣な謝罪会見の場で言う台詞としては、少し失言にも思えてしまいます。

 

 

この一連の流れを見た視聴者は「いじめのようにも見える」と嫌悪感を抱くとともに、渡部建さんへの同情の声も多く上がりました。

 

 

 

渡部建会見の男性記者「ガキの使い」発言はどこの誰?特定は?

 

渡部建さんの謝罪会見で話題になっている男性記者「我々もガキの使いで来てるわけじゃない!」発言をしたのはどこの誰で特定はされているのでしょうか?

 

話題の記者について、キャスターの辛坊治郎さんがパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」にて言及をしていました。

 

辛坊)これを発言したのが、(芸能リポーターや)いわゆる週刊誌その他の芸能記者ではなくて、テレビのワイドショーのディレクター……制作プロダクションの人みたいですが、そういう人物だという話があって。 ― すべての情報番組で「記者は最悪」の大合唱だったのだが、なんと声の主は記者ではなく、彼らのスタッフであるテレビマンだった。

(引用:Yahoo!ニュース

 

 

なんと、「ガキの使い」発言をした記者は”記者ではなくスタッフ”ということで、ディレクター、制作プロダクションの人のようです。

 

これは以外な事実でしたね。

 

 

記者会見と言えば、過去に東出昌大さんの謝罪会見の時にも記者が放ったゲス質問として「杏と唐田、どっちが好き?」が話題となったときは質問記者が平野早苗リポーターと特定されたことがあります。

 

意外と記者会見は主役の芸能人より、記者が注目されるパターンが度々あるような気がします。

 

 

 

渡部建会見の男性記者「ガキの使い」発言はいじめですべってる?

 

渡部建さんの謝罪会見で放った男性記者の発言に苦言を漏らしている人はネット上で多く見受けられます。

 

「いじめみたい」、「すべってる」など視聴者の反感を買うばかりでした。

 

 

中でも、メンタリストDaigoさんがツイッターで男性記者に対する怒りを示したことが話題になっています。

 

 

この怒りのツイートに続いてDaigoさんは、

 

「どこのなんて言う記者か特定求む」、「ついでにこいつの過去の女性関係とかも特定求む さぞかしご立派な女性関係を持たれてきたんでしょうなぁ この滑りっぷりで女子を口説けるとは思えんが。」

 

と怒りと共に疑問を持った発言もしていました。

 

 

確かに、男性記者はどういう立場あそこまで渡部建さんを小馬鹿にしたような台詞を言えたのかと考えると、怒りを感じる人の気持ちがとてもよく分かります。

 

 

 

まとめ

 

渡部建さん謝罪会見の男性記者「ガキの使い」発言の概要から記者はどこの誰なのか特定されているのかを調査していきました。

 

辛坊治郎さん曰く、発言した人物は記者ではなく、”ディレクター、制作プロダクションの人”ということです。

 

 

質問に対して何も答えられない渡部建さんに対して、「我々もガキの使いで来てるわけじゃない!」とイジりにも煽りのようにも思える発言で男性記者を視聴者の多くの反感を買っています。

 

芸能人が謝罪会見を行うと同時に記者の言動が話題になることが多いですが、渡部建さんの謝罪会見においても同じ現象が起きましたね。

 

今回の男性記者の発言も含め、質問攻めを受ける渡部建さんに対して同情の声は多いようです。

 

 

今後、渡部建さんが世間から許しをもらって芸能活動に復帰できれば良いのですが。。。

 

これからの渡部建さんの行動にも注目が集まるばかりです。